ドラゴン・コップス 微笑(ほほえみ)捜査線

劇場公開日:

解説

ジェット・リーが主演を務め、中国で大ヒットを記録したポリスアクションコメディ。香港でセレブリティばかりを狙った連続殺人事件が発生。被害者はすべて微笑を浮かべて死亡していた。香港警察は、百戦錬磨のベテラン刑事ホアンと新米のチャラ男刑事ワンのコンビを捜査担当に任命。やがて、殺されたセレブたちと付き合っていた、ある美人女優の存在が捜査線上に浮上する。定年間近でやる気ゼロだが、クンフーは神業級というベテラン刑事ホアンをリーが演じる。相棒のワン役は、「海洋天堂」「白蛇伝説 ホワイト・スネーク」に続きリーと3度目の共演となるウェン・ジャン。コリン・チョウ、ウー・ジン、ブルース・リャンら香港アクション俳優も多数出演。

2013年製作/98分/G/中国
原題:不二神探 Badges of Fury
配給:東京テアトル、ハピネット

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11

(C)2013 BEIJING ENLIGHT PICTURES CO., LTD.HONG KONG PICTURES INTERNATIONAL LIMITEDALL RIGHTS RESERVED.

映画レビュー

3.0見覚えのある女優が誰なのか なかなか思い出せなかったのだが、 「真夜中の五分前」で三浦春馬と共演していた 劉詩詩だった。 警部補役の陳妍希は笑顔がとてもかわいらしい。 台湾の人らしい。

2022年8月2日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

笑える

楽しい

萌える

動画配信で映画「ドラゴン・コップス 微笑(ほほえみ)捜査線」を見た。

劇場公開日 2014年3月21日

2013年製作/98分/G/中国
原題:不二神探 Badges of Fury
配給:東京テアトル、ハピネット

李連杰
文章
陳妍希
劉詩詩
柳岩
吴京
梁小龍

香港警察が舞台と聞いていたが、
セリフは全編普通語だった。

見始めてからすぐに
これはコメディ作品だと気づいた。

見覚えのある女優が誰なのか
なかなか思い出せなかったのだが、
「真夜中の五分前」で三浦春馬と共演していた
劉詩詩だった。

警部補役の陳妍希は笑顔がとてもかわいらしい。
台湾の人らしい。

「拳陣 FATAL CONTACT」の主演の吴京が
保険調査員役で出演していた。

香港警察の李連杰ら捜査班は連続殺人の犯人を追っていた。

たどり着いた犯人は意外な人だった。

満足度は5点満点で3点☆☆☆です。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
ドン・チャック

2.5もっと軽く

2021年10月18日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

お調子者の新米刑事と、株取引ばかりやっているベテラン刑事のコンビが、謎の微笑死体事件に取り組む。
ジャッキーのように、すごいアクションをさり気なく出来ればいいのだが。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
いやよセブン

1.5「コメディ」ですらなく、ふざけた映画

2020年12月28日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

不思議な笑顔を見せて不審死する事件を、はみ出し刑事が追うコメディ映画。

ジェット・リー主演。CS放送公式レビューにある「8分に一度のカンフーアクションが炸裂」の言葉に惹かれて鑑賞。結果、騙されました。

「アクション?」「アクションコメディ?」「コメディアクション?」
残念ながら全て違っていて、「コメディ」が正解の映画でした。
しかも、その「コメディ」が笑えない。「小学生が考えたの?」というお粗末さで、「ふざけた」映画という印象の方が強くあります。
アクションも、クンフーアクションよりは、ワイヤーアクションが悪目立ちして話になりません。
中国では大ヒットしたそうですが、少々驚きです。

当然ストーリーも話にならず、観るのが苦痛な映画でした。
いや、唯一女性警部役のミシェル・チェンのラブコメ展開には少し興味を惹かれたので、その分だけ評点に加算しました。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
よし

1.0ジェットの名前に騙されては

2019年1月13日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

コメディなのでなんじゃこりゃ感強いです。

コメディとしても大陸感が強く、文化的違いであまり笑えない。

ジェットの名前だけで売っている作品にはよくある事なのですが…

コメントする (0件)
共感した! 0件)
うにたん♪(コロナが当たり前の世界)
すべての映画レビューを見る(全8件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る