劇場公開日 2015年12月4日

  • 予告編を見る

007 スペクターのレビュー・感想・評価

3.7455
20%
58%
19%
2%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全455件中、1~20件目を表示

4.592位/499 2022.01.14現在

2022年1月16日
iPhoneアプリから投稿

ダニエルボンド
再鑑賞祭りラスト
年末年始に観て
感想書くの忘れてた

とりあえずQが素敵すぎる

イケメンでスマートで頭が良くて
羨ましい

だめだなぁ、、、、
最近、観たすぐ後に感想書かないと
全然書けない、、、、
歳かな😩😩
年末年始、お店が忙しくて
余裕がなかったってのもあるけど。

でも、ダニエルボンドは
人生でもう1度くらいは
観る気がする。
観たいけど、でも、観れるのか?
人生って、思ってるより
時間は限られてるよねぇ、、、、
なので、1本1本大切に観たい。
別にそれが駄作でも。
そして、改めて
Filmarksって素敵なアプリ。
こうやって記録出来るのは
とてもありがたい。

以下
超個人的主観による駄文のためだけに
盛大にスルーしてください

(RG風)

スペクターのあるある言いたい♫
スペクターのあるある早く言いたい♬
スペクターのあるある今から言うよ♪
こめかみ痛くなりがち♩

下手したらルチア死にかけたぞ
と思いがち♩

ボンド序盤で怒られがち♩

備考 点数は自分が
生まれてから現在まで
観た映画をランキングにして
相対評価で点数付けてます
上位と下位から順番に
感想書いてます
初回鑑賞年齢→35歳
(2022年時点41歳)
初回鑑賞場所→DVD
鑑賞回数→2回
記憶度→70%

マイ映画ランキング
2022年時点
全映画中→92位/499
洋画部門→81位/415
Qがかっこいい部門→1位
2位はジョンQ

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
がんたく

5.0復習

2021年12月18日
iPhoneアプリから投稿

これが最後のに繋がるのか。見返して良かった。
今までの忘れてたや。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
そうたん

4.5さいこう

2021年12月11日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

007は昔からどれを観てもおもしろい映画だったけど、ダニエル・クレイグの007はさらにおもしろい。
敵を追うのも人を守るときも女を見るのも常に無表情なのがいい。
私の好きなイギリス人俳優はみんなそうだけど、ダニエル・クレイグも身なりもきちんとしていて品格を感じられてとにかく素敵。
オープニングのシーンもレトロさを織り交ぜつつ美しい芸術作品のようなのもいい。

もう最終話になってしまったのが寂しいけれど、ノータイムトゥダイも楽しみ。
しばらく007にハマろう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
映画鑑賞初級

2.0もうすっかり悪役として定着しているクリストフ チビでもしゃくれてて...

2021年11月5日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

もうすっかり悪役として定着しているクリストフ
チビでもしゃくれてても冷静な悪役に向いているのが彼の凄さ
レアセドゥ久しぶりに観られて良かった
有名だけど案外見かけない
そして久しぶりに観るとセクシー
今作は迫力やスリルやストーリーなどどこか物足りない
スマートさもそんなに感じられない

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
コルチゾるくん

5.0ボンド円熟。成長ス。

N.riverさん
2021年11月3日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

「スカイフォール」から見始めたシリーズの劇場以来、
VODにて「カジノロワイヤル」「慰めの報酬」鑑賞に続き再鑑賞。

クレイグ版は全作、内容が繋がっているという特徴がある。
だからして「スカイフォール」を飛ばして本作を観ると、
「カジノ」「慰め」と駆け出しのハチャメチャで危なっかしかった007がすっかり成長、
こんなに変わったのか、と思うほど落ち着いた姿で描かれていることに、
まずもって驚かされた。

それまで情報を聞き出した女はたいがい死なせてきた007だが、
未亡人役のモニカ・ベルッチはスマートに逃亡させているし、
ヤバくなったら面倒臭いと言わんばかり鉄拳解決も、
雪山の診療所では警備員相手に一喝のみ。無駄暴れはしていないし、
なによりマドレーヌへは基本、保護者目線と紳士。
最後、ブロフェルドへ、あえて笑って立ち去る余裕たるや、強くなりましたね、本当に、である。
成長したなぁ、嬉しい限り。などともう目線は近所の子供扱いと、いちいち感慨深かった。

全体も懐かしの007シリーズパターンへ戻るド派手構成。
だが、そうして積み上げてきた背景があるためか、過去作ほど荒唐無稽を感じない所もいい。

とにかくクレイグ版においては、
単品で観るのと、シリーズを追いかけてゆく中で観るのとでは、
どれほど一作、一作の印象が異なるのかよく知れた。
ぜひとも時系列鑑賞、前作を踏まえて観ることをオススメしたいのである。

ペールこと、ミスターホワイトとのやり取りなど「カジノ」「慰め」が抜けていると、なんのこっちゃ、だろうし、マドレーヌとホワイトの父子関係や、マドレーヌの内面そのものも腹落ちしないハズ。
(想像するにホワイトが女子供に手を出し始めた組織に反目したのは、娘マドレーヌをだぶらせたからで、強がるが、こだわるファザコンマドレーヌにとって目の前に現れた007は、本当は「一緒に穏やかに」過ごしたかったパパの代わりだ。しかしパパではないためやがて恋愛対象となる。一方ボンドにとってマドレーヌとの関係は、守り切れなかったヴェスパーの時の「やり直し」であり、マドレーヌの中には常にヴェスパーがいる構造をとる。そのため保護対象と同時に恋愛対象にもなる。この構図から脱却し、マドレーヌをマドレーヌ本人として見るため、「ノー・タイム・トゥ・ダイ」ではけじめをつけにヴェスパーの墓へ出向くところから始まるわけだが)
MにQ、マニーペニーにタナーとボンドのチーム戦も、いいんだよな!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
N.river

3.5因縁の敵が登場!(007㉔)

n.yamadaさん
2021年10月27日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

興奮

因縁の強敵ブロフェルドが遂に再登場。
ボンドの過去も明かされるシリーズ24作目。

見応えのあるアクションが多く、楽しめるものの、敵だらけでどう考えても絶体絶命な状況からの脱出が2度。そんなに簡単に獲物を逃がす組織ってどーなの?ってなります(^_^;)

ボンドガールはレア・セドゥ。
個人的にはあんまりタイプではないので、微妙です(^_^;)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
n.yamada

4.0ボンド、必死に女を護るの巻

kazzさん
2021年10月27日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

6代目ジェームズ・ボンド=ダニエル・クレイグの最終作がやっと公開されたので、彼の過去作を復習鑑賞(その4)。

前作『スカイフォール』の直接的続編。サム・メンデス監督が続投。
まず、ボンドが拳銃を撃つトレードマーク映像が開巻に復活しているのが嬉しい。
オープニングシークェンスで、圧巻の長回しからビル倒壊スペクタクル、ヘリコプターの空中アクションと度肝を抜かれる。
あの長回し、どうやって撮影したのだろうかと思うが、メンデス監督にはお手のものか。

本作では、ボンドガール=マドレーヌ・スワン(レア・セドゥ)とボンドは恋に落ちる。ヴェスパーを陥れた憎き仇として追っていたはずのMr.ホワイトの娘なのだが、ボンドの下半身はそんなことお構いなしだ。
ヴェスパーと叶えられなかった愛の生活を彼女との間に求めたようなエンディングが待っているのだが、いささか歳の差がありすぎるのではなかろうか…

その前に、ボンドが誘惑するスペクター幹部の未亡人をモニカ・ベルッチが演じている。お年を召しても綺麗だ。
彼女の保護をCIAのフィリックスに託すが、前々作のフィリックスが私の中では株を下げているので、信頼してよいものやら…

Mr.ホワイトに娘を護ると約束をして、ボンドは彼の自殺を見届ける。
MR.ホワイトは組織から命を狙われているようで、親娘共々さっさと殺せるんじゃないかと思うのだが、まんまとボンドの介入を許してしまった組織も緩い。
ある秘密を知っているという娘のマドレーヌは精神科医で、彼女が勤める雪山の高級リゾートホテルのような診療施設には、『女王陛下の007』の舞台を想起させるものがある。
そこで拉致されたマドレーヌの奪還に奮闘するボンド。
敵の車を飛行機で追うこのシークェンスが、アイデア満載だ。
この段階でボンドはマドレーヌをものに する気満々だっただろう。命がけで救ったのに猛烈に拒絶された時のボンドは情けなく見えて、良い。
MR.ホワイトが最後に残したキーワードは隠れ家を指していた。
そこでヴェスパーに関するビデオテープを見つけるが、見なかったことにしてしまう。今はマドレーヌを落とす方法を考えよう…て、ところか。
さて、隠れ家で見つけたもうひとつの情報から得たある地点に向かって、ボンドとマドレーヌは長距離列車の旅に出る。
コンパートメント、食堂車両、列車内での殺し屋との格闘など、今度は『ロシアより愛を込めて』を彷彿させる。
しかし、この列車の旅にタキシードを用意しているボンドもボンドだが、マドレーヌもちゃんとドレスを持ってきているあたり、目的は同じだったのだ。
で、お互の願い叶って熱烈なラブシーンとなる。

レア・セドゥという女優、『美女と野獣』の時に「もっと綺麗な女優を使えなかったのか」と失礼ながら思った。本作でも何だか腫れぼったい顔は美人だとは思えない。が、見てるとだんだん可愛く見えてくるから、優れた女優というのは凄い。

ボンドとマドレーヌは、砂漠地帯のクレーター内に建つスペクターの秘密施設で、ブロフェルド(クリストフ・ヴァルツ)と対面する。
二人に正装の着替えを用意して施設を案内するあたりは、『ドクター・ノオ』だ。
猫ちゃんもブロフェルドの膝の上ではないが、ちゃんと居た。
MR.ホワイトの最期を撮影したビデオを見させられ、マドレーヌに必死で「見るな」と言うボンドの焦る姿に、ル・シッフルに拷問されても余裕を示していた男の弱みを見た。

本作のボンドの行動は、前任のMの遺言がトリガーになっているのだが、スペクターの首領ブロフェルドがボンドの養父の息子(つまり義理の兄)だということを前任のMは知っていたととれる。そもそも『カジノ…』から『スカイフォール』までにスペクターの影はなく、本作で初めて今までの悪党たちには共通の上位組織が存在したことが明らかになった(『慰めの報酬』のグリーンは除いて)のだが、それも前任Mは知っていたのか。

“スペクター”と“ブロフェルド”は、権利問題で今まで映画で使えなかったのだが、問題を解決して『ダイヤモンドは永遠に』以来晴れてスクリーン登場となったという事情もあったりする。

ポンドは砂漠地帯のスペクター施設を爆破し、マドレーヌと共に脱出する。
そして舞台はロンドンへ移り、次なる戦いのフェーズに突入する。
後任のM(レイフ・ファインズ)は、実はスペクターの一味だった英保安局の新任トップCによって職を追われていた。
マネーペニーたちとCの計画を阻止するのだが、国際会議でCが提唱した情報集約システムが承認されているので、その点は一体どうなるのだろうか。英国の国際的責任はかなり大きい。

ブロフェルドがマドレーヌを人質に取り、旧MI6本部建物に仕掛けた時限爆弾を起動する。またぞろボンドは必死の行動でマドレーヌを救出する。
ボンドと関わったことで命を落とした多くの女たちとは違い、マドレーヌはきっちり救われて最終作へつなぐのだった。

アクションの面白さ、派手さは前作に負けていない。
旧作へのオマージュも見られ、ボンドはウイットをきかせているし、ヴィランは屈強な殺し屋と不気味なブロフェルドの二段構えでインパクトがある。
ボンドの非公認行動と、ロンドンでMたちに降りかかる危機を並行で描く構成も面白い。
難点は、説得力に欠けるご都合主義的な物語展開だが、それは本作に限ったものではない。

諜報活動から足を洗って身を固めようとしても、ボンドに平穏な日々が来るはずはない。
助手席で笑みを見せたマドレーヌは、苦難の道を選んだことをまだ知らない。

(再鑑賞=2021/10/16 amazon prime video)

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 13 件)
kazz

3.5迫力満点

tunaさん
2021年10月17日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

十分楽しめました。
美しきレア・セドゥーだけでも観る価値あります。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
tuna

2.5007は義務教育だと思っているので自動的に新作が出たら見るし、TV...

こなさん
2021年10月9日
iPhoneアプリから投稿

007は義務教育だと思っているので自動的に新作が出たら見るし、TVで放映されたら再度見るけど
TV版端折られ過ぎて見てられへんな…
私の中で007は演技や内容より音楽やOP、装飾品(シャンパンや車)が重要で映像としてどれだけデザインされていて高揚するかが一番大事なのでスペクターはスカイフォールを超えられず(ヴィジュアルはスペクターの方が素敵)
何故内容無視なのかと言うと、
接客業なのが影響してるのか年々オッサンが若い女を
魅了してホニャララってなってんのがキモくて
ダニエルクレイグでもダメ
007は男のロマンだしそういうキャラでブランドだとは分かっている
次のボンド誰かな〜

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
こな

3.5敵がいつも私情に駆られ過ぎるのが特徴

nekoさん
2021年10月6日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

楽しい

興奮

シリアスさとリアルさを増すダニエルグレイク版の007。とは言え、PPKでヘリ落とすようなメルヘンなバランスこそが往年のスパイアクションを感じさせる。
ピアーズプロスナン世代の私としては、ユーモアとチャーミングさがボンドなイメージなので、今のボンドはイーサンハントと見分けがつかないんだよなぁ。
それでも、ここまで絢爛豪華に金をかけた映画作品はどんどん減っているから、調度品ひとつとっても、ホント素晴らしく、目の保養になる。
あと1作でダニエルグレイク引退となって、今後のシリーズはどうなるのか。時代から取り残された諜報部員とマチズモ炸裂シリーズ。今後の展開も楽しみ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
neko

3.5改めて観直す。

ilctrさん
2021年10月4日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

新作を観る前に復習がてら観直す。
何故かフツー。
公開時はもう少し自分の中でも評価が
高かった気がする。
いつ見ても間違いのないダニエルクレイグの007に
ハードルを上げてしまったのだろうか。
でも新作は楽しみ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ilctr

3.5”ノー・タイム・トゥ・ダイ”より”スペクター”

キブンさん
2021年10月4日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

”007 ノー・タイム・トゥ・ダイ”観たら、「あれ、スペクターって何だっけ?」とか「マドレーヌとどういう関係だっけ?」とか、すっかり忘れていたのでもう一度”スペクター”鑑賞。
”ノー・タイム・トゥ・ダイ”より”スペクター”の方がアクション満載で面白かった。
ただ、マドレーヌが捕まったり救出したりの展開は雑かな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
キブン

3.5スタートからテンション上がる展開

さん
2021年10月3日
PCから投稿
鑑賞方法:TV地上波

ダニエルクレイグ扮するジェームズボンドがメキシコに登場。いきなり建物が崩壊してソファーに着地。さらにはヘリでの格闘シーンとスタートからテンション上がるね。劇場で観て以来2回目だが、地上波初放送ゆえしょうがないけど吹き替え版は残念だったな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
重

5.0ガンバレルシークエンスから始まる成熟したダニエル・ボンド!

2021年10月3日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

勝手に「NO TIME TO DIE」公開前祭り第4弾!!
あの曲から始まり鳥肌MAX!!

アバンタイトルで涙腺うるうる~

昔ながらの007が帰ってきました!
ダニエル・ボンドの魅力は、往年のファンも新規のファンも楽しめるところだと思います!

007映画を見終わると自分もボンド化してしまう(^_^;)
明日も仕事頑張ろうと……

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
映画ハ楽シンダモン勝ちダコ♬

4.0予習

2021年10月2日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

サム・メンデス版の第二作で、ダニエル・クレイグはこのまま終わっても違和感のないエンディングだったが・・・。
この作品の焦眉はオープニングのキューバのカーニバルでのアクションで、歴代トップクラスの出来だ。
ブロフェルドのキャスティングは、ちょっと物足りない。
いずれにせよ、若干の不安とともに次作を観に行こう。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

3.0やはりクールな良いラスト

白波さん
2021年10月2日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

冒頭のホテルからビルの屋上沿いに歩くシーン。悠々と歩いていますが結構すごい。というか怖い。
続くヘリのシーンも見ていて怖く、手に汗握るとはこの事でしょう。
オープニングは歴代のそれと一味違うアニメーションの無いちょっと大人なテイスト。
悪役でバティスタ登場にはびっくり。
あと腕時計爆弾一個で全壊は流石に少しどうだろう…とは思ってしまいました。
物語が少しコンパクトな感じはするが、うまく纏まってはいた印象。
前作が良く出来すぎて、その続編としての苦難が垣間見えましたね。
それでもスーツでアクションするクレイグの姿はやはり格好良い。
そしてやはりクールな良いラストでした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
白波

2.5脇役達の活躍が残念

たろうさん
2021年9月30日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

アマゾンプライムで観賞。
前作「スカイフォール」はMI6の「M」を取り巻く二転三転する出来事が見ててスリリングなこともあって、多少の疑問はありつつも楽しむことが出来た。対して本作は確かにシリーズの恒例の序盤のチェイスシーン、女性とのロマンス、爆発を多用した派手な演出はしっかりと見せてくれてはいる。だがそこ止まりとも言える。正直ボンドの周りの仲間たちが全然魅力を感じないのが残念だ。具体的にはMI6(新M、Q、マネーペニー)の活躍がイマイチ。新MはCと口論ばかり、Qは頼りになりそうでなってない、マネーペニーは登場自体が少ない。その点「スカイフォール」は脇役の活躍はしっかりとできていたように思う。

ダニエル版「007」シリーズ個人的評価の序列は
スカイフォール>カジノロワイヤル>慰めの報酬>スペクター

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
たろう

5.0【亡霊】

ワンコさん
2021年9月29日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 11 件)
ワンコ

3.5やっと出てきたか!ブロフェルド!若干ファザコン

kossyさん
2021年9月29日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

 イギリス英語っぽくスペルがSPECTREとなっている。ghost、spirit、phantom、apparition、specter、と幽霊を表す単語は色々ありますが、各自調べてみてください。ちなみにデーブ・スペクターはspectorという綴り。そんなスペクターというタイトルにふさわしく、オープニングはメキシコシティの「死者の日」が描かれ、ジェームズ・ボンドがある人物を殺そうとしている。標的となるのは前任Mの遺言でも明かされるスキアラ。そして彼の手から指輪を奪ったボンドであった。

 スキアラ未亡人となったルチア(モニカ・ベルッチ)から情報を得て、秘密組織へと潜入。ボンドは簡単に見破られたが、その首領というのが少年時代の養父の息子フランツだったのだ。その後マネーペニーと連絡を取り合い、『慰めの報酬』でも対峙したMr.ホワイトの居場所を突き止め、さらに彼の娘マドレーヌが巨大組織の謎を解く鍵となった。

 単純にスペクターを敵として扱うだけなら単調になりがちだけど、この作品の面白さはMI6存亡の危機にあるという点だ。殺しのライセンスなんて無用の長物。世界中で情報網を共有すればテロの恐怖が軽減されるというMI5の方針があるのだという。そしてその責任者C=マックス・デンビーにも何やら不穏な動きが・・・

 Qの発明品は今回もシンプルなもので、大きな音がする腕時計?と、これがやはりボンドを救う。さらにナノシステムによってボンドの位置がわかる発信器みたいなものを埋められる。Qはグッジョブ連発!頼もしい。

 アクションシーンはオープニングのスタジアム上でのへり攻防戦、オーストリア山岳地帯での車と小型飛行機のチェイスなど見どころ盛りだくさん。過去3作もすべてスペクターに繋がっていたことにもワクワクさせられた。アクション以外でも「殺しのライセンス」は「殺さないライセンス」でもあるといった伏線が生かされていた。いや、それよりも腐った政治家たちもなんとかしてもらいたいが・・・

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 12 件)
kossy

1.0映画館で見た時は面白かったのですが大掛かりなアクション場面は殆どカ...

Tarouさん
2021年9月28日
PCから投稿
鑑賞方法:TV地上波

映画館で見た時は面白かったのですが大掛かりなアクション場面は殆どカットされ、あらすじを追うだけの寂しい内容でした。残念

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Tarou
「007 スペクター」の作品トップへ