劇場公開日 2013年12月13日

「"いかなる偽物の中にも、必ず本物はある"という言葉はとてもポジティブで気の利いた一言だと思う。」鑑定士と顔のない依頼人 テツさんの映画レビュー(感想・評価)

3.7236
20%
58%
19%
2%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

3.5"いかなる偽物の中にも、必ず本物はある"という言葉はとてもポジティブで気の利いた一言だと思う。

テツさん
2017年9月12日
Androidアプリから投稿

美術作品の真贋を見極める稀代のオークショニアである主人公が周りと一切私的交流を断ってきたのに、ある日連絡を寄越してきた顔を見せない依頼人との仕事の中で次第に変わっていき、人を愛することに目覚めていくが,,,というお話。

監督はニュー・シネマ・パラダイスで知られるイタリアの名匠中の名匠ジュゼッペ・トルナトーレ。

物語の随所に静かに散りばめられている様々な伏線と鮮やかなどんでん返し、そして人を想い続けることの美しくも悲しい男の情愛に心が動かされました。

伏線回収がお好きな映画ファンにまずおすすめしたい1本です。(笑)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
テツ
「鑑定士と顔のない依頼人」のレビューを書く 「鑑定士と顔のない依頼人」のレビュー一覧へ(全236件)
「鑑定士と顔のない依頼人」の作品トップへ