劇場公開日 2013年7月27日

  • 予告編を見る

サウンド・オブ・ノイズのレビュー・感想・評価

3.08
7%
37%
36%
13%
7%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全8件を表示

3.0そのトータルが音楽になっているか!?

調整中さん
2016年2月16日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

音楽嫌いな警官に倍返しだ!
違います。ええ、違います。
銀行強盗して置いてあるもので音楽を奏でつつ、お金をシュレッダーにかける!支店長の悲鳴!トータル、この全てが音楽となっている。
そんなこんなな、音楽テロ集団の話なんです。
自分にとって心地良い音楽が、他人には騒音(ノイズ)になり得るんだなぁと思ってみたり。
演奏してるとこは可愛いし、お洒落感満載だけど、でも果たしてそのトータルが、本当に音楽として完成しているか?
私にも時々、雑音に聞こえたりしました(笑)聞こえちゃダメじゃん!

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
調整中

1.5好きな人もいるでしょうけど

2015年1月23日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

楽しい

幸せ

評価は割れると思うけど正直、もうちょっと練ってから撮れ、と思った。
アイデアの根本にまず身の周りの生活音で音楽を奏でる、というのがあって、それはそれで面白いと思うけど、問題はこれ、音楽へのリスペクトにまったく繋がっていないという、本末転倒なシナリオに仕上げてしまったこと。
出発点は逆のはずなのに、そっちに印象が振れてしまっているのは、はっきり言って失敗でしょう。
音楽も映像も発想もいいのに、それをまとめるディレクションがびっくりするくらい下手くそ。面白がるのは簡単だが、映画としては低水準。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
okaoka0820

3.0クスリと笑える

わらさん
2014年10月7日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

楽しい

単純

演奏の最中がバカげてるが、
しっかり音楽してて
それがまた笑いを誘う。
他は結構普通なストーリー展開かと思いきや
途中、犯人を追う刑事に異変があったり
少々「???」ってなってしまう。
それでも、飽きずに見られるでしょう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
わら

3.0中途半端の魅力?

ぼのさん
2014年8月25日
Androidアプリから投稿

楽しい

音楽セッションのエキサイティングなシーンは、ほぼ予告で網羅されていたのがなんとも惜しい。が、そこは想定内。
ストーリーもテンポもいまいちだし、主要人物が若くもないのも情熱が伝わりづらくて微妙。

音楽とは、の部分を掘り下げると一般ウケしないだろうし、セッションシーンももっと盛り上げようはあるだろうけど、ハリウッド的にやるのも違う気がする。

でも、何だかだ結果、不思議と見てみて良かったと思える憎めない作品でした(笑)。サービス精神過剰になっていないのが逆に良かったのかも。
静寂がキーになるところはとても良かった。だからこそ、あのオチは無しで最後まで飄々として欲しかったかな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ぼの

1.0音痴が救うって

むったさん
2014年8月13日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

難しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
むった

5.0両親も祖父も著名な音楽家、弟は4歳でバイオリンを弾き12歳で作曲を...

よねさん
2014年5月2日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
よね

3.0無邪気で真面目な大人の演奏会

2013年10月2日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

楽しい

型にはまった音楽からの脱却…みたいな?
ストーリーはちょっとへたっぴだけど…
様々な場所、物で音楽を作り出す様は圧巻!
ワクワクしながら楽しめた。

ただ、色んな音楽を作り出してきた彼らなのにエンディングは普通の曲で締めくくられてて…
せっかくだから劇中に作り出したような、身の回りにある物で作り出した音楽で締めて欲しかった。ちょっと萎えた…

短編作「アパートの一室、6人のドラマー」のほうが私は好きかな?是非一度ご視聴あれ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
たかユキ

5.0音楽ってなんだろう

2013年7月28日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

楽しい

知的

街をまるごと使って自分たちの曲を演奏する…型破りのミュージシャンたちが次々考え付く大真面目であまりにも突飛なアイディアに、場内大爆笑でした。

おおよそ楽器とは思えないものをいろいろ使って作り上げた「音楽」は、そのコンセプトも含めて、とても面白かったです。方法はちょっと過激ではありますが、文字通り体を張って、どんなノイズも、そして静けささえも美しい音楽に変えたゲージツ家集団に拍手です!(身近にいたら、かなり迷惑な人たちですけど…)

北欧に行ったことないからよく分かりませんが、物語の舞台は病院やコンテナ置き場、警察署のオフィス、工房や銀行などなど、おおよそオシャレな場所ではないのに、とても音楽的でスタイリッシュに見えるのは、元々そうなのか、撮影の腕前なのか…こんなところも映画のテーマに通じてると思います。ぜひ映画館で観てください。私にとっては、今年観た映画のNo1です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
silverspoons
「サウンド・オブ・ノイズ」の作品トップへ