ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮 : 映画評論・批評

ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮

劇場公開日 2013年4月27日
2013年4月23日更新 2013年4月27日よりBunkamuraル・シネマほかにてロードショー

18世紀デンマーク王室の知られざる三角関係を描いた奥深い人間ドラマ

マリー・アントワネットがスウェーデン貴族と禁断の恋に落ちたことは「ベルサイユのばら」のおかげでつとに知られているが、デンマーク王室にもこんなドラマがあったとは。イギリス王太子の娘、カロリーネが15歳でデンマーク王クリスチャン7世と結婚したのは、アントワネットの嫁入りより4年前のこと。そのカロリーネとドイツから来た王の侍医ストルーエンセとの不倫愛、そしてストルーエンセの王国支配は、デンマーク人にとっては恥ずべき歴史上のスキャンダルだという。

しかし、映画はそうしたイメージにとらわれず、王と王妃、ストルーエンセそれぞれの立場に立って見落とされがちな史実を掘り起こし、奥深い人間ドラマとして構築してみせる。ここで描かれるストルーエンセは権力をほしいままにした野心家というより、啓蒙思想に則り庶民のための改革を進めた理想家だ。彼に特権を奪われ、巻き返しを図る貴族や皇太后らの権謀術数は実にスリリング。

だが、それ以上にこのドラマを面白くスリリングにしているのは、王の存在だ。クリスチャン7世は精神を病み、子供っぽく突拍子もない奇行に走りがち。そんな王を、王妃は理解できずに失望する。一方、ストルーエンセは王が引用したシェイクスピアの台詞に反応したことで、王にとってかけがえのない存在となる。つまり3人の関係は、完全なる三角関係なのだ。ストルーエンセを説得力たっぷりに演じるマッツ・ミケルセンはもちろん素晴らしい。と同時に、ストルーエンセが保護者のような愛情を抱かずにはいられなかったに違いないと思わせる、国王役のミケル・ボー・フォルスガードの演技も忘れがたいのだ。

若林ゆり

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

映画レビュー

平均評価
3.6 3.6 (全10件)
  • 不倫ものは総じて嫌いだけど ネタバレ! ...続きを読む

    chichi chichiさん  2019年1月30日 08:51  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • わかりやすい「展開」 史実なのだが、あまり面白くなかった 登場人物の苦悩も、我々と変わらない 王室の中の、利権を巡る闘いは 会社組織の内部でのものと 何ら変わらないし… そう思えば、ストルーエの詰めの甘さが クーデ... ...続きを読む

    jarinkochie jarinkochieさん  2018年11月21日 13:53  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • 史実だけど面白い 王室歴史メロドラマだけど、ストーリーが面白い。国王クリスチャンがちょっと心に障害のある人で、大半が幼稚な子どもみたいなんです。でもマッツに頼るところとか愛らしくて憎めないんですよね。王と王妃と侍... ...続きを読む

    サラ サラさん  2018年10月25日 09:38  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

新作映画評論

新作映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報