あの娘が海辺で踊ってる

劇場公開日

あの娘が海辺で踊ってる
39%
23%
38%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

上智大学映画研究会所属の現役女子大生・山戸結希監督が手がけ、第24回東京学生映画祭で審査員特別賞を受賞した青春ドラマ。海辺の田舎町に暮らし、アイドルグループのAKB48にあこがれる17歳の女子高生・舞子は、その自意識過剰な性格のせいで周囲から浮いてしまっていた。日本舞踏が趣味の菅原だけが唯一の友だちだったが、そんなある日、2人は三味線部の男子生徒、笹谷と古野と出会い……。山戸監督のPFFアワード入選短編「Her Res 出会いをめぐる三分間の試問3本立て」、新作舞台「さよならあの娘」との3本立て上映。

2012年製作/50分/日本

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

5.0カスタマイズしてくれ。

Noriさん
2015年3月16日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

興奮

幸せ

2015年3月。山戸監督出生の地・刈谷で特集上映と聞き、東京から深夜バスで観に行きました。2012年からこれで4年間追い続けています。この作品だけは、一年に一度は観ておきたい、と強く思っていて。
そして、実際に毎年スクリーンに向かわせる、魂を揺さぶる稀有な作品です。

処女作であり、カットの荒さ、音の拙さ、脚本のアラ、気になるトコロは沢山あります。
でも、そんなことを吹っ飛ばしてしまう、パンチ力のある言葉の選択、紡ぎ出す言葉だけでは足らない・届かない、それでも伝えたい、人間の奥底の更に底にあるものを捉えんともがく、等身大の監督の心の深淵が吐露されていると思います。

既に両手では足らなくなる位鑑賞したはずなのに、何故人を、私を、こうも惹きつけて止まないのだろう。
答えのない答えを求めて、またスクリーンと対峙することになるのでしょう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Nori
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「あの娘が海辺で踊ってる」以外にこんな作品をCheck-inしています。