壊された5つのカメラ パレスチナ・ビリンの叫び

劇場公開日

壊された5つのカメラ パレスチナ・ビリンの叫び
壊された5つのカメラ パレスチナ・ビリンの叫び
100%
0%
0%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

パレスチナの民衆抵抗運動の地・ビリン村に住むイマード・ブルナートが、息子の成長と村人たちのイスラエル軍の政策に対する抵抗運動を記録したドキュメンタリー。2005年、パレスチナのヨルダン川西岸に位置するビリン村では、近くに建設されたユダヤ人入植地の安全保障の確保を名目にフェンス(分離壁)が設けられる。しかし、その目的はビリン村の土地を囲い込むためなのは明白だった。フェンスにより村が分断され、畑にも自由に行かれなくなってしまった村人たちは抵抗運動を始める。村に住むイマードは、同時期に誕生した四男の成長記録を撮ろうとカメラを回し始めるが、それは同時に抵抗運動を続ける村人たちの日常を記録する映像となる。デモを制圧しようとする軍の銃撃などでカメラが壊されるたび、新しいカメラを手に入れ、イマードは計5台のカメラで村の日常を撮り続ける。

2011年製作/90分/パレスチナ・イスラエル・フランス・オランダ合作
原題:5 Broken Cameras
配給:浦安ドキュメンタリーオフィス

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第85回 アカデミー賞(2013年)

ノミネート

長編ドキュメンタリー賞  
詳細情報を表示

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4

(C)Emad Burnat

映画レビュー

5.0パレスチナ人とイスラエル人の共作

2020年2月23日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

パレスチナ人でビリンに在住のEmard イマード、ドキュメンタりービデオの撮影者。イスラエル人Guy Dauidi ( イマードがナレーターになっているが、その台本を書いた人)この二人が監督になっているのが、興味がある。
イマードにとっては自分の記録で始まったビデオどりだが、映画製作の経験のない彼はこれを最後に編集して、作品にしたく、ガイに頼んだらしい。

ガイはイスラエル軍隊、デレアビブ大学の映画科、フランスでも映画の勉強をして、アラブ語も話せるフリースピリッツのある人らしい。ガイがパレスチナの小さな村々を訪れているところを イマードはなんどか見かけたと言っていた。
イマードは実用的な人だが、ガイは芸術肌の人でこの組み合わせが、この作品に多面性を与えたとガイはいっていた。
パレスチナの見解で事実を追う イマードとそれを観客に夢を持たせたり、現実を把握させたり、広く観客に見せ場を与えるのは映画づくりを経験しているガイの目だということだ。
なぜ、アラブ人やパレスティナ人に編集などを頼まないか?パレスチナ人の イマードは人種は関係ないと。。イスラエルアクティヴィストのガイを信じて敵味方を超えて、編集、写真撮影、を任せた。ガイは教養のある人たちはこういう決定をできない場合があるが、 イマードは宗教、人種問題にこだわらないからこういう決定ができると。鋭い指摘だ。ガイはこれはただの政治家キャンペーンの映画にならなく、ストーリーとなったと。

イスラエルのウエストバンクの中にあるビリン(Bil'in) というところで生まれ育った、Emard イマードは五人目の息子ガブリエル(英語発音で失礼)が生まれた時、カメラで楽しいこと、辛いことなどおさめはじめた。彼は農民(Falah)の家族で育ち,
Bil'inは家族の生きているとところで、農民にとって、土地を失うことは自分の生命を絶つことに近いと。ここでは主にオリーブ畑を守ろうとしている。Hands Off Our Olives!!! とデモをおこし、イスラエル軍の武力に対抗するが武器なしで戦っている。

オスロ合意(パレスティナを自治国として認め、イスラエル軍はパレスチナから撤退?)、
MOHAMAD 1995年誕生:この時代はまだビリンからそこから海が見られたと。
Yasin-1998年誕生:
Taki Ydin-2000年誕生:( Intifada)というイスラエルに抵抗するグループの動きが始まった。
Gabriel 2005-年誕生:イスラエル入植者をがもっと ビリン(Bil'in)におしよせてきて、耕作できるスペースが減ってきた。 イマードの撮ったこのドキュメンタリーを見ていてよくわかる。耕作地が荒らされていくのが。

イスラエルが武力でパレスチナ人を押さえつけたり、逮捕したり、牽制して殺したりする。このシーンが イマードの手によってカメラに収まっている。イスラエル人のアクティヴィストがパレスチナ側にいたり、海外のジャーナリストもいるのでイスラエル軍は的を定めにくかったから死傷者が少なかったとガイがインタビューで話していた。 イマード自身もイスラエル軍に近づいてジャーナリストとともにビデオを撮っているから彼は何度も傷ついたし、一度は病院に入院したこともある。壊れた5つのカメラとなっているが、これはビデオどりの時、彼の持っている5つのカメラがイスラエル軍によって壊されたことを知らせている。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Socialjustice
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「壊された5つのカメラ パレスチナ・ビリンの叫び」以外にこんな作品をCheck-inしています。