ビンゴ

劇場公開日

9%
17%
40%
17%
17%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「リアル鬼ごっこ」「×ゲーム」などで人気のホラー作家・山田悠介による同名小説を、「海賊戦隊ゴーカイジャー」の清水一希主演で映画化したサスペンス。死刑制度の大改正が行われ、刑を執行するか否かを、被害者家族らがビンゴゲームで決めることになった近未来の日本。とある罪で収監させられた正哉は、凶悪犯罪者たちと一緒に不気味な巨大ビンゴカードの上に連れてこられる。そこは、自分がビンゴになれば即死刑執行となる「人間ビンゴ」の会場だった。物語の鍵を握る映画版オリジナルのヒロイン・真弓役で、アイドルグループ「AKB48」の松井咲子が出演。現役音大生でもある松井は、劇中でピアノ演奏シーンも披露している。

2012年製作/99分/日本
配給:ジョリー・ロジャー

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3

(C)2012「ビンゴ」製作委員会

映画レビュー

0.5クソ

さん
2022年4月20日
PCから投稿

演技がわざとらしくて緊張感がない
死刑囚という設定の割に俳優が小綺麗なのも意味わからん
真剣に見る映画じゃないって前提で見ても腹が立つレベル

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
り

3.0ピアノと虐待。その行く末は?

kossyさん
2022年3月15日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

 手錠を掛けられ、25マスの席に座らされた受刑者たち。「救いを与えられる」という看守の言葉もビンゴすれば免れるのか、それとも即死刑執行なのかはわからない序盤。番号が選ばれていくが、なかなかビンゴにならない。裏で操作してる?と囚人たちは気づき始める。

 20回目。どの数字が選ばれてもどこかがビンゴになるとき。ダブルで25人中9人が即執行になったが、これで終わらない。次は4x4の16マスに集められた・・・そして3x3、2x2・・・

 被害者家族、加害者家族など、囚人たちが「最後に会いたいのは誰か?」と問われ、集められた関係者。自分の家族を選ぶ者もいれば、謝罪の意味で被害者遺族を選ぶ死刑囚もいた。その関係者が別室にて投票し、死刑執行したい人物を選んでいくという形なのだ。救済の意図があっても、他人が投票してしまえばそれで終わり・・・過酷なゲーム。

 中には殺人を犯してない囚人もいるし、無差別に人を殺した者もいる。罪の重さに差はあるけれど、25人は皆死刑が決まってる。更生目的で・・・と担当官は言うが、執行を免れる者は一人か二人。更生ってどんな意味があるんだ?

 死刑制度の是非を問うようなストーリーではないし、冤罪について問題提起しているわけでもない。どちらかというと、、人が人を裁くことの意味を考えるきっかけを与えてくれる内容だと思う。関係者たちも担当官も結局は殺人だ!と嘆いていた人もいた。しかもゲーム感覚で。俺だったら最初に逃げ出してしまうわ!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

1.015点

2021年6月7日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

寝られる

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
まぁと@名作探検家

2.0流石に・・・。

2021年1月1日
iPhoneアプリから投稿

流石に予算かけてなさ過ぎる。セットも何もかも安っぽ過ぎる。
死刑制度について考えさせられる点は良いと思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
しじみの短い感想文
すべての映画レビューを見る(全10件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る