「久しぶりに彼らに会えた」DRAGON BALL Z 神と神 Cape Godさんの映画レビュー(感想・評価)

メニュー

DRAGON BALL Z 神と神

劇場公開日 2013年3月30日
全42件中、16件目を表示
  •  
映画レビューを書く

久しぶりに彼らに会えた

総合70点 ( ストーリー:45点|キャスト:80点|演出:70点|ビジュアル:75点|音楽:70点 )

 おなじみの登場人物たちが集まったときの明るい雰囲気が楽しくて、ここが一番楽しめた。でも卑屈なベジータの振る舞いはちょっと微妙。物語はいつもの繰り返しで、常にさらに強いやつが登場するのは流石に飽きる。今回の敵役は多少の工夫はあるものの、もっと根本的な新しい設定の物語が必要なのではないか。戦闘場面も特に強い印象は残らない。映像はCGを使っているようで良くなっていた。原作の連載が終了して何年たったのか知らないが、とりあえず久しぶりに彼らの元気な姿を観られたので、それだけで満足出来た。

Cape God
さん / 2014年3月26日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える 楽しい 単純
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報