柔道龍虎房

劇場公開日

採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

柔道に全てを懸けた二人の男と歌手を夢見る一人の女が奇妙な共同生活を送る青春ドラマ。監督は「ブレイキング・ニュース」のジョニー・トー。出演は「忘れえぬ想い」のルイス・クーと「SPY_N」のアーロン・クォック。今作は黒澤明監督に捧げられている。

あらすじ

柔道界で『柔道小金剛』とまで呼ばれたトップ選手のシト・ポウ(ルイス・クー)は、数年前に突然柔道を辞めて伝説の選手となっていた。今は酒場の雇われマスター兼バンドリーダーとしてギターを弾き、酒におぼれる自堕落な生活を送り、借金に追われていた。そんな時、トニー(アーロン・クォック)という男が酒場に現れて柔道の勝負を申し込んできた。最初は全く応じる気がなかったシト・ポウだが、突然、ステージに上がってサキソフォンを吹き出すトニーをなぜか気に入るように。そこに大陸から渡ってきて日本で歌手になることを夢見るシウモン(チェリー・イン)も現れ、奇妙な3人の生活が始まる。シト・ポウはトニーから再三にわたって組み手を申し込まれ、シウモンからは夢をあきらめないで柔道家に戻るよう励まされる。そこに現役時代のライバルであったレイ・アコンが現れ、かつて行われなかった試合の決着をつけたいと申し出てくる。さらにシト・ポウの師匠が、自分の息子チンを助け潰れかけている道場を立て直してほしいと頼んでくる。チンは「姿三四郎」の主題歌を日本語で愛唱するほどの柔道好きであった。シト・ポウの酒場は柔道家たちが技を競う場と化していき、各々の果たされなかった夢がかなう場となっていくのだった。

2004年製作/95分/香港
原題:柔道龍虎榜/Throw Down
配給:ステップ・バイ・ステップ=デックスエンタテインメント

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

2.0『姿三四郎』をモチーフにしているという。

kossyさん
2019年3月28日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

「金が必要か?もってけ。飲茶」と去っていくヤクザのボス。なんなんだこいつは。まぁ、執拗にボスの金を狙ってる落ちぶれたシト・ボウもおかしいが、ギャンブルのやり方も無茶苦茶の一点賭け。チンという男が「俺が姿三四郎なら、おまえは桧垣」などという口癖だったり、ハチャメチャの転落人生だけにコメディにしか見えないが、かなり真面目に作ったらしい。それが再起のキッカケだったし・・・

 『姿三四郎』を思い出さなければ、普通の青春物語。最後のレイとの勝負なんてオマケにすぎない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

5.0何回観ても、泣ける! クライマックスの、目隠しが取れた時、グッと目...

buckarooさん
2015年8月18日
Androidアプリから投稿

何回観ても、泣ける!
クライマックスの、目隠しが取れた時、グッと目を瞑るところが大好き

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
buckaroo
すべての映画レビューを見る(全2件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る