映画 犬夜叉 紅蓮の蓬莱島

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

50年に一度出現する伝説の島を舞台に、強敵・四闘神と犬夜叉たちの戦いを描いた長篇アニメーション・シリーズの第4作。監督は「映画 犬夜叉 天下覇道の剣」の篠原俊哉。高橋留美子の原作コミックを下敷きに、「劇場版 NARUTO―ナルト― 大活劇!雪姫忍法帖だってばよ!!」の隅沢克之が脚本を執筆。撮影監督に「映画 犬夜叉 天下覇道の剣」の高橋雄大があたっている。声の出演に、「名探偵コナン 銀翼の魔術師」の山口勝平、「映画 犬夜叉 天下覇道の剣」の雪乃五月ら。

あらすじ

50年に一度、海上に姿を現す幻の島・蓬莱島から逃げ出した半妖の子・藍に助けを求められ、島を支配し、半妖の子をエネルギーの源として食らう、龍羅、凶羅、獣羅、剛羅の”四闘神“から、”爪の刻印“によって島内に囚われた他の半妖の子らを救出すべく、島へ渡った犬夜叉たち。そこで、生け贄になろうとしていた浅葱を”鳴動の釜“より救った彼らは、蓬莱島の護り神である奏より、四闘神の力を封じ込めた”玉匣の箱“を壊すよう託されるも、それを桔梗の複製に奪われてしまう。お陰で、強大なパワーを取り戻した四闘神は、近隣の漁村を破壊し始めた。しかし、怯んではいられない。実は、50年前、桔梗と共にこの島を訪れた際、爪の刻印をつけられていた犬夜叉は、四闘神との宿命の対決に臨む決意をする。折しも、導かれるように島にやって来た殺生丸らと共に、死闘を繰り広げた彼らは、合体し本性を現した四闘神に最後まで果敢に勝負を挑み続け、遂にかごめの破魔の矢と犬夜叉の爆竜波で、四闘神を倒すことに成功するのであった。

2004年製作/86分/日本
配給:東宝

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

ユーザーレビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る