ビザと美徳

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

第二次大戦下、ユダヤ難民を救うため政府の命令に逆らい、2000枚ものビザを発行した日本のリトアニア領事・杉原千畝(1900~1986)の感動の実話を映画化した短編。原作はティム・トヤマ(製作総指揮も)による同名舞台劇(95年11月ノース・ハリウッドのロード・シアター・カンパニーにて初上演)で、舞台で主演したクリス・タシマが監督・主演をつとめ、本作が彼のデビュー作となった。脚本はタシマと同作の舞台監督トム・ドナルドソンの共同。製作はクリス・ドナヒュー。撮影は「ジャイアント・ピーチ」のヒロ・ナリタ。音楽はスコット・ナガタニ。美術はユキ・ナカムラ。編集は『ER 緊急救命室』(エミー賞受賞)のアーヴィン・パイク。共演は舞台のオリジナルキャストであるスーザン・フクダ、ダイアナ・ジョージャー、ローレンス・クレイグほか。ナレーションは「Mバタフライ」のホシ・シズコ。第70回(97年度)アカデミー最優秀ショートフィルム賞受賞。

1997年製作/26分/アメリカ
原題:Visas and Virtue
配給:福岡アジア映画祭実行委員会

ストーリー

1940年。第二次大戦初期。リトアニア。日本の領事・杉原千畝(クリス・タシマ)は、妻の幸子(スーザン・フクダ)と領事館の外に群がる数百人のユダヤ人に心を痛めていた。政府の命令に逆らい、自身の出世を犠牲にして、通過ビザ(査証)を発行して罪なきユダヤ人の命を救うか、役人として命令に従うか、杉原は思い悩む。だが、結局杉原はビザの発行をはじめ、それから1カ月の間に1枚で家族全員を救う2000枚ものビザを発行し、ローゼン夫妻(ローレンス・クレイグ、ダイアナ・ジョージャー)はじめ、6000人以上の難民の命を救ったのであった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第70回 アカデミー賞(1998年)

受賞

短編実写映画賞  
詳細情報を表示

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

ユーザーレビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く