CG版ビーストウォーズ 激突!ビースト戦士

劇場公開日

採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

97年10月より日本でテレビ放映され、人気を呼んだ『ビーストウォーズ』のCG版から、ビースト戦士たちの戦いの名場面を再編集した作品。声優たちの自由奔放なアドリブが話題を呼んだ。監督・脚色は「爆 BAKU」など、様々なメディアの音響監督として知られる岩浪美和。声の出演は「新世紀エヴァンゲリオン シト新生」の子安武人ほか。

あらすじ

宇宙征服を実現させる謎のエネルギー「エネルゴン」を求めて、正義のサイバトロン軍と悪のデストロン軍は謎の惑星に不時着した。だが、そこは「エネルゴン」のパワーが強すぎるため、彼らは自分の体をロボットからその星に生息する生物の姿に変えることによってパワーに対応する。そして、コンボイを総司令官とするサイバトロン軍と、メガトロンを筆頭とするデストロンとの激しい戦いが始まる。しかし、そこへ巨大なエネルギーを持った物体が着陸、かつての強敵ユニクロンの姿をしたエイリアンが出現し、ビースト戦士たちを抹殺しようとする。その物体は、惑星の月の一つをエイリアンマシンに変身させ、エネルゴンパワーを放出させる。惑星の危機を救うためにコンボイは単身、脱出ポッドでエイリアンマシンに立ち向かうのだが、そのポッドにはメガトロンによって細工が施されており、コンボイはエイリアンマシンに激突してしまう……。

1998年製作/33分/日本
配給:東映

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

ユーザーレビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る