ケルジェネツの戦い

劇場公開日

  • 予告編を見る
ケルジェネツの戦い
17%
55%
28%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「アート・アニメーションの神様」として世界中のアニメーターたちから尊敬されるロシア人アニメーター、ユーリー・ノルシュテイン監督が1971年に手がけた第2作。イワン・イワノフ=ワノとの共作で、ロシアの作曲家リムスキー・コルサコフ晩年のオペラ「見えざる町キーテジと乙女フェブローニャの物語」に刺激を受けたワノが、ノルシュテイン監督のデビュー作「25日・最初の日」の鮮烈な手法を取り入れるべく共同監督に招いて制作。ロシア聖像画の手法を使い、ケルジェネツ河のほとりで起こったロシアとタタールの戦争と、戦いに巻き込まれた村の様子を描いた。2004年の特集上映「ユーリー・ノルシュテインの仕事」などで上映されている。16年12月には、ノルシュテイン監督の代表作6作品を集めた「アニメーションの神様、その美しき世界」にて、高画質・高音質でよみがえらせたデジタルリマスター版が上映。

1971年製作/10分/ソ連
原題:Secha pri Kerzhentse
配給:チャイルド・フィルム
日本初公開:1996年2月20日

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5

(C)2016 F.S.U.E C&P SMF

映画レビュー

4.0悲哀の合戦絵巻

曽羅密さん
2017年9月20日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

ノルシュテイン監督の2作目に当たり、イワノフ=ワノーとの共同監督作品である。
この作品も10分と短い。
本作も2K修復版で鑑賞したため細部まで見えるようになり相当に美しい。

映画の冒頭に14〜16世紀ロシアのフレスコ画と細密画を引用していると断りが入る。
ケルジェネツは河の名前とのことだ。
リムスキー=コルサコフのオペラ『見えざる町キーテジ』の間奏曲がこの本作のタイトルらしいので、本作で流れる曲もその間奏曲なのかもしれない。
当初、共同監督のワノーは人形を使って撮影することを主張したらしいが、ノルシュテインが反対したようだ。
そこでフレスコ画・細密画に合わせるように薄いセルロイドで登場人物を製作して動かす「切り絵手法」を本作に使うことにしたらしい。
背景や静止画場面の随所に現存していたフレスコ画や細密画を使用しているのだろうが、切り絵の組み合わせと一切違和感がない。
また侵略者であるタタール人は、軽騎兵の特徴を誇張されてまるで猛獣のように素早く動く黒い影として描かれ顔もはっきりとしない。
中世ロシア側の画とは違いを明確にしている。

2016年に戦勝70年を記念してある教会で本作を上映するイベントがあり、そこへノルシュテインも招かれたらしい。
このことから察すると、本作の制作目的は侵略者撃退による国威発揚なのかもしれない。
しかし、出征する前に準備を整えて一列をなした兵士たちが「戦争で死ぬのが我らの運命」と声高らかに歌う演出には勇ましさではなくむしろ悲壮感が漂う。
正直ロシア兵がタタール人に勝ったかも映像を観た限りでは曖昧で、勝ったにしても持ち主を失ったロシア兵たちの盾がそこいら中に散乱するシーンを描くなど、やはり勇ましさをかけらも感じない。
『25日・最初の日』といい本作といい、そもそもノルシュテインにプロパガンダ映画は似合わないが、制作せざるをえない状況下ではなんらかの隠し味を潜ませているのかもしれない。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
曽羅密

3.0情熱的。

2017年1月10日
iPhoneアプリから投稿

恥ずかしながら、
ユーリー ノルシュテインさんは
ファンタジー専門の人だと思っていました。

こんなにも情熱的な作品や
歴史的、社会的な作品もあったなんて
はじめて知って意外でした。

映像美はやっぱりすごいです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
同時多発ネコ
すべての映画レビューを見る(全2件)

他のユーザーは「ケルジェネツの戦い」以外にこんな作品をCheck-inしています。