(秘)極楽紅弁天

劇場公開日

0%
34%
0%
33%
33%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

貧乏長屋に住む狂人たちのバイタリティ溢れる生活力を、旗本に恋した長屋の娘を中心に描く。脚本は「やくざ観音・情女仁義」の田中陽造、監督は「昭和おんなみち 裸性門」の曽根中生、撮影も同作の森勝がそれぞれ担当。

1973年製作/70分/日本
配給:日活

ストーリー

江戸の町の片隅に肩を寄せ合うように建ち並んでいる帳外長屋。この長屋の住人は、“ふーてん”といわれてはいるが、まだ男を知らないおぼこ娘のお紺、男をみたら誰とでもやりたくなる“やらせ”のお品、女にすぐ抱きつき金をせびる弥五郎、その他、お化けの九太、雨天の甚助、願人坊主、荒熊とお六の夫婦、こつこつ銭を貯めこんでいる松婆などである。そして彼らの面倒をみているのがオランダ先生こと平賀源内。ある日、松婆の音頭で、日本橋の呉服店、越後屋へ金をせびりに押しかけたが、地廻りに追っ払われてしまう。丁度、丁稚と外出した店のひとり娘・お絹を見つけたお紺は、お絹の着物をはぎ取り、自分と取り換えてしまう。そしてその足でお紺は、越後屋へ。ところが忽ちバレて、掴み出されるところを、丁度、居合せた善養寺新三郎に救われる。彼は旗本の後継ぎで、いやいやお絹と結婚することになっていたのだが、その場で縁組を断わり、お紺と連れ立って店を出た。この事がきっかけで、互いに惹かれるが、身分の違いはどうしようもない。が、二人は人目のない河原で抱き合う。ある日、新三郎は金に困って、同僚の坂部仙十郎に借金を申し込む。そこへ、お品とお紺の流し姿。新三郎とお紺の態度から、それと知った仙十郎は、お紺をものにしようと、それとなく金を貸そうとするが、新三郎は断わった……。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

映画レビュー

1.0グダグダ。

Noriさん
2014年11月29日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

時代設定江戸なのに、'アンモニア''ヒッピー'といった単語を使い笑わせてくれるエンタメ映画。
ハチャメチャで笑える作品ではあると思います。ただ、あまりにストーリーがグダグダ過ぎて途中からダレてしまいました。
あと、侍の演技が酷かったな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Nori
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る