徳川セックス禁止令 色情大名

劇場公開日:

解説

フランスのポルノ女優サンドラ・ジュリアンの東映作品出演二作目。江戸時代、唐島藩城主が、セックスの快感を独占すべく発令した“閨房禁止令”をめぐっての大騒動を描いた、艶笑喜劇。脚本は「喜劇 女売り出します」の掛札昌裕。監督は、脚本も担当している「女番長ブルース 牝蜂の挑戦」の鈴木則文。撮影は「まむしの兄弟 懲役十三回」の増田敏雄がそれぞれ担当。

1972年製作/89分/日本
原題:The Erotomaniac Daimyo
配給:東映

ストーリー

時は十一代将軍徳川家斎治世の頃。家斎五十四番目の息女清姫が、九州唐島藩城主小倉忠輝に降嫁と決定した。ところが、この忠輝、三十四才にして格別の女嫌いで、すっかりノイローゼ気味。こんな状態で、初夜を向かえたが、清姫は無骨な忠輝にすっかり憤慨する。家老米津勘兵衛は、姫の機嫌を直す手段として、忠輝を女好きにする以外に方法が無い、と判断、博多屋に依頼する。秘事にたける博多屋は、フランス娘サンドラを献上する。彼女の煽情的な姿態とテクニックで忠輝は完全にセックスの虜となる。ある日城下を視察した際、セックスの快楽に浸っている庶民を見、我が身の窮屈さに大いに憤満を抱き、前代未聞の“閨房禁止令”を発令する。当然、違法者が続出し、毎日処刑が行われた。一方、責任を感じた清姫は、サンドラにテクニックを伝授してもらうが、いつの間にか互いに魅かれ合うのだった。その夜、博多屋の加虐に耐えかねたサンドラは他の異国人たちと博多屋を殺害する。無情の掟の前に、サンドラは、はりつけ、処刑されてしまう。忠輝は、深く反省。ようやく禁止令のおろかさを悟るのだった。かくして“閨房禁止令”は廃止され、城下の家々、田や畑は、睦みあう男女でいっぱいである。一方、忠輝は、目出たく清姫のもとに戻り、閨を共にするが、陶酔のうちに絶命する。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

3.5権力闘争のために家計をコントロールする必要から,上流階級であればあ...

さん
2022年5月6日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

権力闘争のために家計をコントロールする必要から,上流階級であればあるほど性的な快楽を享受できないというジレンマが存在することがある.さすがに徳川の時代の将軍であれば,性的に奔放で世継ぎを作ることが望まれるだろうけれど,現代であれば受験勉強のために性的に抑圧された男子高校生などの点で見ることができるんだろうか.お殿様が禁欲であるという設定はちょっとありえなさそうな気配もあったけれど,お姫様が禁欲を是とされる教育は今でも健在であるのは面白い.殿様が性愛の喜びを知ったときに,それを自由に享受することのできる庶民に対して恨みを抱く構図は,ナードとでも呼ばれている層が,学歴的には恵まれていながらも性愛の面で恵まれていないことに対して抱えるルサンチマンと同じような気がしてくる.そしてそのルサンチマンが,かつてナードだった人々が行う仕事の中に反映されてより一層庶民的な喜びが抑圧されていくことも事実としてはあるんだろう.映画としては,悲惨な場面でもコミカルな音楽が流れているために笑ってしまうのが面白かった.考えさせられる感じの終わり方だったけれど,特に考えるべきこともなくって,おもしろ思考実験として消費すると楽しい話なんだろうか.あれくらい法治国家がしっかりしていて,権力者の周辺の人々が平等に処罰される世界であってほしいと思うくらいか.

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ケ

2.0滑稽でした。面白くは有りませんでした。

tunaさん
2021年4月28日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

滑稽でした。面白くは有りませんでした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
tuna

1.0エログロから艶笑へ

2021年2月15日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

このシリーズ、監督が変わり、エログロナンセンスからコメディへ路線転換した。
オクテの殿様が、庶民のセックスライフを妬み、セックス禁止令を出したため、みんな大騒ぎ。
フランスのお色気女優、サンドラ・ジュリアンが登場するが、生かされてないなぁ。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

2.570年代の東映らしさが満載

2020年5月24日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

楽しい

興奮

70年代の東映らしさが溢れる超異色のB級エロティック時代劇。監督は「トラック野郎」シリーズの鈴木則文監督。

終始バカげていて笑えたが、ストーリーに今一つ面白味が感じられなかった。70年代の東映らしさが溢れるブッ飛んだ空気感は最高だった。音楽も最高だった。名和宏や渡辺文雄、そして山城新伍などヒール役や脇役のイメージの強い役者陣の一癖も二癖もある演技も相変わらず最高だった。

ストーリーに物足りなさは感じたが、70年代の東映らしさは存分に味わうことの出来る古き良きブッ飛んだ時代劇だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
バンデラス
すべての映画レビューを見る(全6件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「徳川セックス禁止令 色情大名」以外にこんな作品をCheck-inしています。