ニーベルンゲン クリームヒルトの復讐

100%
0%
0%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

“ニーベルンゲン”(Die Nibelungen)の後編。前編の「ニーベルンゲン ジークフリード」と同じ顔振れの人々によって製作された。即ちテア・フォン・ハルボウ女史の脚色、フリッツ・ラング氏の監督で、この編に入って出演する人にはアッティラ王に扮するルドルフ・クライン・ロッゲ氏(「化石騎士」「ドクトル・マブゼ」主演)がある。無声。

1924年製作/ドイツ
原題:The Vengeance of Kriemild Die Nibelungen Kriemhilds Rache

ストーリー

夫ジークフリードを殺したハーゲン・トロンエに復讐を誓ったクリームヒルトは、日夜機の到るを待っていた。ハン族の王アッティラは武将ルディガー伯をクリームヒルトの兄ギュンター王の許に遣わし、クリームヒルトを妻に欲しいと申込んだ。クリームヒルトの心は既に夫ジークフリードの死と共に死んでいたが、復讐を遂げる手段として、彼女はアッティラの妻となることを承諾する。程なく二人の間には男の子が生れた。喜んだアッティラ王は何なりと望みを云うようにとクリームヒルトに申出た。兄達を王の城に招いてくれ--それがクリームヒルトの望みであった。彼女は仇敵ハーゲントロンエが必ず兄達と共に来る事を知っていた。ギュンター王一行を歓迎する盛大な宴が開かれた時、クリームヒルトの命を受けたハン族はブルガンディーの軍を襲った。ハーゲン・トロンエは幼なきアッティラ王の子息を手にかけたので、今迄平和を望んでいたアッティラは激怒し我が居城に立て篭るブルガンディーの一族との間に猛烈な戦端を開く。アッティラ王の命で城に火が放たれた。ギュンター王の軍勢は炎のうちに全滅したが、ハーゲンは最後までギュンター王を護っていた。居残った二人がクリームヒルトの前に引出された時、クリームヒルトはハーゲンの盗んだニーベルングの宝物の在所を聞いたが、ハーゲンは王の命あらん限り口外せぬと嘲う。クリームヒルトは兄ギュンター王を殺したが、ハーゲンは尚も口を緘して宝の在所を云わなかった。クリームヒルトは彼がジークフリードから奪ったバルムンクの剣を揮ってハーゲンを斃し、亡夫の血が浸込んだ土にハーゲンの血を吸わせた。クリームヒルトはかくして復讐を遂げ亡夫の跡を追って世を去り、アッティラは彼女の死骸を抱いて果敢なき運命を嘆いた。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

映画レビュー

4.5氷の女帝の復讐は、悲劇で始まり破滅で終わる

近大さん
2013年9月16日
フィーチャーフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

悲しい

興奮

ドイツの国民的叙事詩をフリッツ・ラングが映画化したサイレントの名作後編。
タイトル通り、愛するジークフリートを奪われたクリームヒルトの壮絶な復讐劇が描かれる。

第1部はまだ冒険ファンタジーや英雄物語の形を取っていたが、本作は愛憎渦巻く史劇。スペクタクルなアクション・シーンもアリ。

困ったちゃんでしかなかったクリームヒルトが、復讐という狂気に駆られていく様は恐ろしいほどに凄みがある。
と同時に、過去を忘れられず、取り憑かれた姿は哀しくもある。

妬み、策略、裏切り…。
第1部でも蠢いていたドス黒い感情は、遂には、憎悪、殺意、哀しみへ。
何処で歯車が狂ったのか。一個人に芽生えた浅ましき感情が、やがて国同士や関わった人々の破滅にまで広がっていく。
これは紛れもなく、悲劇の物語だ。

計5時間たっぷり堪能。
このままでも充分面白いが、現代の技術をフルに駆使して新たに映画化してみても面白いと思う。「ロード・オブ・ザ・リング」や「グラディエーター」にも匹敵する事だろう。
そんな夢すら浮かぶ、色褪せない古典!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
近大
すべての映画レビューを見る(全1件)

他のユーザーは「ニーベルンゲン クリームヒルトの復讐」以外にこんな作品をCheck-inしています。