時のほか何ものもなし

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「時のほか何ものもなし」はフランスの前衛映画のうちで、日本に持ち来たされた典型的なものである。表題の示しているように、パリに於ける二十四時間を表したものである。これを組立てるのに、監督者アルベルト・カヴァルカンティは、“純粋映画”風に行った。即ち、彼は、まず実写を寄せ集め、またそれを技巧的に工夫した断片を数々作り、その上でこの二つを彼の意のままに編集したのである。(無声)

1926年製作/フランス
原題:Rien que les Heures

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く

他のユーザーは「時のほか何ものもなし」以外にこんな作品をCheck-inしています。