価値ある男

劇場公開日

0%
50%
50%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

日本のスター三船敏郎が主演したメキシコ映画。「大砂塵の女」のイスマエル・ロドリゲスが製作・監督を担当している。ロハリオ・バルリガ・リバスの原作をイスマエル・ロドリゲスとビセンテ・オローナが脚色している。撮影はガブリエル・フィゲロア。音楽を受けもっているのはラウル・ラヴィスタ。出演しているのは三船敏郎のほかコルンバ・ドミンゲス、フロール・シルベストレなど。

1961年製作/メキシコ
原題:Animas Trujano
配給:東宝=東和

ストーリー

メキシコの南部--酒とケンカとバクチに明けくれ、村中から鼻つまみの貧農トルハーノ(三船敏郎)にも夢がある。それは年一回のお祭りヨルドーミヤの主催者に選ばれ、金と権力で村中の尊敬を一身に集めるマヨルドーモになることだ。子供の葬式の夜、酔ってケンカしかけたのも、街の女カタリーナ(フロール・シルベストレ)が彼に冷たいのも、みんな去年のマヨルドーモのタデオのためだ。やさしい妻ファナ(コルンバ・ドミンゲス)の勧めでトルハーノは家族たちと共に酒造工場で働くことになるが、盗み酒を見つかってクビ。しかも、長女ドロテアと逢いびきしていた工場主の息子を傷つけ、投獄されてしまう。妻と子供たちは懸命に働き、出物の安い土地を買うことに決めた。やがて、ドロテアが工場主の息子の子を生む。彼女の恋人カルリンは怒り悲しむが、トルハーノが出獄すると聞いて、ドロテアの身を案じ、彼女だけを連れて村を去った。帰宅したトルハーノは、家族の金を捲き上げてカタリーナの許に走り、酒とバクチの生活に逆戻り。しかも、その金を闘鶏でタデオにとられてしまう。そこへ酒造工場の主人がきて、息子とドロテアの間にできた子を引き取りたいと頼む。その金で念願のマヨルドーモになったトルハーノに、村人たちは誰一人尊敬のまなざしを送らない。折も折、彼を誘惑にかかったカタリーナを、ファナが刺し殺した。「あなたにこれ以上悪いことをさせたくないから……」とファナは訴えた。妻の愛に目ざめたトルハーノは、妻のかわりに自分が自首するから証言してくれと村人に頼む。そして、初めて本当のマヨルドーモになったことに誇りを感じるのであった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第34回 アカデミー賞(1962年)

ノミネート

外国語映画賞  
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

3.5価値ある男になるために

2020年4月7日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

三船敏郎がメキシコ映画に、メキシコ人として主演した作品。
悪人ではないのだが、無知で粗暴、女にだらしなく、良い家族に恵まれながらも、目を覚ますことがない男を見事に演じている。
昔はこんな人が、どこの町内にもいたような気がする。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る