新妻はタイピストから

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「明朗色時代」「結婚劇場」のドリス・ノーランと「クレイグの妻」「ロジタ(1936)」のジョン・ボールズが主演する映画で、ノーマン・クラスナの原作を「コリーン」のF・ヒュー・ハーバートと「久遠の誓い」のシルヴィア・サルバーグが脚色し、「令嬢見学」と同じくエドワード・バゼル監督、メリット・B・ガースタッドの撮影のもとに成った。「呪われた女」のウォルター・ピジョン、「四つの恋愛」のアラン・モープレイ、「罪と罰」のタラ・ピレル、「日かげの女」のキャサリン・アレクサンダー、「彼氏と女秘書」のドロシア・ケント、「楽天伯爵」のアーネスト・コサート、「支那ランプの石油」のウォルター・パイロン等が共演している。

1937年製作/アメリカ
原題:As Good As Married

ストーリー

シルヴィア・パーカーは若手の建築家アレクサンダー・ドリュウの秘書である。シルヴィアはドリュウを愛しているが、彼はそれに気がつかない。彼の友達にフレザー・ジェームズという建築家があってやはりシルヴィアを愛している。ある日ドリュウは彼女に結婚の申込みをした。しかしその理由というのは、結婚によって所得税を減らすというのである。名ばかりの結婚だがシルヴィアは承諾した。ドリュウの昔馴染みにチェリイ・ブウラドフ姫がいて、遊び仲間を集め彼女のためにパーティを開いた。シルヴィアはチェリイとドリュウの様子を見ると、フレザーに頼んでその場から逃がして貰った。ところがこれを見たドリュウは嫉妬を起こし、彼女がフレザーと外出したものと思込む。半場自棄になった彼はそのままチェリイを泊めてしまう。翌朝になってシルヴィアは友達アルマの家にいるのだけれど、ドリュウはフレザーと一緒だと思込んで腹を立てているし、シルヴィアの方ではチェリイが泊まったことを知って機嫌を悪くする。ドリュウはシルヴィアに会ってくれと頼むが彼女は応じないので、ついに弁護士が仲に立って二人の離婚を進めることになる。ドリュウはシルヴィアは金を欲しがっているのだと思い、多額の小切手を渡したが、彼女はそれを返して無条件で去ってしまった。ドリュウは初めて彼女が心から自分を愛していたことと自分の愛するのも本当は彼女であったことを悟った。しかしそのシルヴィアはもう彼の許から逃出したのだ。きっとフレザーと一緒に駆落ちしたのだと思いながらも、ドリュウは懸命にシルヴィアを探し歩き、ついにカリフォルニア州コロナドで彼女を発見したが、果して二人は無事に結ばれるであろうか。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

ユーザーレビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る