戦争と平和(1965~67)

劇場公開日

戦争と平和(1965~67)

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

文豪トルストイによる小説をソ連のセルゲイ・ボンダルチュク監督が4部作で映画化した一大歴史ロマン。トータルで420分にも及ぶ大作で、1965年から67年にかけて第1部「アンドレイ・ボルコンスキー」、第2部「ナターシャ・ロストワ」、第3部「1812年」、第4部「ピエール・ベズーホフ」の4部作として公開されたが、日本では「第一部」と「完結篇」の2作にわけ、それぞれ66年、67年に公開された(第一部=1966年7月23日公開/完結篇=1967年11月23日公開)。1805年のペテルブルク。ベズーホフ伯爵の非嫡出子ピエールがフランスから帰国。放蕩息子だが父から溺愛されるピエールは莫大な財産を相続する。一方そのころ、ヨーロッパではナポレオンの侵攻により戦火が広がっていた(第1部)。ロストフ家の長女ナターシャとアンドレイ侯爵が舞踏会で出会い、恋に落ちるが、結婚を反対されたアンドレイはナターシャを残して外国へ旅立つ(第2部)。1812年、ナポレオン率いるフランス軍がロシアに侵攻。ロシア軍は圧倒されるが、クトゥーゾフ将軍の登場よって戦局は変化し始める。そして、そんなロシア軍の中にアンドレイの姿があった(第3部)。フランス軍の侵攻で混乱したモスクワでは、ピエールがナポレオン暗殺を決意し、街中に潜んでいたが……(第4部)。第41回アカデミー外国語映画賞受賞。2020年9月、「セルゲイ・ボンダルチュク生誕100周年記念特集」(20年9月18日~、東京・アップリンク吉祥寺)で全4部を上映。

1967年製作/424分/ソ連
原題:War and Peace
配給:パンドラ
日本初公開:1966年7月23日

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第41回 アカデミー賞(1969年)

受賞

外国語映画賞  

ノミネート

美術賞  
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

フォトギャラリー

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る