エンド・オブ・バイオレンス

劇場公開日

エンド・オブ・バイオレンス
10%
30%
20%
20%
20%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

バイオレンス映画のプロデューサー、マイクはトラブル続きの仕事に忙殺されて妻にも愛想をつかされている。そんなある日、何者かに誘拐され殺されかけたマイクを、実験中の都市監視カメラが捉えていた……。「パリ、テキサス」以来ふたたびロサンゼルスを舞台に、巨大な暴力に翻弄される人間の姿に迫ろうとしたベンダース監督の意欲作。

1997年製作/122分/ドイツ
原題:THE END OF VIOLENCE
配給:松竹富士

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第50回 カンヌ国際映画祭(1997年)

出品

コンペティション部門
出品作品 ビム・ベンダース
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 発狂する唇
  • 霊的ボリシェヴィキ
  • ジェーン・ドウの解剖
  • エンド・オブ・トンネル
  • ブリムストーン
  • アルカディア
  • トレジャーハンター・クミコ
  • ジュピターズ・ムーン
  • オッズ
  • ブルー・マインド
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画レビュー

3.0 天文台でシステムを捜査するFBIのレイ(バーン)。注視していた映...

kossyさん
2018年11月6日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 天文台でシステムを捜査するFBIのレイ(バーン)。注視していた映像がいきなり本部からの連絡画面に変わり、見えなくなってしまう。監視体制で暴力事件を無くそうという考えは『エネミー・オブ・アメリカ』の方が凄いと感じる。

 もともとスローテンポの映画を作るヴェンダースであるから、バイオレンスといっても緩やかに進む。製作国がドイツとなってるが、舞台はハリウッドで英語中心だ。

 警察のドク刑事がルーシー・キャット(トレイシー・リンド)と親しくなり、行方不明になってるマイクと接触したことを知る。

 FBIの男から国家機密に関するメールを受け取ったことから狙われていたことが明らかにされていくが、最終的にはマイクは死なないでいる。これから撃たれるのかもしれないが、殺されないのだ。最初の強盗二人を遠距離から撃てるんだから、殺すことは容易だったはず。それでも追われる男の雰囲気だけは伝わってくる・・・

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

1.0何もかも分からない。

youthさん
2016年9月10日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

難しい

寝られる

つまんないというよりなにが面白いのか見出せない。
そして、何よりもなにを伝えたいのかぎ分からなかった。
なんとか最後まで見終えたけどなにも感じなかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
youth
すべての映画レビューを見る(全2件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る