三銃士(1948)

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
0%
0%
100%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

フランスの文豪アレクサンドル・デューマの同名小説のテクニカラー映画化で、製作には「緑園の天使」のパンドロ・S・バーマン、監督には「世紀の女王」のジョージ・シドニーが当たった1948年作品。脚色は「ボヴァリー夫人」のロバート・アードリー、撮影は「幽霊は臆病者」のロバート・プランク、作曲はチャイコフスキーの主題によって「緑園の天使」のハーバード・ストザートが夫々担当。主演は「帰郷(1948)」のラナ・ターナー、「踊る大紐育」のジーン・ケリー、「猛獣と令嬢」のジューン・アリソン、「剣なき闘い」のヴァン・ヘフリン、「ドリアン・グレイの肖像」のアンジェラ・ランズベリーの5人で、フランク・モーガン(「町の人気者」)、ヴィンセント・プライス(「呪われた城」)、キーナン・ウィン(「恋愛放送」)、ジョン・サットン、ギグ・ヤング、ロバート・クートらが助演する。

1948年製作/125分/アメリカ
原題:The Three Musketeers
配給:MGM日本支社

ストーリー

17世紀ルイ13世治下のフランス。腹黒い宰相リシリューが皇后アン(アンジェラ・ランズベリー)と英国宰相バッキンガム公の恋をタネに国王を煽り英国と一戦を交えんとしていた頃。田舎貴族の伜ダルタニアン(ジーン・ケリー)は志を抱いてパリに上り、王室銃士隊に入ったが、豪勇をもって鳴る三銃士アトス(ヴァン・ヘフリン)、アラミス、ポルトスに見込まれて4人は親交を結び、国王への忠誠を誓った。ダルタニアンは皇后の侍女コンスタンス(ジューン・アリソン)と相愛の仲になったが、彼女は皇后との人目をしのぶ国際愛の橋渡し役もつとめており、リシリューの奸計で皇后がバッキンガム公に贈った12個のダイヤの飾りボタンが是非とも入用になったとき、ダルタニアンはコンスタンスにたのまれて英国へ向かうことになった。途中リシリュー配下のさまざまな妨害も三銃士の助力で無事切り抜け、大任を果たしてリシリューの鼻をあかしたが、リシリューは勇敢なダルタニアンを自分の味方に付けねばと、ウィンター伯爵夫人(ラナ・ターナー)に彼を篭落するよう命じた。ダルタニアンはこの誘惑にのりかけるが、アトスは自分の苦い思い出を語って彼に忠告するのだった。やがてリシリューの奸計を知ったバッキンガム公は兵を挙げてフランスに侵入、リシリューは形勢非なるを見て、ウィンター伯爵夫人を講和使節として送ったが秘かにバッキンガムの暗殺を命じてあった。これを知った4人組はイギリスに急報、伯夫人は監禁されたが、彼女は計略を使って監視のコンスタンスとバッキンガム公とを毒牙にかけて帰国した。しかし4人組に捕らえられ断頭台の露と消えた。リシリューはダルタニアンと3銃士に厳罰を国王に要請したが、ダルタニアンが手に入れた密書のため、リシリューはしぶしぶ彼らを放免せねばならなかった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る