劇場公開日 2013年3月1日

  • 予告編を見る

「黒人ガンマンが活躍する残酷で爽快な西部劇」ジャンゴ 繋がれざる者 Ravenclawさんの映画レビュー(感想・評価)

採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

5.0黒人ガンマンが活躍する残酷で爽快な西部劇

Ravenclawさん
2017年8月29日
PCから投稿

楽しい

興奮

ネットで視聴(英語字幕)。

アメリカ奴隷制度の廃止は、リンカーン率いる北部の州と、奴隷制度存続を主張する南部が戦った南北戦争(1861-65年)の結果だが、その戦争が始まる前、奴隷制度の本場であるアメリカ南部を舞台にした西部劇。

悲惨で過酷な実態をタランティーノらしい暴力的な表現で描きながら、その境遇から脱出した黒人ガンマン・ジャンゴの活躍を描くアクション映画。

悪辣な農場主をレオナルド・ディカプリオが怪演。

背景設定は深刻だが、そこはタランティーノ、娯楽映画としてスカッと楽しめる。

●映画の英語
Django Unchained

「ジャンゴ 繋がれざる者」という邦題は、クリント・イーストウッドの「Unforgiven(許されざる者)」を踏まえてつけられたと思われる。
訳としては正しいのだろうが、日本語としてはわかりにくい。

「鎖を解かれたプロメテウス」(Prometheus Unbound)からの連想で、「鎖を解かれたジャンゴ」とした方がよかったのでは。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Ravenclaw
「ジャンゴ 繋がれざる者」のレビューを書く 「ジャンゴ 繋がれざる者」のレビュー一覧へ(全125件)
「ジャンゴ 繋がれざる者」の作品トップへ