カノジョは嘘を愛しすぎてるのレビュー・感想・評価

カノジョは嘘を愛しすぎてる

劇場公開日 2013年12月14日
143件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

主演ふたりを観て楽しめるなら

少女漫画らしいファンタジーな恋愛物

少女漫画が原作の作品について、
非現実的な男性像を観て楽しむ妄想ちっくな恋愛物です
とある意味当たり前の感想を書くのもどうかとは思ったけど
そういう部分がとても強い作品に感じたので。

いもりり
いもりりさん / 2018年7月8日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

音楽いい ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

佐藤健の演技好きだから見てみた作品。

健くん、暗い役似合うな!

大原櫻子の歌、あまり聞いたことなかったけど歌唱力にびっくりした!

最初、アキの部屋に行った時に2人でセッションしたのが鳥肌立った。あれは楽しいシーンだった。

恋愛の内容というより音楽が良かったな!

barTAM
barTAMさん / 2018年6月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

一回では分からなかったが 何回も見ることで良さが分かる 特に歌の歌...

一回では分からなかったが
何回も見ることで良さが分かる
特に歌の歌詞は佐藤健の想いが込められている

m1n@
m1n@さん / 2018年4月1日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

音楽は楽しむものだ

自分で曲を作ったり、詞をかいたりして歌をつくりたいと密かに最近考えていたので、それに関連する作品はないかと探していたらたまたま目に止まった。

一番良かったシーンははじめて、小枝ちゃんを部屋に招いて二人でセッションするシーン。アキのギターを弾く姿もカッコ良かったし、それに負けない歌声の小枝ちゃんに気付いたら指でリズムをとっていた。音を楽しむってこういうことを言うんだなぁと言うのがよく伝わった。

居眠りんタカちゃん
居眠りんタカちゃんさん / 2018年3月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい 楽しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

美しく残酷な音楽

残酷な世界だ。
私たちが見ている世界の裏側を見せられた感覚。
佐藤健の涙が美しい。

せん
せんさん / 2018年3月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

櫻子ちゃんを愛でる映画?

美人じゃなくむしろちょいブサ気味だけど愛嬌があって、歌が抜群にうまい。まさにうってつけ。佐藤健は小汚い衣装がどうかと思う。内容は少女マンガ?いちいち突っ込んでたらきりがないので気にしない。
歌は設定にピッタリで素晴らしいが、亀田のオッサンが書いてるかと思うと複雑な心境。ほめ言葉です。

ダビ
ダビさん / 2018年2月26日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

キスまでは許される ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

『カノジョは嘘を愛しすぎている』(2013)

流行りというか当たり前になった漫画が原作らしい。舞台設定も突飛ではある。商業主義に嫌気がさして人気ミュージシャンのグループの表に出ず、作詞作曲などの裏方になっている男(佐藤健)が、恋人がプロデューサーの愛人になっていた事などに対してむしゃくしゃして、適当に歩いていた女子高生(大原櫻子)を好きな気が全くないのにストリートで口説いて、女子高生のほうは本当に彼を気に入った。タイトルの嘘は、人気ミュージシャンという身分を隠しての嘘や、好きな気はさらさらないのに、好きな振りをしている嘘。そういう始まり。古くは日活のスターにしても歌手と俳優を兼ねてきた人は大勢いるのだが、この映画も俳優が歌うし、『キセキ あの日のソビト』もそうだし、それも商業主義との確執が入っていた。しかし、なぜか女性の歌手が映画女優もしてキスシーンもあるような作品は、私的に嫌な気がしていて、『タイヨウのうたの』YUIなんかもそうだったと思うが、この映画と同じ小泉徳宏という監督だった。劇中、プロのミュージシャンが影武者として演奏して本人たちは弾いてないみたいなシーンがあるが、それは実際にあるのだろうか。何が本当で何が商業主義に染まった嘘なのか。プロデューサーが反町隆史だが、この映画ではバンドはそういうのを辛いながらも了承する。だがプロデューサーが帰った後で怒るが、糞みたいな演奏しかできない俺たちが悪いんだと一人が言う。テレビドラマをみてないが、フジテレビ福山雅治主演の『ラブソング』の藤原さくらなんかも似た話かも知れない。大原櫻子も、5000人のオーディションで選ばれたということで、もともと歌が上手だったのも選ばれた理由だったらしく、女優としては佐藤健とキスシーンもあるのだが、大原にとってはスタートの作品であり、ここら辺が、作品内に出てくるプロデューサーのような大人の都合みたいなところで、当時は現役女子高生だったらしく、そうした清純な身持ちのような状態の人間が、女優のような歌手のようになっていくが、大原の場合は、その後歌手のほうを主体にしているのだろうか。そうみると、YUIのほうがミュージシャンが女優をしたという順序だろうし、大原や藤原は女優と歌手の同時みたいなものか。日本という国では、援助交際という演技や、アダルトビデオ女優という演技もあるのだから、どこまでが演技かわからないが、キスシーンは欧米では挨拶程度なのか。大原も5000人規模のオーディションとは選ばれる意味の人であったのだろう。話に戻ると、プロデューサーは、佐藤健もデビューさせたが、演奏は別の人にさせるという嘘から、別の人をメンバーに出してくれとして、佐藤健の恋人も寝取ってしまい、佐藤健が嘘で付き合った女子高生もデビューさせてしまう。プロデューサーがみんなをかき回しているというか、こうした世界に集めてしまっている。さすがはフィクションの偶然性だが、意外に現実にもあり得ることなのかも知れない気もした。佐藤と大原が対面して、佐藤が正体をばらすシーン「クリプレの秋なんだ」というシーンの後で、大原ははしゃぎ合うことはなく、嘘が入っていたことから、複雑に冷静に向き合う。でも大原は佐藤に言う。「嘘つきではないと思います。音楽を聴けばわかるから」最初の出会いの時に、男の鼻歌を聴いて、女は尊敬の念を抱いていた。
「だから私にとってあなたは誰よりも正直な人です」と語った。そもそも女は男がニートだろうが、なんだろうが、関係なく敬っていた。佐藤健の秋にしても、女子高生を愛してもなくキスしてしまうのだが、音楽に関しては純粋だという。ここら辺に、性を軽く奔放にしてしまった時代の嘘がある。その瞬間は本当だったなどという。瞬間が永遠なら、その前後は一体何なのだろう。永遠とは永遠ではないか。瞬間のわけがない。だが、佐藤と大原がセッションをしているときに、「しまったと思った。好きだと思ってしまった」というような佐藤のセリフがある。性の軽い時代の産物で初めから良い作品になるわけがない時代の中ではあるが、このセッションのシーンはかっこよいと思わせるのではないか。だがこうした時代には当事者が純粋に思っていたら本当だと言われる。キスまでしている中なのに、セッションした男の家では女が歌い、男がギターを弾くセッションだけで、肉欲シーンはなかった。女の存在で男の気持ちが柔和になる。そして男は女のための曲の着想が浮かぶ。
そしてやたら出てくるライバル役が窪田正孝だが、これは恋愛としてではなく、大原への音楽プロデューサーとしてのライバルとして出て来る。しかし大原は、窪田のほうでどんどん進められていく大人の事情についていけず逃げ出して佐藤のほうに飛んでくる。そして佐藤は大原に逃げ出した音楽をまた一緒に向き合えるのではないかと語る。何度もキスシーンが出てしまうのだが、実年齢では6歳差だから24、5の男性だが、女子高生との交際というのは、淫行条例になることもあるのだろうが、そこらへんもいい加減である。佐藤は反町との男の競い合いみたいなものもある。確執があるようでわかっているところはわかりあっているという複雑さ。こんな複雑な生業関係なんて私はしたくはないが。そして女のほうも、佐藤の元恋人で反町の愛人の相武紗季がなにか大原に言って立ち去る。しかし大原も可愛さはあるが、佐藤健の性的魅力から外見上、女のほうが男に憧れてしまうような関係性である。そういう男であったなら私はこんな文章は書いていなかったかも知れないが、佐藤と相武の関係を察するような出来事があって、大原は悩む。男とバランスがとれているのかというところか。しかし窪田は男としてのライバルとしてではなく、音楽家としてのほうまでである。そして佐藤と大原のキスが週刊誌のスキャンダルとして出て来る事になる。そして週刊誌の駆け引きで、反町は佐藤と大原のスキャンダルは隠すが、佐藤と相武のスキャンダルで交換しろと言う。さらに、相武は佐藤が大原と別れるのを条件に、佐藤と相武のスキャンダルとして出して良いとの事。これは、実は相武はまだ佐藤を忘れられなかったという意味合いも持っていたのだろう。しかしその頃の佐藤の気持ちは大原にあったし、大原も佐藤と相武との関係にショックを受けていた。ここで相思相愛のトリックは佐藤と大原にあり、観客は佐藤と大原とのハッピーエンドを望むことになる。これもキスとは言え、キスとは言え?婚外交渉をしているような場面が、複雑にしてしまう。アイドルは無垢であるのに。そして佐藤は大原に少しも好きじゃなくて遊びだったんだと吐き捨てて去ろうとするが、理子(大原)は理子の歌を歌えと最後に言い残す。大原はその場でしゃがみ泣くが、佐藤は去った陰で途方に暮れる。しかし音楽家はなぜかそういう時に曲の着想が現れてしまうのだと言う。そんな曲を佐藤が作っているときに、大原は学校を抜け出して走る。
街では大原のバンドが歌っているのが大きなスクリーンに映し出される。それをみる佐藤。なぜか大原は実家の八百屋の仕事もまだしている。佐藤の家を通った際に、荷物が外に出て見つけ、大原はなぜかドアが開いているのか、合い鍵をもっていたのかはわからないが、佐藤の部屋に入る。あったギターを抱える。パソコンにはバンドの友人たちとの思い出の高校時代の佐藤の姿がある。大原は微笑んだあと泣きしゃがみ込んでいる。そして佐藤が帰ってきた。「どこかへ行っちゃうんですか」と聞いた後、佐藤の大事なベースを持って逃げてしまう。探す佐藤。ここら辺の滅茶苦茶な衝動は好きな女性の男性に対する強い振る舞いなのかも知れない。ここで大切なシーンは、大原に対して、佐藤のバンドの友人の一人が、ずっと友人の一人が、大丈夫だからと大原に語るところであろう。友人という緩衝材。佐藤はロンドンまで飛ぼうとしていたらしい。こんな時代でも日本とロンドンは相当遠いだろう。多分。「出発は来週だってさ」それを友人は大原に教えてやる。
私はキスシーン以上だか以下だかわからないシーンがある映画やドラマは全て平均以下に判断するが、この作品にしても時代の感覚と製作者陣の考え方が影響している。この映画ではそこらへんでキスシーンはやるがセックスシーンはしていない。渋い友人(三浦翔平だろうか)が仕組んで、佐藤と大原は外で再開する。盗っていたベースを佐藤に返し、自身はギターを持って、共に演奏し女が歌う。「嘘をつき続ける僕を彼女は正直な人だと言うんだ」。

Takehiro
Takehiroさん / 2018年2月9日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

めちゃ退屈。

何が面白いかよく分からなかった。。。
今まで見た恋愛系で一番最悪つまらん。
ストーリーのシナリオのせいか演技を
胡散臭くしている。
それとも、役者の演技が下手なのか
よく分からなくなった。。。

最後まで退屈だった。

booooo
boooooさん / 2018年1月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ラストがよい。

ラストがよい。

madoka
madokaさん / 2018年1月13日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

何度も見てる

大原櫻子をこれで知って好きになったんだよなーと思い出す。
それにしてもいつ見ても三浦翔平カッコいいな。歌も好き

スライム
スライムさん / 2017年12月27日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館、VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

原作ファンは見ない方がいい。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

原作(漫画)を完読、王道なストーリー展開で面白かったので映画も観てみた。俳優陣の配置が原作のキャラクターと完全一致(見た目)していたので期待大!おまけに大原櫻子の大ファンなので、さらに期待!していた分、いざ映画を観てみるとがっくし…漫画の映画化ってなんでこう忠実に再現出来ないの?原作とは違う物語として観るのならアリ。
残念なのは、キャラクターの個性の味が映画で再現されていなかったこと。ストーリーが違っても、それだけは再現してほしかったな…
主演の佐藤健はよかった。雰囲気とか、話し方とか。でも、アキってもっと可愛いんだよ。すぐ嫉妬して拗ねたり、音楽バカでちょっと空気読めなかったり、リコにゾッコンなところとか。大原櫻子は最高の逸材。リコの役は大原櫻子にしか出来ない!だからこそ、リコの芯があって真っ直ぐなところ、映画でも表現してほしかったな。あと、シンヤの存在感がまるでなくて驚いた。漫画が完結してから映画化すれば良かったんじゃないかなー。
原作のファンで、ストーリーも、キャラクターも愛しているからこそ、ちょっと残念。
この映画を観て、面白いなって思った方は、ぜひ原作である漫画を読んで欲しい!面白くなかったって方は、絶対読んで欲しい!(笑)

rico
ricoさん / 2017年11月19日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

恋愛映画?バンド映画?

鑑賞したのを忘れて、再鑑賞。

これは、十代の女子高生には感動するのかもしれませんが、この歳になると…。

かっこいいなら、ニートでもいいと思える女の子の気持ちが理解できませんでした。

佐藤健さんだからこそ、成り立つ設定な気がします。

もともと少女漫画なので、仕方がないのかもせれませんが、かっこいい男と可愛い高校生という掛け合わせが微妙でした(笑)

今話題の吉沢亮さんが出演していたことに驚き、そのあまりの若さにさらにビックリしました!

こんなちょい役として出ていたのですね。

唯一良かったのが、窪田さんのメガネ男子でした(笑)

ガーコ
ガーコさん / 2017年10月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

最後が悲しいなー 歌がよかった 話自体はまあまあて感じ

最後が悲しいなー
歌がよかった
話自体はまあまあて感じ

ぱん
ぱんさん / 2017年9月20日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

歌が良い

想像してたのとちょっと違ったけどそれなりに楽しめたと思います
大原櫻子ちゃんの歌が良い

原作未読

美豚のしっぽ
美豚のしっぽさん / 2017年6月8日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

りさがこの佐藤健がかっこいいよというてたので見てみた。 健くんには... ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

りさがこの佐藤健がかっこいいよというてたので見てみた。
健くんにはときめかんかったけど
櫻子ちゃんの歌声よかった~顔もかわいい。
でも長男は歌うたうべきではないな。笑

物語自体は最後のふたりでうたっているときに
りこちゃんが「さよなら」ってつぶやくから
え、これ切ない終わりなんか…と苦しくなってたら
エンドロールのあと、謎のキスシーン^q^ あれなんぞ^w^

いや、くっついてほしかったけど!
でもどっちつかずなかんじって映画的にどうなの!
それなら切ない終わりで割り切っていた方がよかった!!!

と、不完全燃焼でした。

r!eco
r!ecoさん / 2017年5月18日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

大原櫻子を見た

大原櫻子さんの歌が大好きで見ました。
原作は、わかりませんが内容は普通に楽しめました。

歌が好きな人は楽しめると思います。

りょーすけ
りょーすけさん / 2017年3月21日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける 楽しい 単純
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

王道の少女漫画って感じで、若干苦手意識があったけど最後までちゃんと...

王道の少女漫画って感じで、若干苦手意識があったけど最後までちゃんと見れた。主人公の女の子の声が素敵だった。

wadakana
wadakanaさん / 2017年3月8日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

物足りなかった ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

大人気バンドが自分たちで演奏していない、という闇の部分がもっと描かれてれば深い作品になったのではと思うんだが。

理子のバンドも理子以外は代替なんだろうけど、純粋に音楽が好きであろう理子はそれで良しとしたんだろうか、とか、普通に考えて疑問な部分が全く描かれてなくて、だったらこんな設定止めてしまえばいいのに、と思った。

秋がバンドから抜けた理由付けとして必要だったんだろうけど、それはもう少し制作者側で帳尻合わせて欲しかった。

理子と秋に横やりを入れると思われた心也も結局大した役割もなく終わってしまって、なんなんだろう・・という不完全燃焼。

frankie
frankieさん / 2017年1月26日 / PCから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

漫画を裏切らない映画

netflixにて。

映画化されたあと、漫画を読み始めて、やっと映画を観た。

漫画原作の映画はキャストによっておもしろくもつまらなくもなるが、まぁまぁよかった。

漫画にほぼ忠実な映画。理子役の女優さんがいい感じのブサイク感でイメージ通りだった。

みみたろ
みみたろさん / 2016年11月26日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

何度でも観れる

そんな作品だと思います。
少女漫画実写化の成功例ってやつですかね笑
大原櫻子ちゃんの魅力がたくさんつまった映画です。
脇役の方もみんなステキです。

なおとん
なおとんさん / 2016年9月23日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

143件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi