カノジョは嘘を愛しすぎてるのレビュー・感想・評価 (7)

カノジョは嘘を愛しすぎてる

劇場公開日 2013年12月14日
146件中、121~140件目を表示 映画レビューを書く

佐藤健のライアーゲーム、恋愛編

少女漫画を基にして作られた作品としては、なかなか良く出来た作品だったと思いました。
舞台となった音楽業界の光と闇の描き方も良かったですし、当然ながら佐藤健のイケメンっぷりも文句無しでしたから(´∀`*)
少女漫画にありがちな物凄くクサイ台詞連発なのに、これだけ嫌味なく、しかも格好良く見せられる人は、今の日本の若手俳優ではそうそういない存在ですよね。
理子じゃなくとも、思わず守ってあげたくなってしまいましたよ!

でも、佐藤健以上に圧巻だったのは、5000人の中からオーディションで選ばれたヒロイン大原櫻子の元気溢れる綺麗な歌声でしたね。
見た目は極々普通のちょっと可愛い子ぐらいだったので、途中までは正直期待したほどでは・・・な印象だったのですが、一度歌声を聴いたらもうビックリするぐらい櫻子ちゃんの虜に!

まあこのぐらいの歌唱力を持っているプロ歌手の方なんて、実際は掃いて捨てるほどいるんだと思います。
でも、街の雑踏の中でこの声に出会ってしまったら・・それは反町隆史が演じた音楽プロデューサーじゃなくとも、天才見付けた♪状態になってしまいますよね。
これからデビューする新人と言う意味では、これ以上ない美声&歌唱力だったと思いましたよ。

この映画を見ていたら、ふと「タイヨウのうた」で初めてYUIの歌声を聴いた時のことを思い出してしまいました。
監督さんが同じ小泉徳宏監督だったので、後から考えればそれもそのはずなのですが(=´∀`)
きっとこれから櫻子ちゃんは、YUIのように歌手として(目指すは女優?歌手?)大きく羽ばたいて行くのでしょうね。

本題である嘘で始まった恋がやがて本物の愛に変わっていく様子については、いかにも少女漫画っぽかったかな。
理子ちゃんが若いのにあまりにも達観し過ぎていて、リアルではちょっとありえない感じでしたから・・・でも、まあこう言う映画はこれでOKでしょう。
何だかんだで私もキュンキュンしまくりでしたから(*^ω^*)

音楽業界の商業主義・口パク&吹き替え事情など、今の時代に合致したネタも盛り込まれていて、このジャンルとしてはなかなか見応えのある作品になっていたと思いました。

2013年12月26日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  興奮 幸せ 萌える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

才能溢れるヒロイン!!!

りこ役の女の子が可愛すぎる!歌声もとても綺麗で大ファンになりました!
その他配役もぴったり(^ ^)
佐藤健かっこよすぎる、、キスシーンとても素敵でした。
終わり方は賛否両論あるかもしれませんが、私的には満足です!

appllion
appllionさん / 2013年12月26日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 幸せ 萌える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

理子ちゃんの歌声と瞬くんの歌声にやられました

原作が好きで、三浦翔平くん好きで見に行ったんですが、見に行って良かったです

三浦翔平くんはやっぱり格好良かったし大原櫻子ちゃんも可愛かったたまた見たい作品です

あーちゃん
あーちゃんさん / 2013年12月25日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  悲しい 楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

りこちゃんの歌声好き♡

佐藤健の役最初は暗いだけかと思っていたけどなんかとても良かった(*´艸`*)
りこちゃん役の櫻子ちゃんの歌声がもぉヤバイです‼︎‼︎‼︎‼︎‼︎‼︎‼︎
演技もとても自然で良かったです!
バンドなどもいっぱいでてきてカッコよかった(*´∀`)♡
ただの恋愛映画じゃないところがいいなぁと思いました(n´—`n)

Movi-子♡
Movi-子♡さん / 2013年12月23日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  興奮 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

もう一度観たい!

もうすぐ高齢者の仲間入りを間近に控えた、オヤジバンドでリードギターを弾いている男性です。とても清々しい気持ちになれました。きっと、若い人達が観るのでしょうが、爺にも鑑賞に耐えられる、作品でした。
映画の良さは、女優さんをいかに輝かせるかにかかっていると思っているのですが、櫻子さんは、素晴らしかった。あの歌声は、いきものがかりを追い越すのではないのかという予感さえしました。
老も若きにもお勧めの作品ですぞ!

エドノーキー
エドノーキーさん / 2013年12月23日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

秋×りこベース

原作では色々な人達がそれぞれの場所で絡み合ってる。映画では完全に秋とりこ視点のストーリーになってた。まぁ妥当かなーって感じ。
結論:まさくん=心也だったイケめてた

miyatto
miyattoさん / 2013年12月23日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  泣ける 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

突っ込みどころ満載の強引な展開だけど、小泉監督の演出が冴える! ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

 どこかで雰囲気が見覚えのある映像だと思っていたら、監督が小泉徳宏で納得。小泉監督作品で2006年公開の『タイヨウのうた』はとても好きな作品。YUIが“YUI for 雨音薫”として歌った主題歌「Good-bye days」は20万枚を売り上げたことでご存じの方も多いことでしょう。同じ音楽をテーマにした作品として、凄く共通点を感じました。
 あとで触れるとおり脚本は、突っ込みどころ満載の強引な展開。それをワンカットごとに丁寧に登場人物の心情を浮き彫りにして、アラをカバーしてしまう小泉監督の演出の巧みさはかなりのものだと思います。きっと皆さんもこの作品を見ていて、わけもなくグッとくる感情がこみ上げてきたことでしょう。その秘密は、逆光を活かした撮影法や凝ったカメラワークなど巧みな撮影テクニックにあると思います。なかでも上手いのは、間の取り方。突然登場人物から、台詞を奪って、無言の間が数秒続くことも。その空けられた時間に、ヒロインはなぜ『嘘を愛しすぎてる』のか、万感の想いが込められていたような気がしました。

 もう一つ、本作の主役小笠原秋(通称:AKI)を演じる佐藤健の役作りが素晴らしかったです。本来の明るいキャラを一変させ、商業音楽にどっぷり浸り込んで、利益のタマゴを生み続けるブロイラーとなってしまった天才ミュージッシャンの苦悩する姿を、リアルに表現していたと思います。それがあったからこそ、上野樹里のように天然がかった小枝理子の明朗さが引き立ちました。そしてAKIを追い詰める音楽プロデューサー高樹との対比にも際だったものを感じさせてくれました。音楽に対して自信をなくしていたAKIに比べて、自信満々で聞いてくれてナンボのもんなのだと強気が語る高樹の言い分。AKIの失望ぶりが、高樹の商業市場主義もあながち現実として受けとめなければいけない気になってきます。でも、高樹の仕掛けた口パクバンドに、わかっていて曲を提供しなければいけないAKIの辛さもヒシヒシと伝わってきます。デビュー時代あれほど無性に好きだった音楽だったのに、今では生活の糧としていやいや関わざるをえない存在に。「歌う女は嫌いだ」というAKIの胸中も、そのわけもよく分かりました。
 そんな複雑な胸中を佐藤健は見事に言い表してくれていたのです。

 この秋から年末に続けて公開されたラブストーリーで本作が一番良かったと思いました。『潔く柔く』では、長澤まさみの単調な演技に幻滅。『陽だまりの彼女』は上野樹里の演技は素晴らしかったけど、ラストの端折り方が酷くて、ガッカリ。『すべては君に逢えたから』は、『ニューイヤーズ・イブ』のパクリで感動半分でした。

 物語は、傷心のAKIが川岸でふと心に浮かんだ鼻歌に、たまたまそばを通りかかった小枝青果店の店員で女子高生の理子が一目惚れしてしまうところから始まります。鼻歌に恋するなんて変わっていますね。一方のAKIも、あとから判明するのは理子の声のよさに惚れ込んでいたことが判明。ふたりは出会ったその場で恋に落ち、キスしてしまいます
 偶然過ぎる出会いは続きます。
 デートを重ねていくうちAKIは、音楽の情熱を取り戻して表情がガラリと変わっていきます。でも理子に本当の自分として付き合ってもらいたかったAKIは、人気バンドプリクラのメンバーという素性を隠して、名前も咄嗟に思いついた「小笠原心也」と名乗って付き合っていました。なぜ自分の代わりのベーシストとしてプリクラに加入した心也の名前をかたったのか、それはあとで見えてくるようになるのですが、何とも意味深な嘘の付き方でしたね。
 一方理子も、AKIに内緒でバンド活動をやっていたのです。「歌う女は嫌いだ」というAKIの言葉に、そのことを言いだせずにいました。
 理子がバンドの練習をいつもの川岸でやっているところへ、たまたま高樹が通り過ぎます。偶然過ぎるといいたいのは、いつも都合の良すぎるタイミングで高樹が登場することです。そして、理子の歌唱力を耳にしたとき、一発でその才能を直感して、躊躇せず理子にアタックをかけたのでした。理子に「私、失敗しないので!」と口説いたのかどうかは定かではありませんが、あとでそうとは知らないAKIに自慢げに語る「どうしよう俺天才見つけちゃった」という決めゼリフをかます高樹は、充分にドラマの主人公になれそうです(^^ゞ
 けれども、タレント管理や情報調査能力の高い高樹の能力を考えれば、もしかしたら理子のこともリサーチしていて、偶然を装ったように声をかけたのかもしれません。
 その後理子のデビューに障害になると考えた高樹は、二人のキス写真が写真誌に盗撮さられたと証拠写真を見せつけて、AKIに記事をもみ消すから理子と別れろと強要します。あのシーンだって、実は仕掛けたのは高樹だったかもしれないのです。AKIと理子の行動を人を使ってずっと監視するなんてことも、高樹だったらやりかねないキレ者なんですね。

 というわけで、AKIは断腸の思いで、理子のことを諦めて、すべてを捨ててニューヨークに旅立とうとします。それは決して逃げという意味でなく、理子によって再び芽生えた音楽への情熱をたぎらせて、ニューヨークで一からミュージッシャンとして出直す覚悟だったのです。
 そんな事情を一切聞かされていない理子は悲しみに暮れます。けれどもデビューコンサートはどんどん迫ってきます。そんな時プリクラのメンバーから、たまたま渡された1枚のCD。それはAKIが渾身の想いでかき上げたものの採用されなかった理子のためのデビュー曲でした。そして、そこにはAKIの正直な気持ちが綴られていたのです。
 AKIの曲を理子が歌い上げるシーンは、『タイヨウのうた』のラストシーンに似て、ジーンと心に迫りましたね。

 出演者全員が2年前から猛練習して、ライブシーンを吹き替えなしで演奏しているところにもご注目を。本作にかける主演者たちの意気込みが伝わってくることでしょう。

《エンドロールのそのあとに!!!》
 映画でエンドロールが流れはじめると、席を立ってしまう方も多いのでは?
 しかし、公式ムックでも主演の佐藤健さん、音楽監督を務めた亀田誠治さんのお二人が「エンドロールが終わるまで席は立たないで欲しい」と言っています。美味しいものは一番最後に。是非、絶対に途中で席を立たず、最後の最後まで楽しみきってください。
 その最後のシーンではふたりがどうなったのかネタバレされます。そして理子がなぜ嘘をつきまくりのAKIを「正直な人」といい、その嘘を愛しすぎてるのか?AKIの「理子に完敗だ!」と語るラストメッセージを聞けばなるほどと思われることでしょう。
 また、エンドロールにも注目。YUIが雨音薫として映画の曲がクレジットされたように、本作も劇中歌は佐藤健でなく、小笠原秋としてクレジットされていました。

流山の小地蔵
流山の小地蔵さん / 2013年12月22日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 笑える 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

キャストファンなら絶対に見る価値あり。

劇場は女子高生くらいの女の子が圧倒的に多かったが、
私(20代半ばOL)が見ても十分に楽しめる作品だった。
特に、キャストが魅力的であり、
主演の佐藤健・ヒロインの大原櫻子は
かっこよく、かわいく
佐藤健の鼻歌や大原櫻子の歌唱力は見どころ。

ぜひエンドロールの後まで席に座って
見ていてほしい。

なす
なすさん / 2013年12月21日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

まじ感動

カノ嘘ともと見てきたー(*゚▽゚*)
やばいねーw
佐藤健と、三浦翔平カッコ良すぎた( ̄▽ ̄)
りこ役の人歌うますぎるし♡

あー、まじ感動

おっさん
おっさんさん / 2013年12月19日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 楽しい 萌える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

素敵でした♡

原作も読んでいたので
2時間で足りるのかな?
と思っていたのですが
キレイにまとめられていて
よかったです(^∀^)♡
櫻子ちゃんの歌声が素敵で
劇場内で鳥肌たちました!
あきとりこは凄くお似合いで
見ていてキュンキュンしました♡

見て損は無い映画です!

YUCHAN
YUCHANさん / 2013年12月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

原作を見ていないですが

原作を見ていないので比較はできないですが、ひとつの映画作品として大満足でした。
主演の演技力に完敗。すごく泣けました。
オーディションから選んだ新人を起用したからこその新鮮さが半端なく絶妙にマッチングしていました。

KayO
KayOさん / 2013年12月18日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 悲しい 萌える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 3 件)

意外によかった。

たいして期待もせずに見ましたが、不覚にも(?)3回ほど泣きそうになりました。半分はイケメン見たさで行ったのですが、主演の佐藤健君の演技が上手です。ところどころの受け答えの仕方、表情などから、今の若者の感性がよく表れていました。脚本もよかったのかも。
大原さんも初々しくて好感が持てました。これからがすごく楽しみです!気になったのは、相武紗季さんが最近トゲのある役どころが増えたことかな?とってもきれいでしたが…。
でも全体を通して楽しめました。

pipo1015
pipo1015さん / 2013年12月18日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 幸せ 萌える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

素敵な最高なラブストーリー

佐藤健の大ファンで、まず彼ありきで観に行った作品でした。

やられました。とても素敵な作品でした。
つくりがとても 丁寧で、秋(佐藤健)と理子(大原櫻子)
中心でストーリーが進みます。

他にも多くの登場人物が出てきますが、主人公2人を邪魔することなく描かれていたので 2人の中に入り込んで観ることができました。

時には秋と共に感じ、時には理子になって感じ 2人の中に入り込み
鑑賞できました。すごく すごく 2人の気持ちがびんびん 伝わってきて 切なくて 私も恋をした気分になりました。

健君 観るたびに 素晴らしい演技を観せてくれて最高にハッピーです。理子の歌声も素晴らしく、演技もこれでデビューとは思えないほど堂々としていました。

歌も素敵で とにかく 最後まで息をとめて ぐぐぐっと 観ました(笑)

これから観る人へ
エンドロールが流れても最後まで席を立たないでご覧ください。

ともちん
ともちんさん / 2013年12月18日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 萌える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 4 件)

かんどう\(^o^)/ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

もうめちゃくちゃよかった〜♥️
ずっと待ってて公開初日にいってきました♬
あと何回見に行こーかと検討中です!!笑
歌が本当にいいです。
佐藤健もクリプレのメンバーもさくちゃんもMUSH&Co.もみんないいです(๑◕ˇڡˇ◕๑)
ほんとにほんとによかったです!!

しぇり
しぇりさん / 2013年12月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

理子の歌声に引き込まれる

寒い冬に本当にぴったりなほっこりとした心が温まる作品でした。

クリスマスシーズン、大切な誰かと観るにはうってつけです。

原作は全く読んだことはありませんがとても楽しめました。

一人の天才音楽家がある日偶然出会った少女と触れ合うことによって過去に傷ついた心を癒し、もう一度音楽に向かい合い、自分と向かい合っていき、昔の自分を取り戻していくといったストーリーでしょうか。

この映画は本編からエンドロール、そしてエンドロール後まで楽しめる作品ですので席は絶対に立ち上がらない方がいい。

理子の歌、理子の未来を守ろうと理子と別れるという苦渋の決断をせざるをえなかった秋が別れを告げるシーン。あの場面は本当に切なかった。

エンドロールに流れる秋が理子のために作った最高傑作「ちっぽけな愛」。エンドロールで流れるこの曲の詞を聞くだけで理子への想いの強さと、これからの理子の未来を守りたいという想いが伝わってきた。

大原櫻子の歌声は圧倒的な透明感で耳にすっと入ってきてとても気持ち良いと同様に、何か心が和んでしまう。彼女の歌声に引き込まれてしまった。

映画の内容と共に、この映画は音楽のクオリティも非常に高いのでその点も非常に楽しめた。

hiroさん
hiroさんさん / 2013年12月17日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 楽しい 萌える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

少女漫画原作の映画の概念を覆す出来!

いやーよかった!!
今まで観た少女漫画原作の実写映画の中で一番良かった。
余計なギャグ等がないので演出にいちいちきゅんきゅんできた!
特に演出面で秀逸だと思ったのが【小笠原さん】が【クリプレのアキ】として理子の前に現れるとこ!ベタだけど高まる。
キャスティングも違和感がなく、よく集めたなという印象。なんてったって理子がかわいい!アキがアキ!クリプレがかっこいい!
ラブシーンも大いに満足。強いて言うならマリとアキの描写が中途半端かな。でもマリとの恋愛を写しすぎても冷めるから2時間の尺だったら妥当か。

総合的に見ても近年稀に見る良作。
観る価値あり。迷ってる人は絶対に観るべき。

2013年12月16日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 幸せ 萌える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 2 件)

キャスティング最高

原作ファンで見に行きました。
健さんの秋のキャスティングは
どうなのかなーと思いながら
見に行きましたが、
なんの問題もなく、役柄に
演技力で打ち解けていて
本当に素晴らしかったです!
ヒロインの櫻子ちゃんの、
歌声は天声です。
エンディングに歌われる歌に
胸を打たれました。
亀田誠治さんの作詞作曲が
あってこそのものだと思い、
とても感動しました。

あかり
あかりさん / 2013年12月15日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

イイネ!

少女漫画っぽい要素を残しながらの純愛映画

感動 悲しみ
共感したら泣けます

音楽のクオリティも高いので楽器弾きは必見

カクちゃん
カクちゃんさん / 2013年12月15日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

二次元がまんま三次元に!

「潔く柔く」に続き、漫画原作の映画化の映画鑑賞。
ストーリーが明快なので入っていきやすい映画ですね。
ところどころに挟まれた過去場面もすんなり入れました。

特にバンドメンバーや主人公の秋は、漫画から飛び出てきたように格好よくて冒頭の登場シーンから痺れました。
前半は漫画のコマ割りをきちんと意識して人物の角度まで計算されて撮られたんじゃないかと思うほど読み返すと"まんま" です。

完結していない漫画ですから、後半は映画オリジナルストーリーになってますが、それなりにうまくまとめられ続編をも意識したエンディングになっています。
原作者の青木琴美先生も頷いたという佐藤健くんの演技は、瞳の動かし方ひとつだけで彼の心情を表し素晴らしいです。
特に瞬と秋との絡みが好きでした。

もう一度観にいっちゃうかも。

JEMINI
JEMINIさん / 2013年12月15日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  楽しい 萌える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

カノウソ観てきました。

初日舞台挨拶で。
佐藤健くんの演技にはいつも感動させられます。
主人公のアキくんが綴る切ないメロディのような繊細さを上手く表現してくれました。
そして挿入歌はどれもいい曲が揃ってます。
私は特に冒頭のライブに使われた曲でシビれた!
非の打ち所がない、いい感じに仕上がった映画でした。
原作は読んでませんが今のところ心也がお気に入りキャラです。

カイロスに魅了された愚者
カイロスに魅了された愚者さん / 2013年12月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

146件中、121~140件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報