容疑者、ホアキン・フェニックス

劇場公開日

容疑者、ホアキン・フェニックス
2%
23%
56%
14%
5%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

俳優ホアキン・フェニックスが自ら仕掛けたドッキリで、歌手転向を発表しラッパーを目指す自身の姿と、その様子に驚かされる人々の様子をとらえたドキュメンタリー。俳優引退を宣言をし、パパラッチから逃れて引きこもり生活を送りながら、ラッパーに転身しようと奮闘するフェニックスを映し出す一方で、その挙動不審な態度にブルース・ウィリスやジャック・ニコルソン、ベン・スティラーら大物ハリウッドスターが次々とだまされる様子が収められている。ベン・アフレックの実弟ケイシー・アフレックの初監督作。

2010年製作/108分/アメリカ
原題:I'm Still Here
配給:トランスフォーマー

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4

(C)2010 Flemmy Productions, LLC

映画レビュー

3.5ホアキンのキャリアで最も長く、徹底された役作り

2017年6月23日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

悲しい

つくづく奇妙で奇天烈な俳優だ。我々が想像していた通りの、いやそれ以上に問題の多い俳優であることが、このドキュメンタリー風の映像から痛いほど伝わってくる。がしかし、結論から言うと、ホアキンの「俳優やめます」宣言から続く空白の2年間を追った本作は、どうやら全てフェイクらしいのだった。俳優をやめ、下手くそなラッパーになるため関係者を頼ったり、プロや客に才能をけなされ、それでもめげずに夢を追いかけようとする彼。フェイクといえばそれまでだが、しかし人前で歌う姿は実際に撮影したものだし、変人ぶりのままTV番組に出演し、マスコミの取材を受けたのもまた事実。次第に我々にはその境界線がわからなくなり、彼の生々しい台詞にはいくらか「本音」も含まれているように思えてくる。これぞ「事実」と「虚構」の絶妙な溝。これは怪優ホアキンのキャリア中、最も長期にわたる役作りを映し取った劇映画として、今後さらに見る価値を増し続けることになりそうだ。

コメントする
共感した! (共感した人 3 件)
牛津厚信

2.0非支持

2021年2月10日
iPhoneアプリから投稿

オチが予告編でしか分からないなんて。
彼に全米が激怒したなんて知らぬし。
予告でオチをバラされ、如何に本編でオトすか、をこそ期待しつつ観て、肩透かし。
スター凋落実験だが、実は我が国では彼のスター度は低いし。
非支持。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
きねまっきい

3.0芸術としてのレベルが高い

2021年1月16日
スマートフォンから投稿

笑える

興奮

徹底的に馬鹿馬鹿しいこと、無意味なこと、見ていて気持ちの悪いこと、最低をとことんやってみせる、世間をすべて騙して、反応を見て、そこから人間世界を暴き出そうとした野心作。見てられないほどひどい、そしてレベルが高い。こんなの邦画では作れないだろう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ブロディー署長

3.5タイトルなし

lilyroseさん
2020年8月3日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

俳優引退宣言から2年かけ
義弟ケイシーアフレックと撮った
フェイクドキュメンタリー映画
自ら仕掛けたドッキリ!!!!
.
ホアキン史上最狂の名演!?
(最狂はJoker or …)
ホアキンフェニックスの怪演!?
ホアキンフェニックスは怪人!?
どこまでがジョークなのか本気なのか
真意が測りかねる
.
TVリアリティ番組や
ドキュメンタリー番組を真に受ける
(最近は見抜く視聴者も多いけど)
視聴者への皮肉たっぷり💦
.
この作品のあと
大変だったらしい😅
Joker以降に見直された作品
おもしろかった

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
lilyrose
すべての映画レビューを見る(全16件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る