グランド・マスターのレビュー・感想・評価

グランド・マスター

劇場公開日 2013年5月31日
53件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

イップマンの作品はドニー・イェンの映画が最も面白い!

 ゴン・パオセンがイップマンを選んだために、娘ルオメイ(チャン・ツィイー)がイップマン(トニー・レオン)と戦う。六十四手拳という奥義だったが、勝負はとりあえずルオメイ。そしてマーサンは師匠に勝負を挑み、師匠を殺してしまったために、ルオメイが復讐心を燃やす。ルオメイとしてはカンフーを継ぐつもりはなかったのに、マーサンを殺すことだけを考えていたのだ。

 一方のイップマンは香港に渡り、貧乏ながらも弟子を着々と集めていく。カミソリ(チャン・チェン)も香港に亡命し、戦いで名を上げて、理髪店で弟子を増やしてゆく。

 格闘シーンはスローモーションが多すぎて、カンフー映画としては面白くないのだが、効果音やら人間以外の映像で楽しませてくれた。チャン・ツィイーはやっぱり綺麗だし、動きもまだまだイケる!問題はストーリーで、前半の抗日戦争までの部分はまとまりがあるのだが、後半になると、史実をまとめ上げようと説明調になっている。イップマンとルオメイの人生は簡単にわかる作りではあるが、カミソリの存在が浮いてしまっている!一体何者なんだ・・・

kossykossy
kossykossyさん / 2018年11月11日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

絵5・内容0、というわけで2.5

こだわり抜いた(?)映像は素晴らしいと思ったし、随所に挿入されるイメージ映像も効果的(?)だったように思う。話が想像以上に壮大すぎて、大ざっぱには理解できたけれど、正直よく分からん!といったところ。唐突な回想やイメージが多すぎるので、ごちゃごちゃした作品だと思ってしまった。
映像と音楽は凄く良くて、話が分からなくても楽しめるような気がした。シリアスなんだけど、笑えたし─。
あくまで伝記なんだろうけど、映像がスタイリッシュで非常に幻想的に感じるところが大きかったので、リアリティーに欠け現実離れしていて、題材と作風が乖離してしまっているような印象だった。
絵はホントかっこいいと思ったけれど、面白くなかったなー。

SH
SHさん / 2018年9月26日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

グランド・マスター

ハイブリッド、不均一、特に迷惑な。 Wong Kar Waiはセルジオ・レオーネのような彼のフレスコ画を生み出すことを夢見ていました。それは本当に欠けている。そのような主題に関しては、それは陳凱歌または張イモウであろう。ウォン・カル・ワイは、彼の永遠の視覚的なティックスを美学的または音楽的なものとして奪い、すでに見たレジスターを再開したい。広告画像。私たちがあまり見ない雨の中で戦う。また、キャラクターやナレーターが話すたびに、あいまいな知恵を隠すような空想のような中空のフレーズを壊すことになります。あなたが黙っていなければならない時、それはあまりにもおしゃべりです。ちょうど胸が痛いだけでなければならないときはあまりにもきれいです。 2人の主人公の関係に親密でなければならない時は、あまりにもドキュメンタリーです。剣のストローク、またはむしろキックを水中で。

Fayçal
Fayçalさん / 2018年9月21日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

カンフーは興味なし(^-^;

ウォン・カーウァイ監督、カンフーは興味なし(^-^;

美しすぎるチャン・ツィイー
「初恋のきた道」の時はまだ少女だった

mamagamasako
mamagamasakoさん / 2018年8月20日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

恋愛映画普段撮る人がカンフーとるとこんな感じになるのか

「恋する惑星」の王家衛が撮った作品。

葉問シリーズはドニーイェンのヴァージョンが気に入って
これも見てみたが、カンフーシーンは迫力があって素晴らしい。

ただイップマンがやや高慢な感じがする。ドニーイェンバーションは慎ましく、秘めた実力が滲み出していた。

やや本作のイップマンはそう言った凄みが欠けている気がした。

またカミソリというキャラは何故シーンとして存在しているのか分からなかった。掘り下げたら面白そうではあるが、展開上あまりつながりがない。

恋する惑星方式のアドリブだったらまだしも脚本がちゃんと存在して
このリンクしていないのはやや勿体ない。

なんだろう、半端な作品ではないか。惜しい

shosho5656
shosho5656さん / 2018年8月16日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  興奮 難しい
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

たいくつ

戦争のせいや。

タウンマーチ
タウンマーチさん / 2018年7月24日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

イップ・マンの映画なら『葉問』に匹敵するアクションを期待するわけで...

イップ・マンの映画なら『葉問』に匹敵するアクションを期待するわけですが、血湧き肉躍る激闘が一切ない、というか敵が全部ザコのチンピラばかり。イップ・マンと言えばブルース・リーの師匠ですから当然ブルース・リーネタがあるわけですが小さな子供を愛おしそうに眺めるシーンがチラっとあるだけ。エンディング前にリー師父の言葉もバーンと出ますが、その辺を知らない人には全部チンプンカンプン。クンフースターではないトニー・レオンに長尺の殺陣ができるはずもなくカットを細かく刻むしかないのは解りますが、スローモーションを多用したセンスとリズムの悪い編集でせっかくのユエン・ウーピン師父の殺陣指導が台無し。佛山を占領した日本軍と戦うこともなく香港に移住してチンピラを弟子に取ってみんなで記念写真・・・というかやたらと集合写真撮るんですよね、SNS好きなんですかね。やたらとモノローグと字幕で説明が入るのも興ざめ。時制の入れ替え、舞台セットの色彩センス、カメラアングル、何もかもがダサくて冗長で退屈。こんなのはクンフー映画ではなくて北川悦吏子監督・脚本のラブロマンスもどき、自身の見る目のなさを猛省しました。

よね
よねさん / 2018年5月22日 / PCから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

初見

ウォン・カーワァイ監督らしさがチラホラ見え隠れw映像とチャン・ツイィーが美し過ぎ^_^

もーみん
もーみんさん / 2016年10月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

チャン・ツィイーの

存在感が素晴らしい。

しかも、とても綺麗で美しい。

REpower
REpowerさん / 2016年6月14日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

美しい

映像もチャンツィーも美しい。

Mana
Manaさん / 2015年12月29日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

微妙

微妙

もりや
もりやさん / 2015年10月26日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

映像の美しさを求めたのか、カンフーシーンにスローモーションとカット...

映像の美しさを求めたのか、カンフーシーンにスローモーションとカットを多用して、退屈な映画になってしまってる。雨の中のシーンはかっこいいとは思うけど、もっとアクションにも力を入れてほしかった。

もともとカンフーとるような映画監督じゃないとしても、もう少し面白く見える工夫をしてほしい。ストーリーも、浅くて、
ドニーイップマンと比べたくないが、あちらのほうが数倍おもしろい

コミューズ
コミューズさん / 2015年10月2日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

まあ面白い

スロモーションのシーンとかアクションシーンが美しい。けどストーリー展開がそんなに面白くないかな。

素子
素子さん / 2015年5月22日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

イップ・マンの1,2のほうがおもしろい ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

イップ・マンが好きだったので借りてきて観ました。アクションは悪くなかったですがスローのシーンが多すぎて微妙です。イップ・マンでドニー・イェンが決めた超高速打撃の詠春拳のほうがずっと興奮しました。チャン・ツィイーが素晴らしく美人なのは良かったです。カミソリとか言う奴もよくわかんないし、エンディングも悲しいですね。

てけし
てけしさん / 2015年2月7日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

アクションがかっこいい!

チャン・ツィイーのアクションや役がとても綺麗でした。アクションシーンはやっぱりとてもかっこいいです。すごかったと思います。

はる
はるさん / 2015年1月31日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

カーウァイによる自身へのオマージュか

 ウォン・カーウァイ監督による初めてのカンフー映画。
 表面的にはカンフー映画なのだけれど、物語の本筋はこれまでのカーウァイ作品と同じく愛と邂逅。
 いくつかのシーン、音楽の使い方で、過去のカーウァイの映画をほうふつとさせるものがあった。
 とくに、トニー・レオンが妻の脚をマッサージするシーン。「恋する惑星」でも、彼はフェイ・ウォンのふくらはぎをやさしく揉んでいた。
 そして、チャイナドレスに身を包んだチャン・ツィイーが優雅に歩くシーンとそのBGMは、「花様年華」を思い出させる。また、ツィイーが壁に向かって何かを言っているシーンも、同作でトニー・レオンが木の穴に向かって秘密を語るシーンと重なる。
 カーウァイは、アイデアの枯渇を自覚して、過去の作品からの引用を決め込んだのか。それとも、自作の引用で一本の映画が作れるほどに、自分はもう巨匠、あるいは名匠と呼ぶにふさわしい映画監督なのだという宣言なのか。
 そのどちらにしても、これからも新しいジャンルに挑戦して、カーウァイ風味の作品を撮り続けて欲しい。

よしただ
よしたださん / 2015年1月20日 / PCから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

老いたりウォンカーウァイ、ただのオナニー映画に・・

ただの自己満足オナニー映画になっております。

映像美の動画集】では有りますが・・。
素晴らしい映画】では有りません。

・・ただただ残念(つД`)ノ

えびかに伯爵
えびかに伯爵さん / 2014年11月6日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  寝られる
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

再編集版を希望!

カンフー映画に特別な思い入れもなく、これはあくまでもウォン・カーワァイの新作として観たので、ウォン・カーワァイがカンフーを撮ったらこうなるという意味ではとても説得力のある、納得の出来。
あくまで個人的には。

一方、期待外れだったという人の意見もよく理解出来る。
スローモーションはちょっと使い過ぎだしアップも多すぎていくら何でももうちょっと違う見せ方もあっていいんじゃない?と思うし、イップ・マン、ルオメイ、カミソリのエピソードが上手く絡んでいるとは言えない(特にカミソリのエピソードは全体から浮き過ぎているし、彼がどういう人物なのかも説明不足だと思う)。
でも、これがウォン・カーワァイだと言うことも出来ると思う。
駅のホームでのルオメイの仇討ちのシーン、カミソリの格闘シーンは美しくスタイリッシュで文句なしにウットリ出来る。
まあ、だからこそ、欠点もまた目立つ。

聞くところによると、イップ・マンとカミソリが絡むシーンは、撮影はされたらしいから、もうちょっと三人のエピソードが上手く絡む再編集版を期待したいところです。

arakazu
arakazuさん / 2014年7月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

話も画面も焦点が合っていない作品。

酷かった。

まずアクション全般、酷かった。
様々な流派が入り乱れて闘う本作。
流派によって型が違うため流派の組み合わせでシーンの個性が出て飽きない…はずなんですが。。
全編通して、ズーーーッと同じ感じ。
雨・雪が降る中でスローの打撃シーンが続き打撃が当たると如何にもな感じで建物やインテリアを壊しつつ吹っ飛んでいく。
スロー演出を使うこと自体は否定しませんが多用にウンザリ。
また同時に動きのスピード感を出そうとした結果、打撃が当たる瞬間のコマを敢えて飛ばしており悪い意味で画面に酔います。
中盤辺りから気分が悪くなりました。

そして話も酷かった。
後にブルース・リーの師匠となる葉門が主人公と思いきや実は八卦掌の使い手である宮若梅がメインと思しき構成。
そうかと思えば、突如登場したカミソリなる謎の男の話も摘み喰い。
主要登場人物の話が断片的に語られ或る時点で交差しますが、両者が関係する流れも理由も意味不明。
上映時間130分もあるのに全体的に説明不足。
殆どの登場人物に感情移入できませんでした。

唯一の見所は、宮若梅を演じるチャン・ツィイーの凛とした雰囲気。
これだけは一見の価値がありますが130分を耐える割には収穫は少な過ぎると言わざるを得ません。

功夫アクションが好きで堪らない方のみ。
オススメです。

Opportunity Cost
Opportunity Costさん / 2014年5月23日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  単純 寝られる
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

チョット残念

もっとカンフーシーンがあるのかと思ってたから、あまり無くてチョット残念でした(T_T)映像はとても綺麗でした!

asuna
asunaさん / 2014年3月25日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

53件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報