ライク・サムワン・イン・ラブのレビュー・感想・評価

ライク・サムワン・イン・ラブ

劇場公開日 2012年9月15日
12件を表示 映画レビューを書く

都会の片隅で擦れ違う老人と若者の葛藤

年老いた元大学教授が、話し相手を求め、デートクラブを通じて女子大学生を家に招き、孤独を忘れようとする物語。

監督は『桜桃の味』でカンヌ映画祭パルムドールを受賞した巨匠アッパス・キアロスタミ。

日本の都会なのに妙に異国の香り漂う夜のざわつきは、ソフィア・コッポラの『ロスト・インストレーション』を思い出した。

しかし、日本文化を茶化すようなおフザケは一切無く、街の片隅で触れ合う老人と若者の距離を静寂に描き出している。

家族と疎遠な老人に対し、コールガールも上京した祖母を置き去りにした罪悪感を抱いており、寂しさを淡々と語るやり取りが微笑ましくもあり、痛々しい。

会話と周囲の雑踏、主人公と他人の表情、安心と不安、甘えと脅え、そして、街の景色etc.互いの間の取り方が実に絶妙。

外国人監督なのに、日本映画として全く違和感が無かったのは、類い希なるバランス感覚の良さに表れていると云えよう


また、彼女の恋人で老人を祖父と勘違いし、知り合う男を演じていたのが、邦画の第一人者・加瀬亮。

『アウトレイジ』シリーズで神経質なヤクザを怪演していたが、今作でも根はイイ奴やのにキレると手が着けられない凶暴な若者を切れ味鋭く疾走。

全体的に大人しいムードに波乱を投じ、最後まで緊張感を維持させる貴重な存在を発揮している。

老人の嘘が遂にバレ、3人のキャッチボールの顛末を見届けたかっただけに、途中で断ち切れてしまったのが残念無念。

嫌いではなく、むしろ好きな部類だが、一概にオススメはできない。

今年観た中でも珍しい後味の映画である。

では最後に短歌を一首

『夜出逢ふ 後ろめたさに 交わす嘘 桜浮かべど 沁みる簪(かんざし)』
by全竜

全竜(3代目)
全竜(3代目)さん / 2016年10月14日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

完全に期待はずれ

ストーリーの展開そのものには特に無理はないけれど、取ってつけたような隣人のコメント、最後の修羅場の野次馬の音声などは不自然さ満載だった。教授のアパートのインテリアのみ好みではあったものの、リアリティは…???

rie530
rie530さん / 2015年9月5日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

恐怖とシュールの波状攻撃 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

キアロスタミ正直苦手!
しかしこの作品では冒頭、画面オフでの女の電話中の会話から、やがてでんでんが登場し説得をする。
タクシーに乗りおばあちゃんを確認する切ない場面。怪訝なタクシー運転手の顔。やがて到着しての二人の会話。
この一連の流れは、画面構成が「ガチッ」と嵌まり。更に会話の流れも、普通の脚本家ではなかなか書けない様な会話に満ち溢れ。何処までが脚本に沿っていて、何処までがアドリブなのか?それらの違いが解らず、物凄くスリリングだった。「これはとんでない傑作か?」 とすら感じた。

場面は変わり加瀬亮が登場し…この辺りから映画は段々とあらぬ方向へ。「ヤバい!何かウザいぞ…」

その後、加瀬亮をも上回るウザい隣人のおばさんが登場。「もうどうなるんだこの映画!」と思ったら、やって来た‘あの男’

あれ?あれ?マジっすか?
これまでのキアロスタミ作品の中では比較的好きな部類ですけどね。
結局何だったんだろう?との疑問が沢山残ったなあ〜。
※上映終了後、渋谷の雑踏を歩きながら頭を整理させていたら、元スパイダースの井上順とすれ違う。…何てシュールなんだ!

(2012年9月22日/ユーロスペース/シアター2)

松井の天井直撃ホームラン
松井の天井直撃ホームランさん / 2015年8月14日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

雰囲気は悪くないが

キアロスタミらしい日常を見ているカのような自然なカメラワーク。加瀬亮の凶器のみが印象に残り、作品としての深みは感じられず残念。

ガク
ガクさん / 2015年4月24日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  怖い
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

居心地の悪さがクセになる

老大学教授タカシは、高級デートクラブを通じて、亡き妻似の女子大生・明子を自宅に招く。
高級デートクラブでバイトする女子大生・明子は、駅で待つ祖母を気にしつつ、仕事を優先する。
明子の恋人・ノリアキは、明子となかなか連絡が取れない事に苛立ち、タカシを祖父と勘違いする。

恋慕や嘘、嫉妬、勘違い…3人の運命が絡み合う。
ドラマチックな出来事は起こらない。
ある夜から翌朝までの3人が辿る一コマを切り取り、淡々と見つめたような展開。

どう伝えたらいいか分からないが…、見ていて、居心地の悪さを感じる映画である。
タカシの年甲斐も無い恋慕は何だか哀しい。
明子の優柔不断な振る舞い。
DVチックなノリアキの性格。

設定や状況説明もほとんど皆無。
極めつけは呆然必至のあのラスト。
途中で退屈しそうだな…と思っていたが、しかし思いの外作品世界に引き込まれた。
こそばゆいような居心地の悪さがクセになる、不思議な映画。
好き嫌いは確実に分かれる。

84歳で映画初主演の奥野匡が枯れた味わい。
ちょっと小悪魔的な高梨臨が可愛い。戸田恵梨香に似ている。
加瀬亮はさすがに巧い。

監督はイランの名匠アッバス・キアロスタミ。
外国人による違和感ある日本描写は全く無く、日本のインディーズ監督が撮ったような名演出。
才ある人は違う。

近大
近大さん / 2014年11月1日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 怖い 知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

誰かにそっとゆるされたい

そっとやさしく誰かに守られてる感覚が好き。
極端に走りがちな若いふたりと老いた男の淡い恋心の対照が微笑ましい。
やさしい老人を切なく感じるのはなぜだろう。。

muffin
muffinさん / 2014年6月29日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  単純 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

夢物語を打ち砕くリアル ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

上京早々デートクラブでアルバイトを始める大学生のアキコ。彼女はデートクラブのアルバイトをずっと続けるつもりはないだろうし、学生の身分にしたところで期間限定で、恋人ノリアキに対する態度も煮え切らない。中学を卒業して早く社会に出たノリアキは彼女と結婚を望むが、彼女はまだ猶予期間の中にいて、きちんと彼に向き合うことすら出来ない。アキコを指名する元大学教授のタカシはアキコの中に亡き妻、疎遠になってしまった娘の姿を見ていて、現実を見ていない。だからアキコとタカシ二人の距離が縮まって行くのもある意味必然。
ラストの展開は一見唐突に見えるが、二人に比べて圧倒的なリアルに生きるノリアキによって二人のつかの間の夢が破られるのもまた必然なんだと思う。
街の喧騒や車のエンジン音が印象に残るのは、いかにも、A・キアロスタミらしい。
特段外見を変えているわけでもないのに、ノリアキという人物をリアルに感じさせる加瀬亮が相変わらず巧い。

arakazu
arakazuさん / 2013年12月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい 知的
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

日本人の悪い意味での嫌らしさ

日本人の悪い意味での嫌らしさ全開(笑)

曖昧な態度とか、決めつけとか、無関心さとか、必要以上に相手に依存してる感じとか(それぞれの人物が)。

キアロスタミ監督はいつの間にこんなとこ見てたの?
他の国でも同じなの?

イラン人監督が撮った、非常に「日本人」らしい映画。

華co
華coさん / 2013年12月5日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  怖い 知的 難しい
  • 鑑賞方法:映画館、CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

時空を越える老若男女の恋模様

いきなりのラストに、しばし茫然。「シャンドライの恋」の幕切れをふと思い出した。しかし、エンドロールにかぶってきたのは甘い音楽。思わず顔がほころんだ。これはやはり、犬や蓼が顔を出しそうなたぐいの物語なのだろう。そしてもしかすると、まどろむ若い女と、夢見がちな老人が垣間見た幻が重なり呼応した、一瞬の夢かもしれない。リアルに見える渇いた映像、淡々とした語り口に、観る者も惑わされ、不可思議な世界に迷い込む。
メインの三人はもちろん、この作品に登場する人々は揃いも揃って不穏さをまとっている。大学生アキコに訳知り顔に説教する男(でんでん)はデートクラブの元締めだし、元大学教授タカシの隣人女性のねばっこさは、声だけでも鳥肌もの。アキコを乗せるタクシー運転手やたまたま出会うタカシの教え子さえ、「何かある」気配を漂わせ、観る者の心をざわめかせる。(…そもそも、「何もない」人などおらず、それぞれに事情を抱えていて当然なのだが、私たちは時に自分だけが特別に思え、周りが見えなくなる。)そして、それぞれに後ろめたさを抱えるメインの三人。言葉や行動で相手を威圧し、自衛するノリアキ、自分からは決して動かず、のらりくらりと浮遊するアキコ、そんな二人にかかわり小さな嘘をついたことで、抜き差しならない状況に陥っていくタカシ。もつれた糸は、絡まっていくばかりだ。
いいトシした大人の男女が妄想・暴走する前作「トスカーナの贋作」には少々引いてしまったが、今回は、「若さ(老い)ゆえ」と多少の逸脱が許容されそうな若者と老人が主人公、という点がいい。身勝手なはみだしっぷりも、かつての記憶をくすぐられ、ある意味壮快。呆れつつもいつしか引き込まれ、彼らの行く末をあれこれと夢想してしまった。彼らのうち、誰に嫌悪し、いらつき、はらはらし、(多少なりとも)共感するか。そんなところから、観る者の本性さえ暴かれそうだ。
冒頭の繰り返しになるが、アキコやタカシのまどろみは、物語を夢と現実の世界へ融通無碍に行き来させる。さらにこの物語は、時間や場所さえも軽々と越える。はじめのうちこそ、深夜まで街頭で孫娘を待とうとする祖母の時間感覚に驚いたが(私の周りの年長者は、日暮れを合図に帰宅し、9時10時には就寝している。)、「待ち合わせの駅の銅像」として渋谷のハチ公ならぬ家康公(静岡駅?)が現れるという肩透かしに絶句。時間や場所にこだわらず、映画の世界に浸り愉しめばよいと悟った。看板や標識など細かな文字情報からロケ地の見当がついてしまう日本人ゆえかもしれないが、渋谷、静岡、横浜、青山…と瞬間移動を繰り返しつつ物語がなだらかに進む点が、地に足のついていない彼らを象徴するようで面白い。
観たあと、あれこれ考え、はっとし、ニヤリとさせられる。久しぶりに、映画らしい映画を観た。

cma
cmaさん / 2012年12月2日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 興奮 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

リアルでありながらリアルでない空間と時間。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

キアロスタミはズルい・・・(笑)。
観客に何も情報を与えてくれない。観客どころか演じる役者にさえ、その日撮影分の数行のセリフだけを渡して、その役の過去も数秒先の未来も教えなかったそうだ。だからこそなのか、この“日常風景”がリアルでありながらリアルでなく、日本でありながら日本でないような、摩訶不思議な空間と時間を形成しているのは。
前作『トスカーナの贋作』で、嘘とも真ともつかない男女のラブストーリーを生み出した監督が、今回舞台に選んだのは「日本」。かといって監督は、外国人が観る日本を描きたかったのではなく、ましてや本当にリアルな日本を描きたかったわけでもないのだ。前述のとおり、本作の舞台は日本でありながら日本ではない。むしろアメリカでもフランスでも、もしかしたらイランを舞台にしていても成り立つ(国家情勢でこれはムリだろうが)、ごくごく平凡な男女の平凡な物語なのだ。しかしその「平凡」さは、登場人物の心理なり生い立ちなりの詳細情報があってこそだが、キアロスタミはそれを我々に教えてはくれない。観客は画面を追いながら彼らの過去や心理を必死で推測することになる。
主要な登場人物はわずか3人。80歳を過ぎた権威ある元大学教授。デート嬢のアルバイトをしている女子大生。若くして自動車修理場を経営しているその恋人。あらすじと呼べるものを敢えて書くとしたなら、老教授が自分の妻に似たヒロインを自宅に招き、翌朝彼女を大学まで送っていくと、そこに嫉妬深い恋人が待っていた。3人の2日にも満たない物語だ。しかし、何故老教授は彼女を自宅に招いたのか?肉体関係を前提としていないことは確かなようだ(それすらも明確な答えはない)。老教授の真意も判らなければ、ヒロインが何を考えているのかも解らない。田舎から出てきた祖母を駅に待ちぼうけさせたり(この祖母が何故東京に出てきたのかも分からない)、ストーカーのような行動をとる恋人に対しての気持ち(本当は愛しているのか?ただ恐れているのか?)も解らない。意味ありげな行動をとる老教授と、優柔不断なヒロイン。その中で唯一単純な行動をとるヒロインの恋人。彼は嫉妬深く、怒るとすぐ暴力をふるう。結婚さえすれば彼女と上手くいくと信じている。彼だけが観客に自分のことをアピールして来る。彼の存在だけがやけにリアルだ。彼の行動によって物語が進展しているといっても過言ではないだろう。観客は彼の行動の先を読んで、老教授に起きることを想像する。しかし、キアロスタミは我々の想像を超えた展開を用意していた。それはクライマックスでいきなり物語を終わらせるというもの。唐突に切れられた物語に唖然としながらも、エンディングを聴きながら、我々は高速回転でその後の展開を想像することになる。
しかしその想像に正しい答えはないのだ。1つの展開を想像すると、また次の展開を想像する。頭の中には、最悪の悲劇も、何も起こらない結末も、安易なハッピーエンドも、種々様々に想い描くことができるのだ。
本当にキアロスタミはイジワルだ。イタズラをしかけて喜んでいるに違いない(笑)。罠と解っていながらその魅力に抗えないキアロスタミ・マジックの虜になるファンの何と多いことか(私も含めて)。キアロスタミは、今後もきっと様々な罠を仕掛け、観客を魅了し続けるのだろう。

Chemy
Chemyさん / 2012年10月1日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

時代遅れのステレオタイプに見えたが、音楽は良かったね! ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

映画は本編を最後まで自分の目で確かめて観てみる事が大切だし、好きとか、嫌いとか、観終わった印象とか、感想だけでは、映画の良し悪しは決して判断出来ない事を再認識させられた作品だった。
本作を個人的な感想で、好きか嫌いかと言えば、この映画は私には向いていないと答えるか、好きになれずに面白くなかった作品と言う映画の部類に入るのだが、この映画が終わった瞬間劇場の中の誰かが、「あー面白かった!すごく良かったね!」と一緒に観に来ていただろう友人に同意を求めている若い人の声が聞こえたのだ。
映画とは誠に不思議な生き物である。野球などのスポーツと違って、決まったルールが無いために、芸術と呼ばれる文学や映画や音楽、絵画というおよそ、アート作品の類いの物は、観る人、個人個人の感性にピタリと合うか、合わないかで、その作品の評価が大きく分かれるところが有るのである。
そして、私も学生時代には、映画が終了した時に、「あれ?この映画何が言いたかったの?」と観ている間に自分で予想していた結末と違う終わり方にぶつかったりすると、じっくりと考える時間が必要になって、「これは、現在学生の自分には決して理解出来ないけれど、何時か大人になった自分が見直したら解る映画かも知れない」と判断する事も決して少なくは無かったし、そう言う映画を自分は、‘宿題映画’と名付けていたものだ。しかし段々と長生きをしてくると、何となく自分では理解出来る様な気になってしまう映画も増えて来て、今現在観る殆とんどの作品で頭を抱え込んで悩んでしまう作品に出会う事が激減したが、それとは裏腹に、中学生や、高校生の心理を描き出す様な作品は、「え~そぅなの~今の若い人の気持って自分達の学生の頃と違うのかな?」と最近はまた別の意味で、宿題作品が出て来るようにもなっている。
この作品も、あの「友だちのうちはどこ?」キアロスタミ監督作品で、期待が大きかったのかも知れないが、「これって、ちょい違うかな?世界中の人間の共通した普遍的な感情を描いた作品か?」と頭を捻りたくなる作品だったと思うし、しかもこれって今の日本人の感覚では決して無い気がした。大体、今時、街中で公衆電話ボックス見かけないし、「デリヘル嬢」のチラシが公衆電話ボックスに貼って有った時代は20年位前だし、今時の若い女子は、援助交際何てバカな事していないと思うし、もっと贅沢な物欲しいと言う物欲一点張りから、倹約縮小型のエコ生活派の、現実主義の学生へと時代は変化したと思うのだけれども、その分夢の少なくなったと言えるところも有るけれど、より身の丈を考えて生活する、草食系男子とでも楽しんで付き合える、JKが普通なのではないだろうか?
そして実力主義型の中卒男子は車の整備工場経営者であるけれど、自己の感情を抑えられずに、女子供に迄暴力を振るう野蛮人、一方援助交際で、女子高生や女子大生をお買い上げになるのは、高学歴の元大学教授だとは、こんなステレオタイプのキャラクター設定こそ、時代錯誤もいいところだ!しかも、東京を舞台にしてこれを普遍的な人の悲哀を謳い上げている世界観と呼ぶのだろうか?死を間近に感じ取る孤独な男ヤモメの淋しい、かりそめの恋への渇望と言うには、余りにも、日本人の意識を低く見下げていないだろうか?
311を経験しても、今直、へこたれずに、前向きにひたすら、日々頑張って生きている日本人の事を彼は本当に見てくれているのだろうか?残念でならない!

ところで、他の方も、レビューでも指摘が有った、この映画の東京の何処かの駅だと言う駅前ロータリー広場の、古めかしい武将の彫像がある駅は絶対都内23区の駅前には存在はしない。きっと金沢辺りの規模の地方都市の大きな駅前広場の様に感じるのだが、きっと城下町など、城の残っている地方都市の駅前広場ではなかろうか?
本当にロケ現場が気になるね!
教授の家は横浜の外れ辺りかな?
物語の基本の起承転結と言う流れで観てもこの作品、起起起承転・作者自身も解らなくなってしまった感じの無理矢理感満点の強制終了と言った感じのエンドマークになった気がしたのだが?この映画他に観た人の感想が是非聞きたいものである!

Ryuu topiann(リュウとぴあん)
Ryuu topiann(リュウとぴあん)さん / 2012年9月29日 / PCから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ある種の居心地の悪さ。

観終わった後、ソフィア・コッポラの「ロスト・イン・トランスレーション」を観た時のような居心地の悪さを感じました。それは日本のロケ地をパッチワークのように貼り合わせていき、その結果、無国籍風の映画になってしまった、ということを指しています。しかし、そうは言っても、この監督が敬愛する小津安二郎風の静けさを感じさせる演出方法やこの監督特有の重大な事態が水面下で進行しているにも拘らず、その事態を生々しく描写することはせず、周辺の些細な出来事を積み上げていくという手法は健在でした。気になったのは主役の高梨臨がタクシーに乗って新宿、歌舞伎町を通り過ぎた後、戦国武将の銅像が立つ立派な広場のまわりを回るシーンがありますが、あれはどこの駅の広場なのでしょう。少なくとも都内ではない筈です。あんなに広い広場を作られるだけのスペースは都内にはない筈です。話を元に戻しますと、最初からずっと静けさに支配されていた映画だっただけに、最後の大爆発は意外でもあり、疑問でもありました。一体、どういうことなのでしょうか。謎です。それでも、最近の暴力まみれのハリウッド映画や日本映画よりは遥かにましではありますが・・・。

bashiba
bashibaさん / 2012年9月22日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  笑える 怖い
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

12件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報