プロメテウス : 映画評論・批評

メニュー

プロメテウス

劇場公開日 2012年8月24日
2012年8月22日更新 2012年8月24日よりTOHOシネマズ日劇ほかにてロードショー

閉ざされた未来の3D映像がその閉ざされた空間に見事にマッチする

70年代の終わり、ハリウッド映画の何かが変わろうとしていた。それまでの映画作りのシステムが行き詰まり、制作側も観客側も「新しい映画」を求めていたのだろう。そこに登場したのが、「エイリアン」「ブレードランナー」といったSF作品だった。リドリー・スコット監督によるそれらは、もはや誰もが夢見ることの出来なくなった未来をその暗さとともに描いたことで、その後のSF作品の語るべきひとつの道を切り開いたのだった。

それから約30年。フィルムからデジタルへ、2Dから3Dへと映画を支える技術が大きく変わろうとしている今、リドリー・スコットが作り上げたのはやはり決して遠方へと開かれない、閉ざされた未来の姿だった。3D映像がその閉ざされた空間に見事にマッチする。その先無しの行き詰まり感がスクリーンの向こうから飛び出してきて、見ているこちらの身体を包み込むのである。

物語は21世紀末を時代設定にした惑星探索の顛末なのだが、いくら光速で世界の果てまで行ったところで過去にたどり着くだけだというパラドックスが、酷く陰鬱な空気とともに示される。これ以上行き先無しの未来が奇妙な懐かしさとそれ故の胸の痛みを伴って、語られるのである。何だろうかこの身体の疼きは。生まれる前の記憶を呼び起こされながら宇宙の彼方へと放り出されるような。映画とともにたっぷりと旅をしてたっぷりと疲れた。

樋口泰人

関連コンテンツ

特集

この夏、人類の歴史が覆される──巨匠リドリー・スコットが全身全霊をかけて挑む《究極の謎》=人類の起源
特集

「エイリアン」「グラディエーター」のリドリー・スコット監督が、これまで描かれてこなかった“人類史上最大の謎”に迫るミステリー超大作「プロメテウス」が、いよいよ8月24日に公開される。数々の金字塔をうち立ててきた名監督が、“全人類”に向...特集

インタビュー

ノオミ・ラパス 初対面から感じていたリドリー・スコット監督との深い絆
インタビュー

「エイリアン」「グラディエーター」のリドリー・スコット監督が“人類創造”の謎に迫るミステリー超大作「プロメテウス」が8月24日に日本公開。過酷な運命に立ち向かう新ヒロインに大抜擢されたノオミ・ラパスが語る、スコット監督との絆とは?(構...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

プロメテウス[DVD] プロメテウス[Blu-ray/ブルーレイ] プロメテウス[DVD] プロメテウス 3D・2Dブルーレイセット<2枚組>[Blu-ray/ブルーレイ]
プロメテウス[DVD] プロメテウス[Blu-ray/ブルーレイ] プロメテウス[DVD] プロメテウス 3D・2Dブルーレイセット<2枚組>[Blu-ray/ブルーレイ]
発売日:2013年7月3日 最安価格: ¥1,000 発売日:2013年7月3日 最安価格: ¥1,000 発売日:2013年1月9日 最安価格: ¥3,589 発売日:2013年7月3日 最安価格: ¥1,523
Powered by 価格.com

映画レビュー

平均評価
2.9 2.9 (全171件)
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

新作映画評論

  • レディ・バード レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆ける 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
新作映画評論の一覧を見る
Jobnavi