「いくつもの愛の形」マレフィセント ゆぅいさんの映画レビュー(感想・評価)

メニュー

マレフィセント

劇場公開日 2014年7月5日
全332件中、11件目を表示
  •  
映画レビューを書く

いくつもの愛の形

いつも悪役に描かれているマレフィセント。今までに注目されていなかった衝撃の過去が明らかになり面白いと感じた。

この作品にはいくつもの愛の形が描かれている。裏切られる悲しい愛、命を救ってくれた人に対する思慕、憎しみから変わっていく母性、いつも側で守ってくれた人に対する信頼、出会いの奇跡…それぞれの愛の形が美しく丁寧に描かれている作品だった。

ゆぅい
さん / 2017年11月24日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  幸せ 楽しい 泣ける
  • 鑑賞方法:映画館、TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi