かぞくのくにのレビュー・感想・評価

メニュー

かぞくのくに

劇場公開日 2012年8月4日
15件を表示 映画レビューを書く

辛すぎる、、、。

25年ぶりの再会って、どんな気持ちなんだろうか。
こんなことが実際に起こってるなんて、信じられない。彼らの気持ちは計り知れない。。
井浦新、とても良かった。
はぁ、、見終わって、無力な自分がいる。

tama
tamaさん / 2019年2月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

感情が麻痺した国民

感情を麻痺させたような無表情な役所の井浦新が本当に物悲しい。
彼の国に翻弄される息子を思う母親の気持ちを思うと胸が苦しくなります。
兄を思う妹の気持ちを考えるとやるせない思いになります。
愛国心と息子の処遇に対するジレンマに思い悩む父親の気持ちは、やはり私は理解できません。
本当に物悲しく、色々な事を考えさせる映画です。
できれば是非色々な人に観ていただきたいと思いました。
そして、今現在、彼の国に顕著な変化がある物の、
やはり私は彼の国を信用する事が出来ません。
ただ、国民に罪は無い事も理解はしているつもりです。

コバヤシちゃん
コバヤシちゃんさん / 2018年5月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

監督の自伝的作品

東京国際映画祭での鑑賞。
ヤン・ヨンヒ監督の自伝的な作品。
安藤サクラ・井浦新・ヤン・イクチュン

北朝鮮から一次帰国した兄と家族の物語。
病気治療の為に25年ぶりに帰国した兄は、口数が少なく、話せないことも多い。
もし、25年前に行かせなければと後悔する両親。
妹は一番感情的で正直。

治療も出来ずに、緊急帰国命令が出て兄は戻ることになる。
あの国では考えてはいけない。ただ従うだけ。

凛
さん / 2017年10月30日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 悲しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

無口な北朝鮮から帰国した兄。無口ではなく、しゃべれないという現実と...

無口な北朝鮮から帰国した兄。無口ではなく、しゃべれないという現実と、本意ではない工作員への誘いを妹にしなくてはならないという任務。

これは北朝鮮やそれに通じる国ではまず見れないだろう。

家族の絆は国や政治を超えたものだが、その壁はものすごい高いことが分かる。

思考停止でただ従う、どうやって生き抜いていくかだけを考える国って・・・。

キッスィ
キッスィさん / 2017年7月1日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

北朝鮮"(-""-)"

ヤン・ヨンヒ監督、エロくて面白い人だけど、祖国をしょってるのね…
自身の家族のドキュメント、勇気ある作品!

この映画にもまた井浦新くんが…安藤サクラといい、メンツがかぶる~

mamagamasako
mamagamasakoさん / 2015年10月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ワンカット ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ネタバレするけれど、わたしがものすごく震えたシーンがありました。
ラストにかけて、兄が国に帰るとき、車に乗る直前の、妹の手をどける…というワンカット。
久しぶりにここまで力強い映像を見た。
このカットだけでも、レビュー星5つを付けられる。

ひな
ひなさん / 2015年4月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

考えさせられた。こんなことが本当にあるのかと思った。このとき初めて...

考えさせられた。こんなことが本当にあるのかと思った。このとき初めてARATAが井浦新に、改名したことを知った。安藤サクラいい。

いつこ
いつこさん / 2015年3月13日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

辛い、、、 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ソンホ(井浦新): 16歳で北朝鮮に送られ、そのまま25年間を過ごす。脳に腫瘍が見つかって、治療のために日本に帰ってきた。帰国のための手続きで5年もかかったという。3ヶ月間の滞在予定だったが、治療が始まる前になぜか急に北に呼び戻されてしまう。

エリ(安藤サクラ): ソンホの妹。日本で生まれ育ち、大学で日本語の講師をしている。

「あの国ではな、理由なんて、全く意味を持たないんだよ」
「あの国ではな、考えずにただ従うんだ。ただ、従うだけだ」
「考えるとな、頭、おかしくなるんだよ」
「考えるとしたらな、どう生き抜いていくか、それだけだ」
「あとは、思考停止させる。思考停止」
「楽だぞ、思考停止」

ソンホの乾いた笑い、、、

監視なしで出歩くことも、日本の歌を歌うことも許されない非公式の帰国。
挙句、実の妹に「色んな人と話をして、報告する仕事」、つまり工作員の仕事をしないかと提案することすら強要される。

そもそも両親はなんで16歳の息子を北に送ろうと思ったんだろう?
「当時は、北に行けば幸せになれるってみんな思ってた」ってお父さん言ってたけど、まじか、、、情報がないって怖い。

「俺はな、俺はもうこう生きるしかできないんだよ。いいんだ、それで。いいんだ」

言い聞かせるように言うソンホ。
自分にはできないこと、つまり「どう生きるか考えて、納得しながら生きる」ということを妹に託して、病気も治せないまま北に戻っていくソンホ、どんだけ絶望的な気持ちだったんだ、、、
それを何もできずにただ見送るしかない家族の気持ちも、なんかもう想像できない、、、

エリは最後に、ソンホと一緒に店で見たスーツケースを買ってた。
ソンホの願いの通り世界に羽ばたいていくんだろうな。

自分の人生、っていうものがちゃんとあること、「息子が寝た、さぁ何をしよう?」って考えられるこの生活を、当たり前と思っちゃいけないね、、、
なんかすごいつらい映画だった。嘆息。

Chisa
Chisaさん / 2015年2月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい 怖い 難しい
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

ポスト・コロニアル映画

 かの国の理不尽さというよりも、我が国との関係が余りにも複雑であることが、映画で描かれている家族に苛酷な運命を与える。
 こうした物語を通して多くの日本人が見たいと願うのものは、相手国政府の横暴さや閉鎖性だろう。そしてこの映画において、ある意味その欲求は満たされる。
 だがしかし、この在日朝鮮人の一家に起きたある夏の出来事には、北朝鮮という国家だけが深く影を落としているだろうか。この一家の歴史からは、第二次世界大戦後に、宗主国と切り離された故国との間で揺れるアイデンティティを抱えた人々の苦悩が感じられる。国民というアイデンティティをどの国からも与えられることのない人々。そのために国境を超える自由を持っていない人々。これには我が国に歴史的な責任があることも事実である。
 そしてまた、彼らを朝鮮半島からの移民の子孫としてとらえた場合、この映画は、ヨーロッパを中心として語られることの多い、ポスト・コロニアリズムを題材とした作品として観ることができる。主に西ヨーロッパの国々で、アフリカや中東からの移民が織りなすドラマと同じ位置を占めるのではないだろうか。
 そういった意味で、兄ソンホの同級生にはもっと彼ら自身の来し方を語らせて欲しかった。日本に残った友人たちの物語に耳を傾けさせることで、ソンホの人間性や人生を重層的に表現できたと思う。それとも、そのようなことへの関心を示すことすら抑圧されている帰国者の姿を描きたかったのだろうか。にしては、監視役として同行した男が総連職員を怒鳴りつける姿には、彼の人間的な側面を見せられた気がする。

よしただ
よしたださん / 2015年1月7日 / PCから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  悲しい 難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

思考停止 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

在日コリアンのソンホは総連の重役を務める父の勧めで当時理想郷といわれていた帰国事業に参加し現地で、結婚し子供も生まれた。25年経ちソンホの病気治療のため家族は再会を果たすが、直ぐに帰国命令が出てしまった。
主演の安藤サクラが演じた妹役が良かった。
ソンホが言う彼の国では従うことと考えないことが生き抜くための道。これはあまりに切なく胸に刺さった。最後の妹がスーツケースを持ち思い詰めた顔つきで歩く姿に今後の妹の行動が期待される。兄の助言とおり考えて生きる決意が見えた。

ミツマメ
ミツマメさん / 2014年12月31日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  悲しい 知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

リアリティ

まず安藤サクラさんと井浦新さんの自然な演技に驚かされます。お二人とも過去作は1本ずつ見ましたがやはり良い役者なんだなと。

兄の病気に本編中では症状が出てない点、普通なら症状出してお涙頂戴になりがちな気もしますが、その後の想像の余地もあって良いですね。それに全編通して無駄なシーンが一切ない。

帰国事業という我々に馴染みのない題材を扱っていますが、不自然な説明セリフとかがなくて入り込みやすいです。疑似体験という意味では価値ある一本。

えら
えらさん / 2014年2月13日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

国が家族を引き裂く

専制国家は昔から世界どこにもある。まだ残念ながら現在日本の身近にもある。女性監督によって家族のことを心配しながら作られたこの映画。その背景を偶然知ったので、余計鑑賞していて心が痛む。多くの在日の人の分断の苦しみは日本人にとって無縁ではない。拉致家族問題も次元は違うが同様に家族の苦しみである。

ヤマザマン
ヤマザマンさん / 2014年2月12日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける 悲しい 怖い
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

無力感

引き裂かれた家族を通じて伝わって来たのは北朝鮮という国と人だった。
正義も無ければ、家族愛も兄弟愛も通用しない。
あるのは無力感だけだった。

安藤サクラの演技が素晴らしい。

ともきち
ともきちさん / 2013年10月26日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい 怖い
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

運命を生きるには。

かぞくのくにとは、かぞくがいる国であり暮らす国であり生きていく国であることを
痛感させられる。半ば人質の兄に対し精一杯の持成しをする家族を通し理不尽な
体制を批判するかと思わせ監視役の同情へと代える鮮やかな演出。思考停止と
スーツケースで運命を直感させ行動に繋げる意図が希望を消さない脚本に共鳴。

ハチコ
ハチコさん / 2013年2月20日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  悲しい 怖い 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

不条理。

映画鑑賞というより帰国事業を知ろうとして劇場へ。これ以上は具体的に描けないんだろうなという脚本にリアリティを感じました。ただ、狙いなのか分かりませんが手持ちカメラの揺れに疲れましたね。ドキュメンタリーではないので…

dekatter
dekatterさん / 2012年9月2日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

15件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報