幕末太陽傳 デジタル修復版
ホーム > 作品情報 > 映画「幕末太陽傳 デジタル修復版」
メニュー

幕末太陽傳 デジタル修復版

劇場公開日

解説

川島雄三監督が1957年に発表した名作喜劇。幕末の文久2年、品川の遊郭で飲めや歌えやの大騒ぎを繰り広げた佐平次は、一文の金も持ち合わせておらず、遊んだ分を居残りで働くことに。しかし、お調子者の佐平次は自らの困難をものともせず、遊郭に立ち寄った高杉晋作らとも交友し、巻き起こる騒動を次々と片付けていく。物語のベースは古典落語の「居残り佐平次」。脚本を手がけた今村昌平が助監督を務めている。2012年、日活創立100周年記念事業の一環として最新のデジタル技術を駆使して映像修復した「デジタル修復版」が公開された。

スタッフ

監督
脚本
川島雄三
田中啓一
今村昌平
撮影
高村倉太郎
照明
大西美津男
美術
中村公彦
千葉一彦
録音
橋本文雄
編集
中村正
音楽
黛敏郎
助監督
今村昌平
製作主任
林本博佳

キャスト

作品データ

製作年 1957年
製作国 日本
配給 日活
日本初公開 1957年7月14日
上映時間 110分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

震災を経た今、この時間、この場所で、いかに生きていくのか
幕末太陽傳 デジタル修復版の映画評論・批評

好きな映画は? と訊かれたら必ず名前を挙げるのがこの映画だ。今回のデジタル修復版では当然のこと映像は鮮明になっているが、それよりまして音の聞こえ方が以前と雲泥の差で良くなっていた。台詞の明瞭さはもちろん、何と言っても効果音が素晴らしい...幕末太陽傳 デジタル修復版の映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
4.0 4.0 (全16件)
  • 栄光なき天才たち第10巻 ネタバレ! 日本映画史に残る喜劇の傑作とのことですが、実際とても爽快な名作でした。 正直、ギャグセンス的には小津とかの方が現代的だと感じますが、本作に通底しているカラっとした疾走感は、娯楽映画の気持ち良さを... ...続きを読む

    kkmx kkmxさん  2019年1月14日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • フランキー堺の粋過ぎる演技が最高! KBS京都の「新春シアタースペシャル」での放送を鑑賞。 ストーリーに盛り込まれているという、数々の落語の演目たちについての知識は全く無かったですが、思いっ切り楽しめました。セリフのひとつひとつが... ...続きを読む

    syu-32 syu-32さん  2019年1月7日  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • 現代の映像から始まるが時代劇。日本コメディの傑作らしい、評価も実に... 現代の映像から始まるが時代劇。日本コメディの傑作らしい、評価も実に高い。 どうやら私は時代の壁を越えられなかったようだ。全然面白く思えず。どうやらグランドホテル形式ってやつも合わないようだ。 フ... ...続きを読む

    はむひろみ はむひろみさん  2018年12月11日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

30日間無料トライアル 月額400円で映画見放題

復讐するは我にあり 理由 飢餓海峡 しとやかな獣
復讐するは我にあり 理由 飢餓海峡 しとやかな獣
  • Powered by Amazon

他のユーザーは「幕末太陽傳 デジタル修復版」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

映画ニュースアクセスランキング

映画ニュースアクセスランキングをもっと見る
Jobnavi
採用情報