幕末太陽傳 デジタル修復版

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
幕末太陽傳 デジタル修復版
31%
55%
11%
3%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

川島雄三監督が1957年に発表した名作喜劇。幕末の文久2年、品川の遊郭で飲めや歌えやの大騒ぎを繰り広げた佐平次は、一文の金も持ち合わせておらず、遊んだ分を居残りで働くことに。しかし、お調子者の佐平次は自らの困難をものともせず、遊郭に立ち寄った高杉晋作らとも交友し、巻き起こる騒動を次々と片付けていく。物語のベースは古典落語の「居残り佐平次」。脚本を手がけた今村昌平が助監督を務めている。2012年、日活創立100周年記念事業の一環として最新のデジタル技術を駆使して映像修復した「デジタル修復版」が公開された。

1957年製作/110分/G/日本
配給:日活
日本初公開:1957年7月14日

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3

(C)日活

映画レビュー

5.0デジタル修復によって映画に再び命の火が灯った。

2020年5月26日
PCから投稿

笑える

楽しい

知的

日本映画史に燦然と輝く傑作であり、伝説の監督・川島雄三の代表作。映画に興味が湧くと、すぐにそういう情報は飛び込んでくる。しかし、観てみようにも以前は名画座でかかる傷だらけのフィルムか、映像も音声も不明瞭なVHSテープしかなかった。もちろん映画自体は面白いのだが、脳内補正をフル活用して、これは傑作なのだと断片を拾い集めるような作業でもあった。

しかし、日活さんありがとう、よくぞここまでキレイに修復してくれました! セリフがハッキリ聞こえる、役者の表情がよくわかる、など、本来なら当たり前のはずの状態になったことで、この映画が持つ滑稽味がよりハッキリと伝わるようになった。そして驚いたのは、セットの豪華さ。今の日本の感覚なら完全に大作映画の規模であり、小気味いい落語噺がベースなのに、こんなに豊かで奥行きのある映像だったとは。

ようやく映画史上の大傑作がわれわれのところまで降りてきてくれた。そんな感覚が味わえる、デジタル修復の鑑のような復活劇である。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
バッハ。

4.0デコっパチで超人な佐平次

散歩男さん
2020年4月10日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

57年川島雄三監督。
人を喰ったようなOPから川島節。品川宿という限定された舞台。語り口にリズムがあり見ているだけで心地よい。自分は落語には明るくないが、監督は相当好きだったのかな。

フランキー堺が絶好調。まさに水を得た魚。段々とスーパーで謎男化していく様が痛快!
終盤まで怒涛の展開だが、ラスト前のギア入れ替えが見事。

佐平次の持つ粋と軽さと病んだ体、というと監督そのものではないかと思い当たりましたな。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
散歩男

3.5軽妙な喜劇の裏には別のシリアスな製作意図があったのだ

あき240さん
2019年8月28日
Androidアプリから投稿

題名の幕末は時代設定
太陽は太陽族からきたもの
つまり幕末の太陽族物語

太陽族とは本作製作の前年にベストセラーになった小説太陽の季節に由来するもの
それに登場する戦後米国風の風俗に染まり享楽に溺れる若者達を太陽族と呼んだもの
著者は後年都知事にもなった石原慎太郎で本作の高杉晋作役の石原裕次郎の兄

太陽の季節自体も同じ日活で映画化されている
出演者も石原裕次郎、南田洋子、岡田眞澄が本作にスライドしてきている

太陽の季節は当時としては過激な性描写や享楽的な風俗が問題となり社会問題化し映倫が作られる原因となった

本作の冒頭で製作当時の現代の品川を見せ、幕末と現代とは地続きであると提示するのは、つまり現代の太陽族なる風俗は幕末と何も変わりはしないという本作の主題であり、監督の主張であるのだ
懐中時計がモチーフとなり、登場人物が盛んに今何時だと見て、本当に合っているのか?と時計の音を耳に当てて聞くのもその演出の一環だ

当時の品川宿の有り様を豪華なセットで再現して見せているのも、現代も幕末も人間の本質、下世話で赤裸々な性への欲求は何も変わりはしないのだということを画面の説得力で見せる為の仕掛けだ
そこに展開されるお話は猥雑で下世話でありさえすればそれでいいのだ
だから当時の一番の喜劇役者のフランキー堺が主役に抜擢されおちゃらけてみせるのだ

彼が演じる主人公佐平次は結核を患っている
もちろん結核で若死にする高杉晋作を投影させてある
高杉晋作の死は本作で描かれる英国公使館焼き討ち事件の5年後のことだ

なぜ佐平次は結核を患っている設定なのか
なぜ「首が飛んでも動いてみせまさぁ」という台詞があるのか

過労による死は昔は結核であって
現代では結核にはならず過労死となる
おそらく監督と映画会社との軋轢を揶揄するものであろう

そして「首が飛んでも動いてみせまさぁ」の台詞は、それへの反発と映倫設立への反抗の台詞なのだろう
川島雄三監督は日本で最初のキスシーンを世間の反発を怖れず敢然と撮って見せた人なのだ
「俺はまだまだ生きるんでぇ!」の最後の台詞も、実は監督の心の叫びだ
結核の様に映画製作の情熱を日活との軋轢で蝕まれても生き残って、映倫に上映を止められようとも納得のいく映画を作ってみせるとの決意宣言なのだ
そしてラストシーンは墓場からすたこら街道に逃げ出していくシーンだ
こんな映画会社はもう十分、逃げ出してやるんだとの宣言にも見えるのだ
軽妙な喜劇の裏には別のシリアスな製作意図があったのだ

冒頭の昭和32年当時のさがみホテルに米兵とパンパンが連れだって二組入るシーンに土蔵相模の遺跡との小さい看板が写り、本編に登場する相模屋は実在のものであると説明している
土蔵とは土蔵のような海鼠壁を施した立派な建物という意味合い

21世紀の今もその痕跡は残っている
場所は京急北品川駅の南側踏切を渡り、旧東海道筋の商店街に突き当たると、そこにあるコンビニの右脇に土蔵相模の遺跡である事を示す、映画で写ったものとは違う、見落としそうなほど小さな木の高札が立っている
もちろん今ではただの商店街で、赤線だったカフェー街のなごりもなく、さがみホテルはおろか周囲にラブホテルの一軒すら見当たりません

その踏切
実はシンゴジラで全員避難したはずの地域に人が残っていると分かり自衛隊の攻撃が中止になるその踏切です
なぜその踏切だったのかの意味がわかりました
庵野監督は本作のファンだそうです

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
あき240

3.0ニヤニヤ

2019年7月2日
PCから投稿

古典落語がベースということで、落語好きとして色々楽しめる部分が多く面白かったです!
特に大好きな『三枚起請』の一節が聞けたのは非常にニヤニヤポイントでした!!
改めて、フランキー堺っていい役者だなぁと思いました。
これの関西版リメイクを見てみたい!!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ハワイアン映画道の弟子
すべての映画レビューを見る(全22件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「幕末太陽傳 デジタル修復版」以外にこんな作品をCheck-inしています。