幕末太陽傳 デジタル修復版

劇場公開日

幕末太陽傳 デジタル修復版
36%
51%
11%
2%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

川島雄三監督が1957年に発表した名作喜劇。幕末の文久2年、品川の遊郭で飲めや歌えやの大騒ぎを繰り広げた佐平次は、一文の金も持ち合わせておらず、遊んだ分を居残りで働くことに。しかし、お調子者の佐平次は自らの困難をものともせず、遊郭に立ち寄った高杉晋作らとも交友し、巻き起こる騒動を次々と片付けていく。物語のベースは古典落語の「居残り佐平次」。脚本を手がけた今村昌平が助監督を務めている。2012年、日活創立100周年記念事業の一環として最新のデジタル技術を駆使して映像修復した「デジタル修復版」が公開された。

1957年製作/110分/G/日本
配給:日活
日本初公開:1957年7月14日

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3

(C)日活

映画レビュー

5.0デジタル修復によって映画に再び命の火が灯った。

村山章さん
2020年5月26日
PCから投稿

笑える

楽しい

知的

日本映画史に燦然と輝く傑作であり、伝説の監督・川島雄三の代表作。映画に興味が湧くと、すぐにそういう情報は飛び込んでくる。しかし、観てみようにも以前は名画座でかかる傷だらけのフィルムか、映像も音声も不明瞭なVHSテープしかなかった。もちろん映画自体は面白いのだが、脳内補正をフル活用して、これは傑作なのだと断片を拾い集めるような作業でもあった。

しかし、日活さんありがとう、よくぞここまでキレイに修復してくれました! セリフがハッキリ聞こえる、役者の表情がよくわかる、など、本来なら当たり前のはずの状態になったことで、この映画が持つ滑稽味がよりハッキリと伝わるようになった。そして驚いたのは、セットの豪華さ。今の日本の感覚なら完全に大作映画の規模であり、小気味いい落語噺がベースなのに、こんなに豊かで奥行きのある映像だったとは。

ようやく映画史上の大傑作がわれわれのところまで降りてきてくれた。そんな感覚が味わえる、デジタル修復の鑑のような復活劇である。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
村山章

5.01人1人の力強さ

2021年9月7日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

興奮

萌える

口八丁で切り抜ける。なのに、人気者。

結構、ひどいこともやっている。地獄の沙汰も金次第とばかりに、居残りして袖の下を貰って稼ぎまくる。
 こんな男、近くにいたら鼻つまみ者、誰からも見向きもされない守銭奴なんだけど…気が付けば、居残りの余計者から、皆に頼りにされる人気者になっている。そして観ている私も虜になっている。
 適当者でいながら、どこか肝が据わっている、芯が通っている人物として演じられているからだろう。

そのまんま、キャバレーとかに舞台を移しても多分通用するだろう。

とにかく、どの登場人物も活き活きしている。
 勤労の志士達が大根役者なのも、庶民の生活見ずに、自分達の理念で動き回っていたKY感を出したくてわざと起用?と思いたくなるほど、不思議な世界感が出来上がっている。

死の影はチラつくが、生へのバイタリティに溢れている映画。

イノさんは、死病に侵されている設定ながら、医師の言いつけを頑なに守り、たぶん、その医者にまた治療してもらうために、長崎までの旅費と治療費を必死に稼いでいるのだろう。
 「首が飛んでも動いて見せまさぁ」
 「俺はまだまだ生きるんでぇ!!!」
死の影にあらがう、生き延びるんだという、その心意気。

舞台は幕末。
 ペリー来航に始まる、時代の変革期。「泰平の眠りを覚ます上喜撰(蒸気船) たった4はいで夜も眠れず」という狂歌が流行ったように、アメリカ・ヨーロッパによってどう変化させられるのかと、不安が押し寄せていた時代。映画に登場する勤王派も、物騒なテロを計画している。
 だが、庶民は、その日をしのぐために、生きていた時代。
 遊女として、手練手管を駆使して稼ぐ女たち。彼女たちが遊女となった理由は映画では語られないが、口減らし等のために売られてきた少女たちが多いと聞く。様々な理由で借金のために遊女にされそうになる娘も出てくる。
 今なら悲劇の物語になりそうだ。この時代でも遊女にならぬように知恵を巡らしている。

映画が作られた時代。
 GHQ主導で売春禁止法が施行される前夜と聞く。
 戦争によって、稼ぎ頭を失い、稼ぐ手段を失くし、娼婦となって日々の暮らしを支えていた女性たち。
 GHQの主導で、様々な変化を余儀なくされていた時代。

どちらも、時代の変化によって、自分たちの生活基盤の先が読めぬ時代。
それでも、人は今日生きるために必死に知恵を絞る。
それでも、人は自分の欲を叶えようとする。
そんな人々のしたたかさ。だまし合い。そのパワー。

映画は、監督の人生・死生観をトレースしているとか、
   当時の監督と映画会社との関係を示唆しているとか
いろいろ言われている。

そんな、いろいろな人にいろいろな思念を抱かせる映画だが、ちっとも固くない。

こんな風にジャズのセッション観ているみたいなそれぞれの芸達者の掛け合いで場が高まっていく。
 かと思うとシビアな生活の場が描かれるという、緩急の気持ちの良い映画、そうそうない。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 1 件)
とみいじょん

3.5自由に

ミカさん
2021年5月15日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

私が鑑賞したことある邦画では、一番古い作品。落語も全く知識無しです。作品がとても軽快で自由ですね。江戸が自由だったのか、作品を撮影した50年代が自由だったのか、今が不自由なのか。

佐平次からは寅さんと同じ匂いがしました。庶民が楽しく生きるという哲学も、何処となくフェリーニと似てますね。数々の天才達の結論は、『生きろ』ってことなんだと思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
ミカ

5.0スクリーンで鑑賞できて幸運でした

redirさん
2021年1月1日
iPhoneアプリから投稿

ほぼ予備知識なし、でも見とかないといけないやつだと思って、正月元旦から目黒シネマでやってるし、コロナのおかげで正月なんだか暇だし、スクリーンで修復版を見ることができたのはなんという幸運だろう。
今住んでるところめちゃくちゃ地元の話で、そういう土地柄だったのか、お台場の史跡もそういうものか、と勉強、そして、めちゃくちゃホンモノの、爆発する系の、ホンモノ芸術であった。もったいぶり一切なし、豪勢なセット(?)、豪華な役者たち、ほんとに生きてる生き延びてる人らがいて、そうしたい気持ちが爆発していて、日本の映画?日本の映画??日本の人の話てずっと思い興奮しながらみた。
生きてる生きてくことが困難な時代の自分達、を想像力創造力応用力で思い描き、希望を持つこと。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
redir
すべての映画レビューを見る(全27件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る