劇場公開日 2012年1月21日

ジャックとジルのレビュー・感想・評価

2.77
6%
18%
46%
21%
9%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全7件を表示

3.0アル・パチーノ

kossyさん
2019年3月19日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 ダンキン・ドーナツのCMに出さないと会社が倒産?ということで、アル・パチーノ(彼自身)に出演依頼しようとするジャック(サンドラー)。レイカーズの試合を観に行くという情報が入り、妹のジル(サンドラー二役)を連れて観戦。アル・パチーノはなんとジョニー・デップと一緒に観戦してた(驚)。そして、アル本人がジルに惚れてしまう・・・

 ドタバタなのにアル・パチーノが怪演しているから興行収入はあがったという映画。彼のはじけた演技は笑えるが、相変わらずのサンドラ―風小ネタ応酬でクスクス笑えるのだ。

 双子のネタは映画のオープニングとラストにいっぱいあるけど、本編ではわざわざ双子という設定に意味があるんだろうかと悩んでしまう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

3.5ダンカチーノなアル・パチーノ!?

2018年9月28日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

笑える

楽しい

萌える

ゴールデンラズベリー賞、上等!!

オスカー獲った「セント・オブ・ウーマン 夢の香り」より本作で受賞した演技の方が突き抜けていて最高な助演男優賞だ!?

こんな悪ふざけに付き合い駆り出されたパチーノが今までに見たことがない程に滑稽でお茶目で役者生命危うしな演技が最高でジーンズにパーカー姿やラップにダンスするシーンと癒され萌えてしまう!?

J・デップとの「フェイク」以来の共演がこの作品なのも微笑ましい。

愛すべきジルのキャラがとにかく最高。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
万年 東一

2.0コメディ映画・・

亮一君さん
2016年9月11日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:TV地上波

寝られる

アル・パチーノが本人役で出演。その評価は意外に低い。イメージを壊しすぎたか!?コメディ映画だが人を笑わせるのは実に難しい・・(笑)2011年のアメリカ映画。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
亮一君

3.0アルパチーノのイメージ崩壊

おこげさん
2015年5月29日
Androidアプリから投稿

最近ベテラン俳優がコメディやるの流行ってるのかな?
もうグダグダだけどこういうアルパチーノ嫌いじゃない。。

それなりに楽しめた。
2回は見ないけどね。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
おこげ

1.5ラジー賞10部門!!

近大さん
2013年7月24日
フィーチャーフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

単純

2011年度のラジー賞を完全制覇したアダム・サンドラー主演のコメディ。

サンドラー一人二役による双子の兄妹の珍騒動。なんだけど…

敢えて言おう、特に見なくてもいい映画であると!
(では何故見た?…と問われても困る)

一応、兄妹の絆とか双子の繋がりとか描いているのかもしれないけど、全くと言っていいほどそれが伝わって来ない。茶化しか悪ふざけ。

普通、コメディだったら笑える箇所がある筈なのに、ちっとも面白くない。
面白くないを通り越して、驚くほど退屈。

気の毒なのはアル・パチーノ。何故この映画に出た?
一緒になってラジー賞受賞。しかも本人役なのだから、これは何かのブラックジョーク?
さらに、ジョニー・デップも本人役でまさかまさかのゲスト出演。アナタも何故この映画に出た?

サンドラーのコメディは当たり外れが激しいが、これは完全なる大外れ。
同じ低評価でも、「アダルトボーイズ青春白書」「ウソツキは結婚の始まり」の方がまだまだ面白かった。

それでも映画として作られてしまう。
これもサンドラーのスターパワー?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
近大

4.5子供がとてもかわいい

2012年2月11日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 お話もともて面白いのだけど、テープでなんでも貼り付ける養子のインド人の男の子も、自分と同じ洋服や髪型の人形を持っている女の子も死ぬほどかわいくて、泣きそうなくらいであった。

 ケイティ・ホームズが今まで見た中で一番魅力的だった。

 笑えて泣ける素晴らしい映画だったよ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
古泉智浩

1.5アダム復活ならず

Blueさん
2012年1月16日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

単純

アダム・サンドラー最新作。 相変わらず スランプから抜けられずにいるようで、本作もハズレ。。 アル・パチーノを本人役で引っ張ってきても、ギャラ代がかさむだけで 内容が良くなるどころか“笑えないコメディ”になってしまっています、、寒っ。

双子のジャックとジルを 一人で演じたアダム。 もう目も当てられないくらい見苦しい女装(ジル)。。 せめて体重落とすとか、雰囲気を変える努力をしてほしかった。。 ダスティン・ホフマンの『トッツィー(1982)』の方が全然 上いってます。 ジャックはというと、“いつものアダム”です。 頼むからもっと 役作りしてくれ。。。

ジルに一目惚れする アル・パチーノ。 何でこの役を引き受けたのでしょう。。 自身のイメージをぶっ壊したかったから?それなら しっかり壊れてますよ、ダンディさの欠片も残らないくらい。 『ゴッド・ファーザー』の強面イメージをネタにしてみたり、富豪チックな建物・振る舞いなどなど 「本人役、ホントにこれでいいんですか?」と確認したくなる。。

ジャックの妻役に ケイティ・ホームズ。…何て名前の役だっけ?(エリンです。。) 存在感ゼロ、演技必要なし。 旦那(トム・クルーズ)はこれ観たのかな? 次は『ミッション・シリーズ』で使ってあげてほしいと 個人的に思いました。

唯一(ちょっと)面白かった人、ジャック邸の庭師を演じた ユージニオ・デルべス。 メキシコで有名な俳優さんらしいです。 この人も 変装好き?本作で 二役を演じています(さて 誰でしょう?)

プロローグとエンドロールに ちょっと興味を惹かれたかなぁ、でもテレビ放映でよかったかもなぁの 1.5評価。 一日も早いアダムの再起を祈ってます。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Blue
「ジャックとジル」の作品トップへ