ものすごくうるさくて、ありえないほど近いのレビュー・感想・評価

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い

劇場公開日 2012年2月18日
131件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

オスカーが抱えた闇はすごく大きくてこれからの人生に影響するだろうけ...

オスカーが抱えた闇はすごく大きくてこれからの人生に影響するだろうけど、鍵穴を探し当てたことによってお父さんがなくなったことに決心がつきポジティブな気持ちに最終的になれる映画だったのでよかった。だけどオスカーが頭良すぎた。

あすか
あすかさん / 2018年5月29日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

すごく温かい

なんとなく観た作品だけどすごくいろんな愛情を感じるものでした。

林檎蜜柑
林檎蜜柑さん / 2018年5月1日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

主人公の良さと、周りの優しさ

中盤から最後まで号泣しっぱなしで、こんなに心が揺さぶられたのは初めてかも。。本当に良い映画。

ぱりん
ぱりんさん / 2017年12月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

温かい。

世界同時多発テロ9.9で父を亡くした少年の、心の再生の物語。父の部屋で見つけた鍵をきっかけに、少年は様々な人と関わることになる。
自分の臆病な心や、抜け殻のようになってしまった母に苛立ちをかかえながら物語は進む。クライマックス、父を失ったときの苦しさが明らかになるとき、母の絶大な愛情を知ったとき、泣けます。

Pathfinder
Pathfinderさん / 2017年11月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

いやサンドラブロック!!

母最強説

みなと
みなとさん / 2017年11月10日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

少年の視点から見る9.11

ラストは涙が止まらなかった。
今までで一番泣いた映画かもしれない。
心に深く残った。

お気に入りの映画のひとつ。

なちゃん
なちゃんさん / 2017年10月30日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

心が揺り動かされる ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

全く内容を知らないまま鑑賞。

主人公のオスカーと、父、母。心が苦しくなるほどの愛情がそこにある。

いろんなブラックさんを訪れるシーンが好き。

ちろ
ちろさん / 2017年9月27日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

生き続けること。

共感する側というのか、観る視点というのか、感情移入する登場人物によって、見た後の感想も、得た感動も変わってくる。

お父さんの視点に立ってみると、どれだけ、息子に愛され、憧れられていた親だったのだろうと、思わずにはいられない。

息子にとって、お父さんがすべてだった。どうにもならない困難をも撃ち壊す力が関係性の中に生まれていた。

息子の視点に立ってみると、どれほど、お父さんから可愛がられ、生きていく力を与えられていたのかと、人生のほぼすべてがお父さんだったということが分かる。

単純な家族愛の物語ではない、息子が真実を探求するだけの物語でもない。

息子は、お父さんとのつながりが、この世界と関わる唯一の方法だった。
それがすべてだった。

絶対に失いたくないものを抱えながら、それを失う恐怖に耐えながら、生きていくのが人生というものであるなら、彼は人生そのものを失ったことになる。
しかし、そうではない、と教えてくれる。

絶対に失いたくないものを失っても、それらは心に生き続け、心の中で大事に大切にしようとすることで、人は強くなっていく。

生き続けることでしか、大切にできないものもある。

ちゃーはん
ちゃーはんさん / 2017年9月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

最高!

主演の男の子の演技が初めてなんて信じられへんくらい上手い!
下手な演技で萎えることなく、ストーリーもよかったから、最後まで集中してみれた。
とても悲しい経験を乗り越えようとする男の子を応援したくなるけど、止めたくもなる。
何度も泣いてしまう映画やけど、最後は安堵する。
9.11を題材にしてて、ここまで素晴らしい映画は初めて。

ゆきりす
ゆきりすさん / 2017年9月4日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  幸せ 泣ける 悲しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

決して楽しい話ではないけど、いい話。 心温まる。見ていて、色々と考...

決して楽しい話ではないけど、いい話。
心温まる。見ていて、色々と考えさせられるものたった。

kky
kkyさん / 2017年8月19日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

親として

こうありたい。

海
さん / 2017年7月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

愛の話 泣ける でもわからないこともある

聡明な子供が、聡明が故に苦しむ。その姿をじっと見つめる母の愛の物語。

祖父のことがもっと知りたかった。

第6地区のことも同時多発テロのこともアスペルガー症候群のことも、頭では分かっててもほんとは理解できないから、この映画のこともほんとは理解できないかもしれないって思った。

悲しかったからマイナス2点です

shoz_
shoz_さん / 2017年7月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 幸せ
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

悲しくもあたらたかい映画

心が動かされた映画。

父の妻、子供に対する愛情と接し方。
母の子を思う気持ちと陰ながらの行動。
主人公の父の喪失に耐えられずもがく姿。

特に、母が陰ながら子供のことを思って、
先に全てのブラックを訪ねていたシーンは、
涙が止まらなかった。

悲しいけどあたたかい気持ちにさせてくれる映画。

Drose
Droseさん / 2017年6月12日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

涙が止まらなかった ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

少年が抱えていたもの、お父さんの優しさ、お母さんの強さ、色々な人が抱えている思いがわかっていくと本当に涙が止まらなかった
人が触れ合うっていうのは良くも悪くも素晴らしいことなんだと思った

iris
irisさん / 2017年5月6日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

後半1時間の展開 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

他の方も言っている通り前半は退屈ですが、後半ではそういうことだったのかと納得してしまいました。
後半ではじわじわと心に響き、泣いてしまいました。
影で見守ってくれていたお母さんの愛情
死んでからもなお息子を育ててくれたお父さんの愛情、すごく胸に響きました。

メイキングを少し拝見しましたが、子役の演技も初めてに思えない程の演技力だったと思います。

心が温かくなるような、思わず家族や周りにいる人達への有難みを見直したくなるお話だと思います。

ゆち。
ゆち。さん / 2017年5月5日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 知的 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

最後サンドラ・ブロックが持ってった

予想していたよりもかなりかなり良かった。
9.11のテロでよき理解者だった父親を亡くした主人公オスカー。その幼い彼が父親の存在を感じ続けるために、偶然発見した鍵の鍵穴を探しに見知らぬブラックさんを訪問し続ける。
途中、祖父と思われる同居人と合流。同居人へ留守電を聞かせるシーンは悲しい。
所々、涙が止まらないが、最後、いまいち活躍の場がなかったサンドラ・ブロックの母親の愛情たっぷりの行動の告白に涙腺が決壊。いやぁー本当に感動的ないい映画だった。

321
321さん / 2017年5月5日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

●世界は愛に溢れている。

ステキな映画だ。ブワッと涙が溢れ出る。
9.11の悲劇から1年。少年の時は止まったままだ。
賢いゆえに素直になれない。
そんな彼が1本のカギにあう鍵穴を探して探検を始める。おっかなびっくり。
いくつもの出会い、いくつもの壁を乗り越えて、少しずつ大人になっていく。
死してなお、父は息子を育てる。そして、意外な結末。
失うことは辛いけれど、世界は愛に溢れてる。
心の隙間は自分で埋めるしかないのだけれど、行動することで見えてくるモノもある。
第6区はそこにある。

うり坊033
うり坊033さん / 2017年4月29日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 幸せ
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

父の愛、母の愛が伝わるジーンとくるお話でした。
風景や服装、人々の接し方がとてもアメリカらしくて、2時間映画にはまり込めました。
鍵というモチーフで、亡き父と息子の強い絆が深くうまく表現されていたと思います。
鍵って、なんだかミステリアスな雰囲気がありますよね。

はる
はるさん / 2017年4月29日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

心に響かず・・

何と言うか、自閉症のワガママ少年に
ムカつきすぎてそれを見守る回りの
人々の暖かさが逆に甘やかせるんじゃ
ないっつーのと感じてしまい、全く泣けず。
もう少し経って再度鑑賞してみます。
なんか監督の表現したい事が自分には
全て裏目に出た感じでした。

としぱぱ
としぱぱさん / 2017年4月20日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  難しい
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

邦題の意味とは

前半は正直退屈。NYの第6区の話とか、どの話が大事でどの話が作り話なのかが日本人には分かりづらい。
しかし、後半は物語がつながり合い、形になってくる。
結果的に邦題からは想像できなかった心にじわ〜とくる作品。

個人的な解釈では、「ものすごくうるさくて」というのはアスペルガー気味の少年が911の影響でより混乱した様子や見えている世界を表していて、「ありえないほど近い」というのは、周りの方々(亡くなった父や遠くから見守る母など、離れてしまった同居人、いままで訪ねた方々など)が遠くに見えるけれども、実はいつもそばに居るよというメッセージだと考える。

けんぞー
けんぞーさん / 2017年4月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

131件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi