ゾンビアス

劇場公開日

  • 予告編を見る
ゾンビアス
24%
23%
23%
15%
15%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「片腕マシンガール」「富江アンリミテッド」「電人ザボーガー」などで知られる井口昇監督が手がけた異色ゾンビ映画で、恐ろしい寄生虫により誕生した排泄物まみれのゾンビ=ウンデッドが、キャンプを楽しみにやってきた若い男女を襲う様子を描いたショッキングホラー。子役時代に出演したNHK教育「天才てれびくん」で知られ、現在は女優・モデルとして活動する中村有沙が、汚物まみれのゾンビと戦う女子高生役を熱演。

2011年製作/85分/R15+/日本
配給:日活

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6

(C)2011 GAMBIT

映画レビュー

5.0嗜好に合っているという特殊評価となります。

2019年11月18日
スマートフォンから投稿

興奮

幸せ

萌える

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 1 件)
スカト○ジスト

2.5エロ・グロ・スカトロ・ネクロゲドロ

kossyさん
2019年2月15日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

笑える

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

4.5まさに、あ”ウン”の呼吸

2012年9月3日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

興奮

「片腕マシンガール」や「富江アンリミテッド」など、奇抜な設定の中に潜む恐怖、楽しさ、美しさを「こそり」と表現する作品を作り続ける井口昇監督が、子役として活躍してきた中村有沙を主演に迎えて描く、相変わらずのエキセントリックアクション作品。

井口昇と、西村喜廣。「富江アンリミテッド」について書いた際に、この二人の映画人が組んだ作品には、気を付けろと説いた。こいつらは、徹底的に壊し、汚し、そして生み出すと。

恐怖、JAPAN、風習。日本人が歩んできた歴史の中で自然と作り上げてきた「常識」を、改めて奇妙奇天烈な設定の中で叩き壊し、その意味を問いただす。その芸術として極めて真っ当な挑戦者の先頭を無駄に疾走する二人が挑む、本作のテーマ。

それは、「女子高生」と「ウン〇」である。

鬱蒼とした山奥の密林。大した設定も与えられていない登場人物達が訪れた目的は、森に住むという寄生虫を食べて、痩せるため。だが、たどり着いた村はウンでもない・・じゃなくて、とんでもない「ウン〇」まみれのゾンビがはびこる、危険地帯だった。

多くの芸術家が、純粋無垢、清純の象徴として作品に取り入れてきた「セーラー服」。それは特異な存在感を放ち、いつでも一部のオジサマ、オニイサマ達を虜にしてきた。クールジャパンの発展を陰で支える、重要な要素としての意味合いも強いアイテムである。

その可憐なアイコンに、井口と西村は勇猛果敢に「ウン〇」をぶちまけた。「無垢」な世界とは正反対の、まさに「汚物」のトップランナーである。果たして、その目的は?「女子高生、実は汚いんだぜ!目を覚ませ!」とオジサマ、オニイサマに警告するためなのか!!

だが、本作を鑑賞すれば、その勘繰りは大いに間違っていると気が付く。「ウン〇」まみれのモンスター劇場が展開されていても、決して作り手が求めているのは「お下劣映画」ではない。確かに、「もう、止めておくれよ。ご飯がまずくなるわ」な描写のまき散らしだが、その世界を支える女性が本当に、美しい。

顔立ちはもちろんのこと、その体のバランス、品位、魅力が画面一杯に花開く。「ウン〇」のインパクトを軽々と蹴散らす美女オーラが物語を彩る本当のテーマだと、容易に理解できるはずだ。

そう、これまで徹底して既存のイメージを作品を通してぶっ壊してきた作り手が本作で挑んだのは、「女子高生」という最強のアイコンの可能性の追求。

「片腕マシンガール」でも取り上げた無垢のシンボルに、大いに力強さと魅力を感じたのだろう。「ウン〇まみれでも、オシリ丸だしでも、やっぱり女子高生は格好良い!」そんなヒネクレたメッセージを、画期的な映像技術を駆使して私たちに提示してくれる。何せ、あんなもので人を飛ばしてしまうのだから、人間の想像力は呆れるばかり・・おっと、素晴らしい限りだ。

扱うテーマが下劣の極みのため、鑑賞を尻込みしていた方も多いだろう。だが、それは惜しい、惜しい、勿体ない!「女子高生」のもつ無限の力強さ、マイナスを吹き飛ばす魅力を逆説のもと示す意欲的な作品。その創作のベクトルを一致させて情熱がほとばしる二人の映画人。まさに、長年の映画作りで培った「あ”ウン”」の呼吸が光る一品である。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ダックス奮闘{ふんとう}
すべての映画レビューを見る(全3件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る