劇場公開日 2012年5月18日

  • 予告編を見る

ファミリー・ツリー : 映画評論・批評

2012年5月9日更新

2012年5月18日よりTOHOシネマズ日劇ほかにてロードショー

紋切型の感情に背を向け、人生の不完全さと渉り合う

人生は不完全だ。不完全であるがゆえにつらく、不完全であるがゆえにおかしい。

小津安二郎の登場人物は、人生の不完全さを静かに受け入れる。ロバート・アルトマンの登場人物は、人生の不完全さと戯れつつ、あるときはドライに、あるときはぶざまに人生を横切っていく。

アレクサンダー・ペインの登場人物は、少しだけアルトマンの登場人物に似ている。過去の作品を見ても、彼らは面倒な問題を前に決断を迫られ、右往左往することが多い。「ファミリー・ツリー」のマット・キング(ジョージ・クルーニー)も例外ではない。

マットはふたつの難題を前にしている。意識不明に陥った妻の生命維持装置を外すべきか否か。親戚と共有するカウアイ島の広大な一等地を開発業者に売却すべきか否か。

つまり、この映画はいろいろな撮り方ができる。深刻きわまるシリアス・ドラマにも。あるいは、なにもかもを笑い飛ばすスラップスティック・コメディにも。

だが、ペインはどちらの道も選ばなかった。第一に彼は、序破急とか起承転結とかいった物語の掟に従うまいとした。第二に彼は、感情を伴わないコメディに走ることも拒んだ。

すると、どうなるか。ペインは、主人公マットを一貫して困惑させつづけた。土地の問題も厄介だが、最大の困惑は妻の不貞を知ったことだ。彼はゆれる。幼い娘ふたりとともに、曇天のハワイでおろおろと動きまわる。

その足取りは、ヒーローからも悲劇の主人公からも遠い。マットは、物語の中心にいながら物語を動かさない。彼は歩く。彼はしくじる。彼は決断する。大概は苦笑まじりだが、ときには足もとの地面がずぶりと沈み、本人もはっとするほどの「深い感情」が訪れる。ここが急所だ。ペインはお約束の物語や紋切型の感情に背を向け、演出の技を信頼しつつ「人生の不完全さ」と渉り合おうとしている。その姿勢を、私は買いたい。

芝山幹郎

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る
「ファミリー・ツリー」の作品トップへ