ONE SHOT ONE KILL 兵士になるということ

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「アメリカ 戦争する国の人びと」で戦争を体験したアメリカの若者たちの“その後”を描いた藤本幸久監督が、アメリカ海兵隊における新兵訓練の実態に迫ったドキュメンタリー。毎週500人から700人の若者たちを受け入れるサウスカロライナ州パリスアイランドの海兵隊ブートキャンプ(新兵訓練所)で取材を敢行し、入隊したばかりの普通の若者たちが、12週間の過酷な訓練を経て、戦場で人を殺すことのできる兵士に育てあげられていく過程を追う。

2010年製作/108分/日本
配給:影山事務所

スタッフ・キャスト

監督
プロデューサー
影山あさ子
撮影
栗原良介
インタビュアー
影山あさ子
コーディネーター
福原顕志
加藤鈴子
編集
藤本幸久
栗原良介
全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

3.5洗脳

ミカさん
2015年6月3日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

怖い

ひとりの人間を何も感じない殺人マシーンへと変えていく「訓練」という名の「洗脳」は、決して海兵隊だけの話ではなく、現代社会のありとあらゆるところに潜んでいる、と思いながら鑑賞しました。「洗脳」で本当に感情を麻痺させることが誰にでも可能なのか。

しかし、洗脳技術が発達しても帰還兵の自殺や他殺、精神病がいっこうに減らない理由は、殺しという「洗脳」は番人には当てはまらないということ、戦場が「洗脳」を遥かに超える程の凄惨な場所であるということだと思います。

戦争という利益のために殺人マシーンを作りあげる社会や支配層の「甘さ」と「愚かさ」が実に良く分かる作品です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ミカ

3.5殺人マシーンの作り方

2015年4月4日
フィーチャーフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

単純

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
松井の天井直撃ホームラン
すべての映画レビューを見る(全2件)

他のユーザーは「ONE SHOT ONE KILL 兵士になるということ」以外にこんな作品をCheck-inしています。