「物質では買うことの出来ない幸福」ALWAYS 三丁目の夕日’64 shikahikoさんの映画レビュー(感想・評価)

メニュー

ALWAYS 三丁目の夕日’64

劇場公開日 2012年1月21日
全49件中、20件目を表示
  •  
映画レビューを書く

物質では買うことの出来ない幸福

東京オリンピックに湧きかえり、日本全体が未曾有の高度経済成長に突入して行こうとする中で、「今は皆が上を目指している時代です。医者だってそうだ。みんななりふり構わず出世したいと思っている。しかし、菊池君はそれとは違う生き方をしている」と、三浦友和扮する宅間史郎医師が言うように、こぞって資本主義という名の拝金主義に流されようとする中で、それとは違った生き方を目指し、物質では買うことの出来ない「幸福」を求めようとする人々の姿を描きます。
それにしても、「ひょっこりひょうたん島」の歌を歌い、「シェー!」のポーズをとって遊んでいる小学生たちは、当時7歳だった僕そのものでありました(^^;

shikahiko
さん / 2012年5月10日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 笑える 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報