劇場公開日 2012年1月21日

ALWAYS 三丁目の夕日’64 : 関連ニュース

坊主頭を初披露の伊藤淳史、山本美月にナデナデされ大照れ

坊主頭を初披露の伊藤淳史、山本美月にナデナデされ大照れ

実在の住職による体験記を映画化した「ボクは坊さん。」の報道陣向け内覧会が8月27日、東京駅前・新丸ビルで開催される高野山の魅力を伝える期間限定イベント「高野山カフェin丸の内ハウス」(同28日~9月6日)内で行われ、撮影後初となる坊主頭の僧... 続きを読む

2015年8月27日
伊藤淳史「ボクは坊さん。」主演でお坊さんに 予告編で山本美月、溝端淳平ら共演陣も明らかに

伊藤淳史「ボクは坊さん。」主演でお坊さんに 予告編で山本美月、溝端淳平ら共演陣も明らかに

実在の住職がつづった体験記を映画化する「ボクは坊さん。」で、俳優の伊藤淳史が主人公の住職を演じていることがわかった。あわせて予告編も公開され、山本美月、溝端淳平、濱田岳、松田美由紀、イッセー尾形ら個性的な共演陣の存在も明らかになった。同作は... 続きを読む

2015年6月26日
山崎貴監督が明かす「寄生獣」主演・染谷将太の成長ぶり

山崎貴監督が明かす「寄生獣」主演・染谷将太の成長ぶり

岩明均氏の伝説的漫画を山崎貴監督が2部作で映画化する前編「寄生獣」が、昨年11月29日に全国418スクリーンで公開され、既に観客動員100万人を突破するなど、劇場を賑わせている。メガホンをとった山崎監督が、この大作で主演を務めた染谷将太の成... 続きを読む

2015年1月1日
「寄生獣」山崎貴監督、染谷将太らが最初に直面した最大のハードル

「寄生獣」山崎貴監督、染谷将太らが最初に直面した最大のハードル

累計発行部数1300万部を誇る岩明均氏の伝説的な漫画「寄生獣」が、山崎貴監督、染谷将太主演で映画化決定と本サイトが報じたのは、2013年11月20日。原作の連載が「月刊アフタヌーン」で始まってから20年以上が経過していたが、原作ファンのみな... 続きを読む

2014年11月27日
「STAND BY ME ドラえもん」興収60億円突破 シルバーウィークに向けて続映

「STAND BY ME ドラえもん」興収60億円突破 シルバーウィークに向けて続映

公開中の3DCGアニメ映画「STANDBYMEドラえもん」の興行収入が、60億円を突破したことがわかった。9月5日、配給の東宝が発表した。「フレンズもののけ島のナキ」の八木竜一と「ALWAYS三丁目の夕日」シリーズの山崎貴が共同監督を務めた... 続きを読む

2014年9月5日
山崎貴監督「寄生獣」撮影を総括 染谷、深津ら主要キャストに惜しみない賛辞

山崎貴監督「寄生獣」撮影を総括 染谷、深津ら主要キャストに惜しみない賛辞

累計発行部数1100万部を突破する岩明均氏の人気漫画「寄生獣」を2部作で実写映画化した山崎監督が、オールアップを迎え、主演の染谷将太をはじめとする主要キャストの身をていした健闘ぶりについて口を開いた。月刊アフタヌーン(講談社刊)に1990年... 続きを読む

2014年6月25日
「寄生獣」山崎貴監督、主演・染谷将太の抜てき経緯を明かす

「寄生獣」山崎貴監督、主演・染谷将太の抜てき経緯を明かす

累計発行部数1100万部を突破する岩明均氏の人気漫画を2部作で実写映画化する、山崎貴監督、染谷将太主演作「寄生獣」が、1月にクランクインする。メガホンをとる山崎監督が、今作にかける思い、主演に抜てきした染谷の起用経緯などを熱く語った。連載終... 続きを読む

2014年1月5日
染谷将太、クランクイン直前「寄生獣」について語る

染谷将太、クランクイン直前「寄生獣」について語る

山崎貴監督の最新作「寄生獣」の撮影が、1月にクランクインする。この話題作の主演に抜てきされたのが、映画界で引っ張りだこの俳優・染谷将太。静かなる闘志を燃やす21歳の新鋭が「寄生獣」、メガホンをとる山崎監督への思いを語った。2009年に「パン... 続きを読む

2014年1月4日
山崎貴監督「永遠の0」で初めて描いた“狂気”、そして苦渋の決断で諦めたシーンとは?

山崎貴監督「永遠の0」で初めて描いた“狂気”、そして苦渋の決断で諦めたシーンとは?

百田尚樹氏のベストセラー小説を山崎貴監督、岡田准一主演で映画化した「永遠の0」が、12月21日に全国430スクリーンで公開され、絶好の滑り出しを見せている。第二次世界大戦で特攻により命を落とした天才パイロットの生きざま、現代を生きる孫たちと... 続きを読む

2013年12月25日
「第37回報知映画賞」主演女優賞の吉永小百合、「次は作品賞!」とさらなる意欲

「第37回報知映画賞」主演女優賞の吉永小百合、「次は作品賞!」とさらなる意欲

女優の吉永小百合が12月18日、都内で開催された「第37回報知映画賞」の表彰式に出席した。吉永は「北のカナリアたち」での演技が評価され、28年ぶりとなる主演女優賞を受賞し「大好きなノブちゃんが生まれた年じゃないですか。それを思うと長いこと女... 続きを読む

2012年12月18日
森山未來が「苦役列車」で体現してみせた、行間を読み解く“五感力”

森山未來が「苦役列車」で体現してみせた、行間を読み解く“五感力”

俳優・森山未來の活躍が目覚しい。映画、舞台、ドラマと活動の幅は多岐にわたり、ひとつのジャンルにくくることができない存在だ。今年は「ALWAYS三丁目の夕日’64」を皮切りに、「セイジ陸の魚」「苦役列車」「北のカナリアたち」と、映画出演作は4... 続きを読む

2012年7月13日
小雪、夫・松ケンの育児参加を告白 容姿は「上が私で下が夫」

小雪、夫・松ケンの育児参加を告白 容姿は「上が私で下が夫」

女優の小雪が2月22日、都内で行われた出演映画「ALWAYS三丁目の夕日’64」の“ママさん上映会”に、メガホンをとった山崎貴監督とともに出席。1月5日に第一子となる男児を出産したばかりの小雪は、鑑賞直後のファンから夫・松山ケンイチが育児に... 続きを読む

2012年2月22日
堤真一「本当にごめん」三丁目の夕日3D化に懐疑的だった

堤真一「本当にごめん」三丁目の夕日3D化に懐疑的だった

俳優の堤真一が2月5日、東京・TOHOシネマズスカラ座で行われた「ALWAYS三丁目の夕日’64」の大ヒット御礼舞台挨拶に吉岡秀隆、堀北真希、山崎貴監督らとともに登壇。シリーズ初の3D作品として1月21日に全国473スクリーンで封切られ、2... 続きを読む

2012年2月5日
デーブ・スペクター、パンナム美女に囲まれご満悦

デーブ・スペクター、パンナム美女に囲まれご満悦

タレントのデーブ・スペクターと女優でモデルの高橋マリ子が2月2日、スチュワーデスのライフスタイルを描いた米人気ドラマ「PANAM/パンナム」の完成披露試写会に出席した。パイロットの制服姿で登場したスペクターは、パンナムの制服に身を包んだ“パ... 続きを読む

2012年2月2日
五十嵐信次郎「ロボジー」姿披露するも「やっぱり着なきゃ良かった」

五十嵐信次郎「ロボジー」姿披露するも「やっぱり着なきゃ良かった」

矢口史靖監督最新作「ロボジー」の大ヒット御礼舞台挨拶が1月27日、都内の劇場で行われ、主演の五十嵐信次郎(ミッキー・カーチス)、濱田岳、川合正悟(「Wエンジン」チャンカワイ)、川島潤哉、矢口史靖監督が登壇した。五十嵐は、撮影以来約1年ぶりと... 続きを読む

2012年1月27日
「ALWAYS 三丁目の夕日’64」興収50億へ向け絶好の滑り出し

「ALWAYS 三丁目の夕日’64」興収50億へ向け絶好の滑り出し

山崎貴監督の「ALWAYS三丁目の夕日’64」が、興行収入50億円も視野に入る絶好のスタートを切ったことがわかった。同作は1月21日、全国473スクリーン(うち3D上映が399スクリーン)で封切り。悪天候だったのにもかかわらず、週末2日間で... 続きを読む

2012年1月24日
吉岡秀隆「ALWAYS」初日に感無量 小雪からは“祝電”到着

吉岡秀隆「ALWAYS」初日に感無量 小雪からは“祝電”到着

昭和を舞台にした人気シリーズを初めて3Dで製作した「ALWAYS三丁目の夕日‘64」が1月21日、全国473スクリーンで公開。主演の吉岡秀隆、堤真一、薬師丸ひろ子、堀北真希、三浦友和、森山未來、須賀健太、山崎貴監督は、東京・TOHOシネマズ... 続きを読む

2012年1月21日
三浦友和“東洋の魔女”に感激しきり

三浦友和“東洋の魔女”に感激しきり

東京オリンピックが開催された1964年(昭和39年)を舞台にした「ALWAYS三丁目の夕日’64」のシニア向け試写会が1月17日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われ、吉岡秀隆、薬師丸ひろ子、三浦友和、須賀健太、山崎貴監督が舞台挨拶に... 続きを読む

2012年1月17日
東京上空に“333”の文字「ALWAYS」キャストも大喜び

東京上空に“333”の文字「ALWAYS」キャストも大喜び

人気シリーズの最新作「ALWAYS三丁目の夕日’64」の公開記念イベントが1月12日、都内で行われ、吉岡秀隆、堀北真希、薬師丸ひろ子、須賀健太、山崎貴監督が出席した。映画のタイトル、シリーズ3作目、そしてシリーズ初の3Dにちなみ、プロペラ機... 続きを読む

2012年1月12日
「ALWAYS」の世界観を堪能 夕日町住民票を発行中

「ALWAYS」の世界観を堪能 夕日町住民票を発行中

山崎貴監督がメガホンをとる「ALWAYS三丁目の夕日‘64」が、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を駆使し、映画の世界観を広めるプロモーション活動を展開している。その試みのひとつが、「夕日町住民票発行」だ。西岸良平の人気漫画を... 続きを読む

2012年1月3日
「ALWAYS 三丁目の夕日’64」の作品トップへ