127時間 : 映画評論・批評

メニュー

127時間

劇場公開日 2011年6月18日
2011年6月14日更新 2011年6月18日よりTOHOシネマズシャンテ、シネクイントほかにてロードショー

極限からの生還に必要なのは、知恵と忍耐だけではなかった

これは過酷な大自然に打ち克つスペクタクルなどではない。渓谷で落石に右腕を挟まれ、身動きできなくなった登山家の5日と7時間。被写体はほぼ岩と男だけ。この顛末を劇仕立てにしようというのだから、冒険映画ならぬ映画的冒険である。まるで、軽装のまま必要最低限の道具を持ってロッククライミングに挑む主人公のように、ダニー・ボイルは撮影・編集・音響の技法を駆使して、極限状態に置かれた男の内面に分け入っていく。

瞬く間に活写される冒頭が重要だ。都市の喧噪を逃れ自然を求める、いや、孤独を渇望するごく普通の男の姿。それは観る者に解放感を与えた直後、苦痛を共有させる仕掛けとして効果的なだけでなく、後々意味を帯びてくる。迫真の一人芝居によって、あがき苦しむジェームズ・フランコは不憫だ。一人称を貫き、回想、夢想、妄想をスピーディーかつポップに描き尽くす監督の手腕こそ、主役に思えてくるからだ。MTV風と軽んじられるスタイルだが、絶望の淵にあってはポジティブな生の象徴となり得ている。

主人公はタイムリミットを知っていたはずだ。ここで描かれるプロセスは、登山家としての知恵や忍耐以上に、もう一度生き直すべく人々や社会と繋がりたいという切望を抱き、生き延びるための決断を下すまでに要した時間のことである。傷つかぬ緩やかな繋がりで社会性を得られると思いがちな今、本当にそれでいいのだろうかと、岩場に残された事故の痕跡が問い掛けてくるようでもある。

清水節

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

127時間[DVD] 127時間[DVD] 127時間[Blu-ray/ブルーレイ] 127時間[Blu-ray/ブルーレイ]
127時間[DVD] 127時間[DVD] 127時間[Blu-ray/ブルーレイ] 127時間[Blu-ray/ブルーレイ]
発売日:2018年6月2日 最安価格: ¥1,000 発売日:2012年6月22日 最安価格: ¥1,000 発売日:2018年6月2日 最安価格: ¥1,000 発売日:2012年6月22日 最安価格: ¥1,080
Powered by 価格.com

映画レビュー

平均評価
3.5 3.5 (全72件)
  • お尻を出した子 ダニー・ボイルの画面や音楽の使い方は昔から変わらないが、いかんせん好みが合うのでいつも騙された心地になる。 飛び越えてきた心も自慢の翼も捥がれ、立ち現れる罪。 再び大自然に飛び込む姿は美しくも... ...続きを読む

    たろっぺ たろっぺさん  2018年7月31日 21:47  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • ダニー・ボイルなのにあんまり走らない 最初だけちょっと走って、あとはだいたい挟まってたからね。 挟まった時点でパッと思いついた展開は ①荷物の中から出てくる小道具を組み合わせて脱出する ②胸騒ぎがした家族もしくはさっきの二人が気づ... ...続きを読む

    なお なおさん  2018年7月14日 09:10  評価:4.5
    このレビューに共感した/1
  • 127時間 ネタバレ! ...続きを読む

    ゆうちん ゆうちんさん  2018年5月22日 23:41  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

新作映画評論

新作映画評論の一覧を見る
Jobnavi