劇場公開日 2011年4月29日

  • 予告編を見る

「母親と思って過ごしていた人が実は自分を誘拐した誘拐犯だったという衝...」八日目の蝉 cenrivさんの映画レビュー(感想・評価)

採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

3.0母親と思って過ごしていた人が実は自分を誘拐した誘拐犯だったという衝...

cenrivさん
2016年7月14日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

母親と思って過ごしていた人が実は自分を誘拐した誘拐犯だったという衝撃的なストーリー。
誘拐されていた娘は、本当の家に戻ってきましたが、本当の家族なのにうまくいかず、家を出でて、一人暮らし。
そしてさらに誘拐犯の母と同じく不倫相手の子を身ごもってしまい、生むと決意している。

八日目の蝉のタイトルの意味については、
蝉は地上に出てから七日で死んでしまうのが普通だが、八日生きた蝉もきっといて、その蝉は仲間の蝉がいない中、孤独に一日を生きている。
だけど、他の蝉が見ることができなかった景色を見れているんだ、と。
その八日目の蝉と自分を主人公が重ねているということですね。

登場人物の誰の気持ちになっても心が重くなります。。
誘拐犯の母と誘拐された娘の再会シーンが見たかったです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
cenriv
「八日目の蝉」のレビューを書く 「八日目の蝉」のレビュー一覧へ(全135件)
「八日目の蝉」の作品トップへ