劇場公開日 2010年7月3日

  • 予告編を見る

ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い : 映画評論・批評

2010年6月29日更新

2010年7月3日よりシネセゾン渋谷ほかにてロードショー

野暮だがおかしい勤勉なコメディ。ガリフィアナキスの大化けに期待

画像1

モハーベの砂漠で男たちが困り果てている場面では、あまり期待を抱けなかったが、ホテルのバスルームに虎がうずくまっているのを見たときは、一気に脈が速くなった。鶏と赤ん坊と前歯だけで混乱を表そうとしても、ここまで急に映画の温度は上がらなかったはずだ。「赤ちゃん教育」に出てくる豹のベイビーに負けず劣らず、バスルームの虎は相当にインパクトが強い。

というわけで「ハングオーバー!」は、ちょっと野暮だが、太い線で笑わせてくれるコメディになった。話は単純だ。4人の男がラスベガスでバチェラー・パーティを開く。当然彼らは羽目を外し、翌朝目覚めてみると、部屋に鶏や赤ん坊や虎がいたというわけだ。前夜の行動は、もちろん記憶にない。しかも結婚式を目前に控えた花婿の姿が、マットレスともども見当たらない。さあ、どうするか。

残された3人は花婿を探しつつ、前夜の記憶をたどる。虎も前歯も事情はわかった。だが彼らは、もっとややこしい事件とも関わりを持っていたらしい。

ハングオーバー!」にスターは出ていない。だが、脚本と俳優は勤勉だ。オチは二重三重に仕掛けられているし、役者も体技を惜しまない。謎が順繰りに明かされていくところはややじれったいが、とにかく観客を笑わせてやるぞという覚悟は半端ではない。なかでもおかしいのは、世間とテンポの合わないデブのアランに扮したザック・ガリフィアナキスという俳優だ。客を苛立たせるような外しとデッドパン演技もさることながら、妙にアグレッシブになったときの彼は、ある時期のジョン・べルーシを思わせる。化けてくれることを期待しよう。

(芝山幹郎)

Amazonで今すぐ購入

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る
「ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い」の作品トップへ