死にぞこないの青

劇場公開日

死にぞこないの青
死にぞこないの青
5%
23%
44%
23%
5%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

小学6年生のマサオは、新任教師の羽田やクラスメイトから壮絶なイジメを受けていた。そんな彼の前に、全身真っ青で傷だらけの少女・アオが出現。アオにそそのかされて羽田殺しを決意するマサオだったが……。人気作家・乙一のホラー小説を「ALWAYS/三丁目の夕日」の名子役・須賀健太主演で映画化。不気味な少女・アオに「神様のパズル」の谷村美月、マサオの担任・羽田に「ヒートアイランド」の城田優。

2007年製作/95分/PG12/日本
配給:ザナドゥー

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1

(C)2008「死にぞこないの青」製作委員会

映画レビュー

2.5うむむ…

チーザさん
2011年2月16日
フィーチャーフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

怖い

設定が所々変えられていてそれがナシな変え方だった…

下手に感動シーン作らなくていいよ

監督セブンルームが好評やったからって調子乗った?ww

原作も乙一の中では普通のほうだけど(それでも面白いけど)

ホラー系に持っていくにしても中途半端だし

青かわいすぎるぜ

明らかなイジメいらないから

須賀君、あの歳でさすがやと思う

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
チーザ

4.0ホラーの威を借る良作

2009年7月10日
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

怖い

恥ずかしながら乙一さんの原作も知らず、全く予備知識も無く。
レンタルビデオのホラーコーナーに置いてあったんで、
たまたま手に取っただけなんですが・・・。

ホラー映画だと思って観ると「騙された!」と思います。

田舎の小学校に赴任してきた新人教師
些細なことから始まる主人公の少年へのいじめ
そして、主人公の前に現れる不気味な姿の「アオ」

いじめ経験者の自分としては、
主人公のマサオに対するいじめの数々がリアル過ぎて
観てるのが辛いほどでした。
マサオの気持ちが痛いほど判るし・・・

我慢して耐えるしかないんですよね。

「アオ」の存在が、この作品の重要なキモだと思います。

繰り返しますけど、
「ホラー」と思ってこの作品を観ると裏切られます。
昔、いじめられっ子だった人は、120%主人公に共感できると思います。

いじめっ子だった人は・・・この作品を観て、過去の自分を反省してください(苦笑)

僕に「アオ」が居たら・・・どうしただろうな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
だいすけ

2.5ホラーでは無いような

2008年12月4日

悲しい

今のイジメ社会に一石を投じる映画ですね
大人、子供それぞれに抱える不安が上手く
描かれています
ただホラー映画かと言われると違う気がする

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
なおたん

3.5須賀健太君の演技がいい

masakoさん
2008年10月16日

泣ける

悲しい

ともかくこの映画は須賀健太君の演技にかかってます。マサオが健太で本当正解、大正解。表情だけで表現するのが難しかったというマサオ役ですが、言葉がなくてもきちんと表情でマサオの気持ちは伝わってきました。

ぐっとこらえるマサオが可哀想で可哀想で。なんでここでマサオがこんな目に合わなくちゃいけないわけ?と健太大好きの私は悔しくて仕方ありませんでした。

マサオの中にあったマイナスの感情が生み出したアオ。そしていじめられ続けてたマサオはアオに促されるようにして自分の中にあった残虐性を外にだしていきます。

マサオは強い子だと思います。アオが現れても、全部アオの言いなりにはならない。ちゃんと自分の意思も持ち続けてるんです。だからたとえ自分の中にマイナスの感情があったとしても、やっていいことと悪いことをギリギリのところできちんと判断してます。いやー、マサオは本当偉いよ。私だったらアオと一緒に思いっきり仕返ししちゃうもん。

それに比べて羽田先生のひどいこと、ひどいこと。それでなくても生徒にとって先生って大きい存在なんですよ。真似する存在なんです。そんな先生がいじめの先頭に立ってどうするのよ!って感じですよ。しかも言葉の暴力、体の暴力、両方使うんですからひどいです。

先生がマサオに対してするいじめはどれも観ていて辛かったですが、「僕はダメな子です。生きている価値がない人間です。・・・」って何回も言わされてるシーンは本当辛かった。ああいうのって本当トラウマになるから・・・。

あそこまでされたのに、殺したいほど憎いはずなのに、マサオは本当偉いなぁ。そして”怖かった”ものにちゃんと真正面から立ち向かっていけるんだもん。

怖さは原作の方が上です。そして役者さんたちが舞台挨拶で言ってた通り、怖いのはアオじゃないんです。人間なんです。確かに最初は見た目的にもアオは怖いし、アオは残虐なことをやらせようとする。でもアオのそれは羽田先生とは違って理不尽ではないんですよね。自分を守る為には戦わなくちゃいけないことだってある、そして自分で乗り越えなくちゃいけない壁がある。アオはただ残虐なだけでなくて、ちゃんと人間の気持ちも持っていて、マサオに勇気を与えてくれた存在だったようにも思いました。

羽田先生は本当最悪な感じだったのですが、原作にはないシーンのおかげでちょっと救われたかな。

いじめって、本当に些細なことがきっかけで始まるものだと思うんですよ。そしていじめてる方は結構楽しんでやってしまうんですね。だけどじゃあ逆に自分がいじめられたら?そんな笑っていられる?

立ち向かう強さも必要かもしれないけど、最初にマサオが言ってたみたいにいじめられてる方は「我慢するしかない」のが実情だと思います。だからこそ、いじめる側は考えなくちゃいけない。「僕、そんなに悪い子だった?」というマサオの台詞が痛いほど胸に響きました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
masako
すべての映画レビューを見る(全4件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「死にぞこないの青」以外にこんな作品をCheck-inしています。