劇場公開日 2008年9月20日

アキレスと亀のレビュー・感想・評価

3.016
10%
30%
45%
11%
4%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全16件を表示

4.5芸術的なラスト

maruさん
2019年10月10日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
maru

3.0その場面を切り取ったらめっちゃいい絵になるような構図が多くて、美し...

lさん
2018年4月1日
Androidアプリから投稿

その場面を切り取ったらめっちゃいい絵になるような構図が多くて、美しい映画と評されていたのはこの事なのかな。とくに子供時代の田舎の風景は美しい構図が多かった。
ちょっと救いようのない話だ。誰が悪いというわけでもなくて、強いて言えば悪いのは時代かもしれない。あ、画商もなんか悪いかもしれない。過激な芸術活動ばかりするアホな学生仲間も悪いかもしれない。
画商に絵を見せてボロクソに言われたりするけど、その画商言うことかなかなか正論で、絵を描いてる身としてはグサグサ刺さる。「こんなのだれでもやってるよ」「真似は駄目だけど下手なのはもっと駄目だよ」「ちょっと褒めると調子に乗ってそればっか描くね」「ちょっと狂ってきてるけど足りない」「売れない画家の自画像なんて誰が買うの?」

あと結構人が死ぬ。こんなに人が死ぬ映画だとは思わなかった。親も死に友達の又三も死に芸術仲間も事故や自殺で死に娘も死ぬ(なんで死んだんだ?)。真知寿も自殺未遂を何回かやるがすべて未遂で終わる。死にきれないのを見ているのもしんどい。
最後に迎えに来てくれた妻は幻覚なんじゃないかと疑ってしまったが、本当に迎えに来てくれたらしい。私があなたの芸術を一番理解している、などと言う女は本当は一番警戒すべき存在だけど、相手は売れない芸術家だったのでお互い頑張るしかなかったんだね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
l

2.5お笑いと芸術

2015年7月31日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

笑える

悲しい

楽しい

お笑いと芸術がかなり近いものとして描かれるのに違和感がなくてさすがって感じ。
内容は芸術が何かというよりは生き様な印象なのでたけし好きじゃないとあんまり面白くないかな。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
スベスベマンジュウガニ

3.0監督ばんざいの系統

佐ぶさん
2014年5月5日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

笑える

悲しい

難しい

監督ばんざいに夫婦愛を足したような感じでしょうか。
個人的には監督ばんざいのほうがコンセプトが明確で、作品の意義を感じるので好きですね。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
佐ぶ

1.052点  なんだこれ

2013年10月30日
PCから投稿

単純

寝られる

 みてて思ったのは、
  どこか意味をさがしてあげようとする
    いいところをみつけてあげようとしてしまっていた。

 それでも ちょっとすかし感がいなめな~ぃ

これまでの北野映画のどくとくな空気感が ほぼかんじられない

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
映画電気(びりびり)

3.0シュールな北野作品

ガクさん
2013年1月18日
PCから投稿
鑑賞方法:TV地上波

悲しい

知的

主人公(マチス)は、幼い頃両親が自殺し、その後も周囲の人々が次々に不幸な死を迎え、救いのない人生。理解のある伴侶を得たが、やがて妻にも見捨てられてしまう。はちゃめちゃな内容ではあるが、画商に振り回されながらも自らの生き方・夢を貫く姿に魅せられる。妻役の樋口可南子が好演。最後に妻が戻ってくるところが唯一の救い。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ガク

3.5北野武作品

2010年2月18日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

単純

幸せ

なんとも不幸に満ちた主人公の回りでは、
常に死が漂ってて、

きっと何度生まれ変わっても
才能は開かないんだろなって、、

そんなストーリーなのに
なぜかときどき笑ってしまうww

それが北野作品のいい所(・ω・)!!

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
あんでぃjjjjj

5.0心地よくも危険な作品です

2009年9月18日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

笑える

悲しい

怖い

2008年製作の北野武監督作品でございます。119分。北野監督の作品は、すべてが好きという訳ではありませんが、なぜか殆ど観ています。「HANABI」がベネチア映画祭の最高賞を受賞した時は、海外で観ました。

日本映画を海外で観ると、見え方がまったく異なるもので、日本文化を世界に広めるという大義もどうしてもつきまとってしまうものだと思いました。あまり言葉数を使わず、間を使って意思の疎通をする日本語の奥ゆかしさは、北野監督の作品には栄えていて、そんな所が好きです。

本作は物心ついたころから絵を描き続けた少年が、そのまま大人になり中年になるが、一回も陽の目を浴びないままでいるという悲しく、そしてある意味ドキッとする内容です。

この主人公は、ただの絵が上手い人なだけで、才能はまったくない。そして、この才能のなさが、あまりにも重く、そして決定的に人生を不幸にしていきます。それでも、人生のすべてが悪い訳ではなく、そんな彼だからこそ素晴らしい奥さんをもらうことだってできたのです。

この作品が照らし出すのは、幸せの定義に勝ち組・負け組という二者択一を排した先にある、なんともアンニュイな領域です。逆に言うと、幸せを考える時に、勝ち負けを入れること自体が不毛きわまりない、ということなのでしょう。

アート性の強い作品なのですが、アート自体をパロディにしている北野監督の屈折したメッセージ性が、なかなか日常生活では味わえない、そして人生が本来もつリアリティをあぶりだしていきます。

正直、これを観てすがすがしくはなれませんが、何故か力んでいることがバカバカしく思えて、笑ってしまえるようにまでなります。これは書いたらいけないことかもしれませんが、本作を観ると、メディアの世界がほんとにくだらなく思えてきました。

とてもいい映画です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
あんゆ~る

2.0芸術家残酷物語。

2009年4月4日
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

悲しい

知的

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
上海十月

3.0え?

2008年12月13日

難しい

試写会でみました。舞台挨拶もあってよかったです。ただ私にはよくわかりませんでした。一緒にいった友人はすごくよかったといっていました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ロリくま

5.0解釈でわかれる

kongさん
2008年11月10日

楽しい

難しい

たけし映画は「菊次郎の夏」以外はすべて拝見していますが、
今までのどの映画にも当てはまらない魅力がありました。

今回の映画は一人の売れない画家の半生を描いたものですが、
テンポも良く(最初はやや退屈ですが・・・)、笑いどころも多いです。
また所々の演出は、この映画の主人公同様ぶっ飛んでます。
賛否両論あるかとは思いますが、私は好きです。

以前の北野映画のようなシュールさ、現実感、映像美といったようなものは少なくなりましたが、その分北野武の頭の中を覗き込むような不思議な感覚に包まれます。

そして、この映画が素晴しいのは感動やハラハラといった感情を強要していない事にあると思います。
だからこそ映画を見終わった後最後のセリフの意味をずっと考えてしまったのでした・・・。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
kong

3.5不思議なテイストの、北野映画。

2008年11月6日

楽しい

知的

ある少年が、
大人になっても自分の道を極めようとする
不思議な気分にさせられる、作品でした。

ボンボンとして誰からも一目置かれていた
真知寿少年の人生は
父親が事業に失敗してから一転します。
それでも描く事が好きで、絵を諦めません。

やがて時が過ぎ青年となった真知寿がいます。
彼は絵を習う為に工場で昼間働きます。
そこで、妻となる幸子と知り合います。

そして又時が過ぎ、タケシ演じる真知寿が登場します。
夫婦は人並みの幸せなど見向きもせず、芸術活動に邁進します。
ストリート・アート、極限的な状況創作など、など、
しかし、娘の死まで芸術にしてしまう真知寿の行動に、
とうとう幸子は彼の元を去って行き…

普通ストーリーには
「起承転結」か「序破急」のどちらかがあるのですが、
この作品は 起承承承 でどこまでいっても、
これでもかこれでもかと同じ流れのままです。
そしてそれこそが狙いであり、
誰に評価されなくても自分が楽しければ、
理想は、
そばで一緒に支えてくれる人が、
たった一人でもいれば十分楽しめるよ、
ということを、気付かせてくれます。
富や名誉があればもっと良いのだろうけれど、
それが無くても十分幸せだよということを。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
カサキショー

3.5目の覚めない奴は、一生眠ったまんまだよ

shimoさん
2008年10月29日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

知的

難しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
shimo

5.0アキレスと亀、めちゃめちゃ面白いよ。

2008年10月5日

泣ける

笑える

知的

難しい内容の映画だけど、冒頭にアニメで映画の見方の公式を観客にくれる。

深く掘り下げたら答えはずっと出てこない。

だけど、だれが見たって亀に追い付ける。

で、その見方を頭の片隅に置いておいて+自分の主観でみる。

三回みる事なくて一回で三方向から見れる。

で、応用したら色んな角度、方向の見方ができる映画。

で、ややこしく思えるけど「座頭市」好きな人は好きな映画だと思う。

監督が楽しんで作ってるのが伝わってくる。

で、重い題材がネタフリかってぐらい笑いが冴えまくってて、笑える。

あと役者さんのノリがすごい。
みんなをここまでのらせられるのが監督として天才なんだろうな。

大森南朋さんなんかこんないい役者いたのかって、びっくりした。

お宮の松さんも良かった。監督との信頼関係だろね。

ジョーダンズ三又さん、いい役もらったね。

美術学校の女生徒たちが下着姿で記念撮影するサービスカットもよい。

主観と客観があって、客観も他人の主観ってパラドックス。相対性とかエロスとかの

難しい話を簡単なストーリーに料理してくれています。

後世に残るであろう天才が、絶妙のバランスで撮りあげた作品。

考えずに感じて見てみてください。

子供に見せてげてください。天才に育つかもです。

余談ですが中島らもさんのお話で

10メートルのロープを3等分しようとすると計算式では
10÷3=3.333・・・・

となり割り切れませんが、10メートルのロープで円を作り中心から
120°づつ3つに分ければ完全な3等分ができます。

一切の書かれたもののうち、私はただ人がその血を以て書いたものだけを愛する。
ニイチェ

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
吉田ヨシ夫

4.0価値観が見える奇行。

ハチコさん
2008年9月28日

笑える

悲しい

難しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
ハチコ

3.0天才の奇行は凡人には理解が難しい。

2008年9月19日

笑える

難しい

「世界のキタノ」の最新作。

良くも悪くも「キタノ節炸裂」な感じ。
なので 見た人の意見は二分されそう。
好きな人はすごく好き、そうでない人は「?」かも。

静かな映像の中で物語が淡々を進んで行き、
最後にふっと残るメッセージがある・・・
いかにもフランス人が好きそう・・・(勝手なイメージですが)
カンヌで絶賛というのも 納得です。

もうお分かりかと思いますが、私は「?」の部類の人間。
北野監督の作品はいくつか観ていますが、そのたびに何故か
「?」が残ってしまいます。
多分、自分には監督の真意への理解力や感受性が足りないのだろう。

昔に比べて暴力性が陰を潜めた・・・と言われていますが
人がバタバタ死んでいくことには変わりなかったりして・・・。
もしかしたら そこがダメなのかも。

宣伝ツールに
「ひたむきに夢を追いかける夫婦が、幸福になるための
<大切なもの>に気づいたとき、あなたの頬に優しい涙が伝う」
とありましたが、<大切なもの>に気付くのちょっと遅すぎやしませんか?

夫婦の素晴らしさを感じたくて観るのであれば
「ぐるりのこと。」や「おくりびと」の方が ずっと分かり易く
ダイレクトにココロに来ると思います。

それでも 天才(?)と奥様、そして学生時代の友人達との
ギリギリな実験的芸術活動はバカバカしく、笑えて楽しめたし
柳ゆうれいさんや大森南朋さんの飄々とした演技も良かったです。

永遠の命題 「芸術ってなに?」ってことも 再度考えるきっかけにはなった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ゆきだるま
「アキレスと亀」の作品トップへ