ウォーリー インタビュー: アンドリュー・スタントン監督が語るウォーリー誕生秘話

ホーム > 作品情報 > 映画「ウォーリー」 > インタビュー > アンドリュー・スタントン監督が語るウォーリー誕生秘話
メニュー

ウォーリー

劇場公開日 2008年12月5日
2008年11月28日更新

ファインディング・ニモ」でアカデミー賞長編アニメーション部門を受賞したアンドリュー・スタントン監督によるピクサー・アニメの最新作「ウォーリー」は、高打率を誇るピクサー作品の中でも、「アカデミー賞作品賞候補に!」との声もあがるほど、全米でも大絶賛。そんな本作を手がけた監督に話を聞いた。動画インタビューとあわせてお楽しみください。(取材・文:編集部)

アンドリュー・スタントン監督 インタビュー
「制約のある中で知恵を働かせ、表現するからこそ、面白いものになる」

感情豊かなウォーリーに誰もが魅了されるはず 感情豊かなウォーリーに誰もが魅了されるはず

主人公は、人類が去った地球でただひとり働き続けてきたゴミ処理ロボットのウォーリー。しかし、ある時、宇宙からやってきたピカピカのロボット、イヴに恋をし、彼女を助けるために大冒険を繰り広げる。セリフがなく、電子音と動きだけで感情を表現するウォーリーやロボットたちは、実に生き生きとし、観客はその一挙手一投足に笑い、ハラハラし、そして涙すること間違いなし。誰をも魅了するウォーリーはどのようにして生まれた?

ルクソーJr.やR2-D2にインスパイアされて生まれた ルクソーJr.やR2-D2にインスパイアされて生まれた [拡大画像]

――これまで魚や車といったしゃべらないものがしゃべるものを作ってきたピクサーですが、今回セリフのないキャラクターに設定したのは?

「あまり人間化しないほうが、より彼らの世界観に入れると思ったからね。ジョン・ラセターの『ルクソーJr.』(ピクサーのロゴマークでもおなじみ、電気スタンドのキャラクター)という短編があるけど、きっと電気スタンドが生きていたら、あんな音を出すんじゃないかと思わされる。今回はあれのロボット版が作りたかった。それに、長編映画ではいつもそうだけど、キャラクターがその瞬間に何を考え、何を言っているかということは、実は脚本には書いてあるんだ。実際のフィルムでは彼らの言語……つまり機械音になっているわけで、感覚としては外国語映画みたいなものだよ」

――ウォーリーの声を作ったベン・バートはR2-D2の音声を作った人でもありますが、R2-D2との差別化をどのように考えましたか? また、監督からはどういった要望を?

ロボット同士のコミュニケーションも見ていて愛らしく、楽しい ロボット同士のコミュニケーションも
見ていて愛らしく、楽しい
[拡大画像]

「R2-D2の素晴らしさは、あの電子音だけで気持ち、感情が全部わかることで、ウォーリーに求めたものも同じだった。もちろん全く同じではいけないけど、ベンは30年もあの仕事をしていて、彼自身、同じことは繰り返したくはないだろうし、違うものを作ってくれるだろうと信じていた。ベンには、僕がこの映画で伝えたいストーリーを説明し、インスピレーションを与えるだけで細かい注文は必要なかった。彼の出す多数の素晴らしいアイデアから、ひとつを選ぶほうが大変だったよ(笑)」

――動きでの感情表現も豊かですが、ロボットなのでディズニーアニメ伝統の“つぶれて伸びる”といったことも少ない中で、動作に関してはどのように気を配りましたか?

「“つぶれて伸びる”もやっているんだけど、確かにそんなに激しくはしてないね。あとは、ウォーリーの四角い体やイヴの卵型の体から腕が出て伸びたりするところも、少しその伝統を残したところかな。でも、制約があるからこそ、僕たちも知恵を働かせることができる。『トイ・ストーリー』では、足がプレートに固定された兵隊たちがそのまま動くというのがあったけど、あれもそうした制約のある中で表現しようとするからこそ、面白くなったんだと思うしね」

「ニモ」に続き、また傑作を生んだアンドリュー・スタントン監督 「ニモ」に続き、また傑作を生んだ
アンドリュー・スタントン監督
[拡大画像]

――「ファインディング・ニモ」では、アニメでは難しいといわれていた水の表現に挑戦しましたが、今回の技術的なチャレンジは?

「以前から、CGアニメでも実写映画と同じようなカメラワークにしたいと思っていて、人間の手で持っているカメラだと、どうしても焦点が合わなかったり、ぶれてしまったりといった不完全な部分が、かすかにだが出てくる。今回はそうした不完全な部分もあえて入れることで、誰かが実際にカメラを持ち、その映像を撮っているかのように見せたかった。それは全く新しい手法というわけでもないし、具体的に言えば非常に技術的になってしまうのだけど、そのような表現をするため、より現実のカメラに近づけた表現が可能なようにソフトウェアを開発していったんだ」

――ゴミの山になった地球というのは、大量消費社会への批判も込められているのでしょうか?

「いや、僕の発想は全く逆で、まず主人公がひとりだけ地球上に取り残されたロボットというのがあり、地球上に誰もいなくなるという状況がどんなものかを考えた時に、住めないほどゴミが貯まってしまった世界にしようと思いついた。そのゴミの山を片付けているロボットというのは、人類の尻拭いしているようなところもあって面白いし、彼がゴミの山から、かつてどういう人類がそこにいたのかということを発見の過程も描けるからね」

インタビュー

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

ゴミだらけのハリウッド映画の中でまばゆい輝きを放つ刺激的な傑作
映画評論

人類が消え去り、荒れ果てた地球に残されたゴミ処理ロボットのウォーリーが、700年目にして舞い降りた最新鋭の美しきロボットに恋焦がれ、彼女を追って未知なる宇宙へ飛び出した――そんな発端に本編の約半分の時間をかけ、情感豊かに魅せまくる。片...映画評論

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

映画レビュー

平均評価
3.9 3.9 (全72件)
  • 抜群の可愛さ うぉーーりー、いゔぁ、もー、 音、動作、考えなど一貫した可愛さが根底にあり、皮肉がかなり効いているテーマにも関わらず作品をマイルドにしている。 ...続きを読む

    WALLE WALLEさん  2018年11月26日 00:01  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 人類が見捨てた地球に残され700年間もの間せっせと清掃を続けるロボ... 人類が見捨てた地球に残され700年間もの間せっせと清掃を続けるロボットウォーリーと人類史上最もキュートで危険なツンデレ女子ロボットイヴが繰り広げるドタバタSFラブコメディ。 遥か未来の29世紀が... ...続きを読む

    よね よねさん  2018年9月5日 23:07  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • 真似できるくらい 観ました! 憎たらしい奴が現れたら ウォーリーを観て 中性を図ります 宇宙遊泳のシーンが美しい! ...続きを読む

    猫爆 猫爆さん  2018年9月4日 08:05  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

最新のインタビュー

  • インタビュー 女の機嫌の直し方 「女の機嫌の直し方」で早見あかり&松井玲奈が切りこんだ、男女間の価値観の違い
  • インタビュー ザ・ファブル 岡田准一、実写「ザ・ファブル」主演を後押ししたもの 木村文乃&山本美月と語る
  • インタビュー 旅のおわり世界のはじまり 前田敦子の結婚を予言していた!? 黒沢清監督「旅のおわり世界のはじまり」での不思議なシンクロ
インタビューの一覧を見る
Jobnavi
採用情報