劇場公開日 2008年5月10日

  • 予告編を見る

「ミシェル・ファイファーの名前(うろ覚え)もジャック・ニコルソンの顔も『ダークナイト』の宣伝目的なのかと思ってしまう」最高の人生の見つけ方(2007) kossyさんの映画レビュー(感想・評価)

3.8138
26%
58%
15%
1%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

4.0ミシェル・ファイファーの名前(うろ覚え)もジャック・ニコルソンの顔も『ダークナイト』の宣伝目的なのかと思ってしまう

kossyさん
2019年10月11日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 早い話が『死ぬまでにしたい10のこと』のおっさん版。それも偶然同じ病室になったおっさん(といってもアカデミー俳優)2人が作ったリストなのです。冒頭から「エドワード(ジャック・ニコルソン)は死んでしまった」などというカーター(モーガン・フリーマン)のナレーションがあるものだから、何気なく結末を予想してしまいますが、こうしたハート・ウォーミング・ストーリーであってもギミックが仕掛けられていた。あなどれないロブ・ライナー監督・・・てな感じです。

 歴史学教授の夢を諦めるものの生活のため自動車修理工となって、家族を愛し、クイズ番組オタクであるカーター。どんな状況でもクイズ番組の問題には答えてしまう驚異の頭脳を持っているのです。対するエドワードは一代で財を成し、いやみな大金持ち。カーターがふと棺桶リスト( BUCKET LIST)を作り出したことで、生きがいを見出す。スカイダイビングやカーレース、そして自家用ジェットで世界旅行。一般市民の目から見ると、贅沢すぎる冒険。それでも、彼らが本当に充実した人生は何か?を改めて見つめるところに映画の良さを感じました。

 このまま終わると普通の映画かな~などと思ってもみたのですが、「見知らぬ人に親切にする」「世界一の美女にキスをする」「泣くほど笑う」(号泣度順)などの肝となる項目の実現によって、自然と涙がこぼれてしまう。やられた・・・特にコピー・ルアクには・・・世界一高いコーヒー豆の謎を解き明かすのは、やっぱりクイズマニアなんだなぁ~

 とにかくずるいのはナレーション。これじゃ予想できません。世の中、金が全てじゃないんだよ!と気づかせてくれる終盤の展開。秘書のショーン・ヘイズは遺産を分けてもらえたのかどうかも気になるところですが、ラストシーンからすると、多少はもらっているんだろうと想像しながら、チベット問題を解決してもらいたい意図まで感じてしまいました・・・

〈2008年映画館にて〉

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 5 件)
kossy
bloodtrailさんのコメント
2019年10月11日

kossyさんへ
今のところ日本版はスルー予定です。休みが少なく、この10月も取りこぼしが出そうなので計画変更を余儀なくされてますw
今年は広島の「爆音」がイマイチなんですよねぇ。それもあって、ツライ10月になってますw

bloodtrail
「最高の人生の見つけ方(2007)」のレビューを書く 「最高の人生の見つけ方(2007)」のレビュー一覧へ(全138件)
「最高の人生の見つけ方(2007)」の作品トップへ