劇場公開日 2008年2月9日

潜水服は蝶の夢を見る : 関連ニュース

キャスリーン・ケネディ、英国アカデミー最高の栄誉であるフェローシップ賞受賞へ

キャスリーン・ケネディ、英国アカデミー最高の栄誉であるフェローシップ賞受賞へ

ルーカスフィルム社長でベテラン映画プロデューサーのキャスリーン・ケネディに、本年度の英国アカデミー(BAFTA)フェローシップ賞が授与されることがわかった。米Deadlineが報じている。BAFTA最高の栄誉であるフェローシップ賞は、映画お... 続きを読む

2019年12月11日
ウィレム・デフォー×ジュリアン・シュナーベル ゴッホの映画をアーティストが作るということ

ウィレム・デフォー×ジュリアン・シュナーベル ゴッホの映画をアーティストが作るということ

「バスキア」「潜水服は蝶の夢を見る」など映画監督としても活躍する、現代美術家のジュリアン・シュナーベルが、ウィレム・デフォー主演で画家フィンセント・ファン・ゴッホを描いた最新作「永遠の門ゴッホの見た未来」が公開された。シュナーベルはゴッホの... 続きを読む

2019年11月9日
ゴッホ役でベネチア男優賞に輝いたウィレム・デフォー、17年ぶりの来日!

ゴッホ役でベネチア男優賞に輝いたウィレム・デフォー、17年ぶりの来日!

孤高の天才画家フィンセント・ファン・ゴッホの半生を描く「永遠の門ゴッホの見た未来」が9月26日、東京・新宿ピカデリーでプレミア上映され、主演を務めるウィレム・デフォー、ジュリアン・シュナーベル監督(「潜水服は蝶の夢を見る」「夜になるまえに」... 続きを読む

2019年9月26日
ベネチア受賞、ウィレム・デフォーが苦悩するゴッホに「永遠の門」11月8日公開

ベネチア受賞、ウィレム・デフォーが苦悩するゴッホに「永遠の門」11月8日公開

「潜水服は蝶の夢を見る」のジュリアン・シュナーベル監督が画家フィンセント・ファン・ゴッホを描き、2018年・第75回ベネチア国際映画祭コンペティション部門で、ゴッホ役を演じた主演ウィレム・デフォーが男優賞を受賞した伝記ドラマ「永遠の門ゴッホ... 続きを読む

2019年4月28日
おじさんたちがシンクロ!フランスで観客400万人動員「シンク・オア・スイム」予告

おじさんたちがシンクロ!フランスで観客400万人動員「シンク・オア・スイム」予告

フランスで観客動員数400万人を突破し、第44回セザール賞で最多10部門にノミネートされた「シンク・オア・スイムイチかバチか俺たちの夢」の本予告映像が公開された。マチュー・アマルリック演じる引きこもりのベルトランをはじめ、様々な悩みを抱えた... 続きを読む

2019年4月19日
セザール賞5冠! 戦争帰りの男たちが国相手に詐欺を企てる「天国でまた会おう」19年春公開

セザール賞5冠! 戦争帰りの男たちが国相手に詐欺を企てる「天国でまた会おう」19年春公開

“フランスのアカデミー賞”と称されるセザール賞で監督賞、脚色賞など5冠に輝いた「SEEYOUUPTHERE(英題)」が、「天国でまた会おう」の邦題で2019年春に日本公開されることが決定した。戦争で全てを奪われた男たちが、国相手に大胆な詐欺... 続きを読む

2018年11月29日
ジュリアン・シュナーベル、ゴッホの晩年描く新作を語る

ジュリアン・シュナーベル、ゴッホの晩年描く新作を語る

ウィレム・デフォーがヴァン・ゴッホに扮する8年ぶりの新作、「アット・エターニティズ・ゲート(原題)」の公開が待たれるジュリアン・シュナーベルが、スイスのチューリッヒ映画祭を訪れ、マスタークラスを開催した。シュナーベルといえば、自身と交流のあ... 続きを読む

2018年10月6日
米サイト選出「25歳になるまでに見るべき映画25本」

米サイト選出「25歳になるまでに見るべき映画25本」

米サイトBuzzfeedが、「25歳になるまでに見るべき映画25本」をピックアップした。良い映画は時代や年齢を超えるが、やはり若い頃に見たほうが深く共感でき、場合によってはその後の人生を変えてしまうかもしれない映画がある(逆に、年齢を重ねて... 続きを読む

2015年5月6日
エマニュエル・セニエ、「毛皮のヴィーナス」は「飾り物ではなく女性を中心に据える作品」

エマニュエル・セニエ、「毛皮のヴィーナス」は「飾り物ではなく女性を中心に据える作品」

マゾッホの自伝的小説を基にした戯曲を、ロマン・ポランスキーが映画化した「毛皮のヴィーナス」が12月20日に公開される。主役を演じたのはポランスキーの妻でもある実力派女優エマニュエル・セニエ。ポランスキーと二人三脚で作り上げた本作の撮影、マチ... 続きを読む

2014年12月19日
R・ポランスキー最新作「毛皮のヴィーナス」が12月公開

R・ポランスキー最新作「毛皮のヴィーナス」が12月公開

鬼才ロマン・ポランスキー監督の最新作「VENUSINFUR」が邦題「毛皮のヴィーナス」として、12月に公開することが決定した。「マゾヒズム」の語源となったレオポルド・フォン・ザッヘル=マゾッホによる自伝的長編小説「毛皮を着たヴィーナス」を基... 続きを読む

2014年7月16日
エマ、ゴードン=レビット、カンバーバッチら、アカデミー賞豪華プレゼンター発表

エマ、ゴードン=レビット、カンバーバッチら、アカデミー賞豪華プレゼンター発表

米ハリウッドのドルビー・シアターで3月2日(現地時間)に開催される第86回アカデミー賞授賞式で、エマ・ワトソン、ジョセフ・ゴードン=レビット、ベネディクト・カンバーバッチら旬のスターがプレゼンターを務めることが発表された。さらに、ロバート・... 続きを読む

2014年2月26日
映画で使用されたルー・リードの楽曲ベスト10

映画で使用されたルー・リードの楽曲ベスト10

米カルチャーサイトComplexが、10月27日に71歳で死去したルー・リードさんの作品のなかから、映画での使い方が印象的だった楽曲ベスト10をピックアップした。リードさんは映画との関わりも深かったが、さまざまな作品のサウンドトラックに大き... 続きを読む

2013年11月6日
21年ぶり来日のダスティン・ホフマン、感極まって男泣き!

21年ぶり来日のダスティン・ホフマン、感極まって男泣き!

米俳優ダスティン・ホフマンが4月8日、初監督作「カルテット!人生のオペラハウス」を引っさげ21年ぶりに来日し、シニア混声合唱団「ムジカおさらぎ」や世界的なオペラ歌手・中丸三千繪らをゲストに迎えたジャパンプレミアに出席した。撮影に協力してくれ... 続きを読む

2013年4月8日
ダスティン・ホフマン、初監督作引っさげ21年ぶりの来日決定

ダスティン・ホフマン、初監督作引っさげ21年ぶりの来日決定

名優ダスティン・ホフマンが、75歳にして監督デビューを果たした「カルテット!人生のオペラハウス」を引っさげ、約21年ぶりに来日することがわかった。ホフマンはこれまでに「トッツィー」(1982)、「レインマン」(88)、「フック」(91)のプ... 続きを読む

2013年3月20日
ポランスキー監督「毛皮を着たヴィーナス」映画化にマチュー・アマルリック

ポランスキー監督「毛皮を着たヴィーナス」映画化にマチュー・アマルリック

作家マゾッホの小説「毛皮を着たヴィーナス(VenusinFur)」を題材にした同名ブロードウェイ劇を、ロマン・ポランスキー監督が映画化する新作に、仏俳優マチュー・アマルリック(「007慰めの報酬」)が出演することが分かった。新作は、デビッド... 続きを読む

2013年1月24日
日本文化の大ファン「ペルセポリス」M・サトラピが新作恋愛映画を語る

日本文化の大ファン「ペルセポリス」M・サトラピが新作恋愛映画を語る

故国イランでの生活を描いた自伝的コミック「ペルセポリス」を自ら映画化した仏在住のアーティスト、マルジャン・サトラピが再び自身のコミックを映画化した初の実写映画「チキンとプラムあるバイオリン弾き、最後の夢」が、11月10日公開する。フランスカ... 続きを読む

2012年11月2日
“ストーカー宣言”のふかわりょうが志茂田景樹と意気投合?

“ストーカー宣言”のふかわりょうが志茂田景樹と意気投合?

「ペルセポリス」のマルジャン・サトラピ監督の最新作「チキンとプラムあるバイオリン弾き、最後の夢」の公開を記念し10月15日、作家の志茂田景樹とお笑いタレントのふかわりょうが都内の劇場でトークイベントを行った。自伝的コミック「ペルセポリス」を... 続きを読む

2012年10月15日
「ペルセポリス」作者による初の実写映画 邦題&公開日決定!

「ペルセポリス」作者による初の実写映画 邦題&公開日決定!

故国イランでの生活を描いた自伝的コミック「ペルセポリス」を自ら映画化した仏在住のアーティスト、マルジャン・サトラピが再び自身のコミックを映画化した初の実写映画の邦題が「チキンとプラムあるバイオリン弾き、最後の夢」に決定、11月10日に日本公... 続きを読む

2012年7月26日
「さすらいの女神たち」M・アマルリックが日本女性にメッセージ

「さすらいの女神たち」M・アマルリックが日本女性にメッセージ

「潜水服は蝶の夢を見る」「007慰めの報酬」など、フランス国内外で高い評価を得ている仏俳優マチュー・アマルリックが、監督・主演を務めた「さすらいの女神(ディーバ)たち」の日本公開を記念し、日本女性へ向けたメッセージ動画を映画.comが独占入... 続きを読む

2011年10月7日
ダスティン・ホフマン初監督作「カルテット」がクランクイン

ダスティン・ホフマン初監督作「カルテット」がクランクイン

名優ダスティン・ホフマンが初メガホンをとる新作映画「カルテット(原題)」が、今週英ロンドンでクランクインし、9週間にわたって撮影を行う。「カルテット」は、「戦場のピアニスト」「潜水服は蝶の夢を見る」の脚本家としても知られるロナルド・ハーウッ... 続きを読む

2011年9月14日
「潜水服は蝶の夢を見る」の作品トップへ