バンビ

劇場公開日

18%
35%
43%
4%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「白雪姫」のウォルト・ディズニーが製作した、1942年度テクニカラー長篇漫画。フェリックス・ザルテンの同名の小説からパース・ピアースが物語を構成、デイヴィッド・D・ハンドが総監督に当たった。なお本映画は改良されたマルティプレーン・キャメラを使用、完成までに六年の歳月と四十万枚の着色下絵を要したという。

1942年製作/70分/アメリカ
原題:Banbi
配給:大映洋画部

ストーリー

ある春の朝、森の大王、大鹿のグレート・スタッグの子供としてバンビが生れた。バンビは仔兎のトンパーやスカンクのフラワーと友人になり、また牝の仔鹿ファリンとも仲良しになった。夏、秋、冬、バンビはすくすくと成長したが、翌春母を人間に連れ去られた。恋の季節で、彼もファリンと恋におち、彼女に横恋慕した牡鹿ロノと決闘までした。晩秋、再び人間が森に押しよせ、その夜キャンプから出た火は森を包んだ。妻のファリンを助けて犬とたたかったバンビは、翌朝川の中の島でやっと彼女に再会できた。また年はめぐり、ファリンは双児を産んで、今やバンビは老いた父に代わって森の王位に昇ることになった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第15回 アカデミー賞(1943年)

ノミネート

作曲賞(ドラマ/コメディ) フランク・チャーチル エドワード・H・プラン
音響録音賞  
主題歌賞
詳細情報を表示

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

3.0やはり人間は愚かだ...。

2021年5月24日
PCから投稿

戦時中にこんな映画を作っていたとは驚きです。日本が贅沢は敵だとか言ってる時代にヌルヌル作画でアニメ作る余裕があるなんて。そりゃ負けるわ。
まず特筆すべきは作画ですよね。ヌルヌルヌルヌルしてます。アメリカのアニメって表情豊かでいいですよね。山火事のシーンは火は恐ろしいと改めて感じられますしなんて人間は愚かなんだとゲームのラスボスみたいなことを考えました。
キャラクターもバンビもとんすけもふくろうもみんな魅力的で良かったです。フラワーが男だったのが個人的一番のびっくりポイントでした。
でも古い映画なので所々退屈だなあと感じるシーンはありました。しょうがないのかもしれませんが。
一時間でささっと見れて、しかも序盤は割と簡単な英語しか出てこないのでお子さんと一緒にバンビで学習してみるのも面白いのではないでしょうか。
是非ご覧ください。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
赤だるま

3.0人間の行動を動物の視点で振り返る

2021年1月11日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
movie mamma

4.5久々に鑑賞。動物ひとりひとりのキャラクターがいきいきしていてとても...

2020年5月6日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

久々に鑑賞。動物ひとりひとりのキャラクターがいきいきしていてとてもよかった。内容は少しライオンキングとかぶるような部分があるかなあと思った。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あかねちん

4.0ディズニーアニメの真骨頂

2020年4月29日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

楽しい

単純

ディズニーアニメ強化月間5作品目

動物たちのユーモラスな描写が素晴らしい
これこそディズニーアニメの真骨頂
漫画家の久米田康治は動物を描くことが苦手らしいがこれを何百回も観て勉強するべきだ

「flower」は花
「butterfly」は蝶々
「bird」はバード?
「Thumper」がなぜ「とんすけ」?
パン助なら知っているが
とんすけじゃ左とん平っぽくてださい
ミニーにミッキーでデイジーにドナルドなのにミスバニーにとんすけ
ディズニーキャラクターっぽい名前じゃなくてかわいそう
『アルプスの少女ハイジ』の「Schneehoppli」が「ユキちゃん」になったのは理解できるが

アメリカではメスからアプローチするのね
アメリカのホモサピエンスは知らんけど動物はオスからアプローチするもんだが
そういえば『バックトゥザフューチャー』の主人公の母さんも若い頃はとてもガツガツしていて積極的だった

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
野川新栄
すべての映画レビューを見る(全10件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る