キリクと魔女

劇場公開日

採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

人類発祥の地アフリカを舞台に、小さな英雄の活躍を描く神話的アニメーション。フランス公開時には130万人を動員する大ヒットを記録した。脚本、原作、監督を務めるのは、ギニアで幼少期を過ごしたというミッシェル・オスロ。アフリカを代表するミュージシャン、ユッスー・ンドゥールが音楽を担当し、高畑勲が日本語版の翻訳・演出を手掛けている。

あらすじ

キリクの生まれた村には、魔女カラバの恐ろしい呪いがかけられていた。泉の水は枯れ、魔女を倒しに出かけた男たちはみな食われ、残ったのは老人と子供だけ。村を救うべく、キリクは賢者の住むという《禁じられたお山》へ旅に出る。小さな身体に、大きな好奇心を秘めて……。

1998年製作/71分/フランス
原題:Kirikou et la sorciere
配給:アルバトロス・フィルム

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

3.0不思議

ふわりさん
2019年6月27日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

知的

寝られる

初めから終わりまで不思議だらけ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ふわり

4.0敵を殺さない勇者キリク

2016年9月30日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

知的

楽しい

全編を彩る原色系の色使いのアニメは日本には無い雰囲気でインパクト大。
ユッスー・ンドゥールの音楽は極彩飾のアフリカンなアニメにぴったりとあっていて、観ている子どもたちも「キリク~エポッ!」とか歌っているのは驚いた。
さて、キリク自体は産まれた時点で喋り出すと言う元気っぷり。身体は小さいけど、足は異常に速く知恵が凄い(笑)

一方、魔女と手下も説明的な台詞まわしで異国の寓話感は凄い。
後、何かあると喜びの踊りが始まる村人たちには文化の違いを感じずにはいられない(笑)
踊ってる間に何かしろよと思う。(笑)

物語はまさに一寸法師的な終わりを見せるが、終わってみれば天才キリク少年の嫁取り物語。
スタジオジブリが推していた作品ではあるが製作は別だから、ジブリ感を期待した人はビックリする(笑)

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
うにたん♪

4.590点[[ジブリ推薦作品]] 産まれた瞬間から もうSPEEDでかけだす赤ちゃんの話

2013年3月5日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

楽しい

萌える

大人も子供のたのしめる

キャラクターが可愛いし
キリクの声も 素朴なこどもの声で愛着が沸く

絵に、アニメーションに見慣れなさを感じるけど、
 すぐ味わい深い印象にへんかしていく^^

日本昔ばなしのような
 突拍子もない展開もあるけど

 人間とは・・とちょっぴり哲学的に浸らせてくれたりもする

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
映画電気(びりびり)

3.0フランス版一寸法師。

2013年2月23日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

楽しい

幸せ

萌える

フランスでは関連グッズを含めて、一種の社会現象となった大ヒットアニメーション映画。
アフリカを舞台にしたファンタジー作品だが、出て来る魔女カラバが、人間の成人男性ばかりをむさぼり喰ってたりと残酷な一面も。 でも、ミニサイズのキリクがちょこまかと孤軍奮闘する姿には萌える。
で、他の村人たちはと言うと、ただ脳天気に踊っているだけで、ちょっと困りものでしたがね。

また日本のアニメが真似の出来ない鮮やかな色使いや個性的な音楽は、結構新鮮でした。
魔女カラバの声を浅野温子が(ちと夏木マリっぽいが)、キリクの声を神木隆之介が吹き替えしていてるのもなかなか良かった。

同じ鬼才ミッシェル・オスロ監督による『夜のとばりの物語』シリーズも見逃せません。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
みつまる。
すべての映画レビューを見る(全4件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「キリクと魔女」シリーズ関連作品